FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 為せば成る、為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬ成りけり

為せば成る、為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬ成りけり
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国軍拡 米専門家分析 中台08-15年に危機
弾道ミサイル増/6万トン級空母?

 【ワシントン=山本秀也】米国の軍事・安保専門家らが、米議会の超党派諮問機関である「米中経済安保調査委員会」の公聴会(十六-十七日)で、中国の軍事動向についての分析を報告した。公表ベースで十八年連続の国防費二けた増という中国の軍拡の背景には、台湾への武力行使と日米の介入を排除する狙いがあり、台湾をめぐる緊張は、二〇〇八年から一五年の間に最も高まる-などという分析でほぼ一致した。

 遠洋型海軍への転換や弾道・巡航ミサイルの大量配備といった中国の軍拡が、台湾統一に向けた戦略の柱であることは多くの専門家が指摘した。とりわけ、中国側が台湾に対して絶対的な優位にある射程三百-千七百キロを中心とした弾道ミサイルは、「年間七十五-百基のペース」で増加している状況に、ほぼ全員が懸念を示した。

 危機の訪れる時期について、米太平洋軍の統合情報本部で上級分析官を務めたコルテス・クーパー氏(ヒックス・アンド・アソシエーツ東アジア部長)は、「二〇〇八年から二〇一五年の間を心配すべきだ」と語る。中国の新型装備が〇八年ごろ配備を完了するのに対し、ミサイル防衛など米軍の新たな地域抑止力が整うのは一五年ごろと予想されるためだ。

 この間には日本の役割が相対的に高まる一方、米台だけでなく日本も潜在的な中国の攻撃目標に含まれるとの指摘が目立った。国防総省で台湾問題を担当したマーク・ストークス氏(米台エンタープライズ基金会長)は中国の移動式弾道ミサイルの脅威が沖縄をはじめ在日米軍施設に向けられる可能性を挙げた。

 長期戦略については、米軍のような地球規模での軍事展開能力の獲得を中国が当面想定していないとの見方が強かった。ただ、軍事力の強化を背景に、東南アジアや中央アジアを影響下に収めることは視野にあるとの指摘も示された。

 中国の実質国防費が公表分の「二-三倍」であることは、公聴会に出席したロッドマン米国防次官補も重ねて確認した。

 ロシアからの兵器調達額について、国際評価戦略センターのリチャード・フィッシャー副会長は、潜水艦や戦闘機の調達ラッシュとなった一九九五-二〇〇五年に「百五十億ドルに達した」と指摘。〇四年は一年間で二十八億四千万ドル相当のロシア製兵器が中国に輸出されたという。

 中国の兵器調達リストとしては、各種の新型ミサイルや潜水艦の拡充、早期空中警戒機や次世代戦闘機などが、専門家から具体的に指摘された。

 航空母艦も導入が確実との点で専門家の見方は一致。ただ、大連で改装中の旧ソ連製空母ワリヤーグが転用されるのか、ほぼ同型の国産空母を配備するかは、見解が分かれた。予想される中国海軍の空母戦闘群は(1)排水量四万五千-六万トンクラスの空母(2)艦載機はスホイ30MKKなど三十-四十機(3)随伴艦は二〇〇三年以降に建造された「広州」「武漢」など防空能力にすぐれた駆逐艦-との輪郭でほぼ一致。空母の配備時期について、クーパー氏は「二〇一五年」を予想している。

 中国への新たな兵器供給源として、公聴会では対中武器禁輸の解禁を模索する欧州連合(EU)への強い懸念と不信感が示された。調査委員会のカロリン・バーソロミュー副委員長は、台湾海峡有事への米軍介入を念頭に「米軍兵士が欧州製兵器を手にした中国に直面することがあってはならない」と語った。

(平成18年3月19日 産経新聞)


 もはや中国は潜在的な脅威などといった生易しいものではなく、近い将来における差し迫った現実的脅威であることは、疑いようも無い真実であると断言できるものです。

 ましては友好を結べるような相手では断じて無い事を、全ての日本人は早急に認識する必要があるでしょう。

 台湾極東アジアにおける、日本と真の友好を結び得る唯一の国家である事は、頭の不自由な中国共産党南北朝鮮の狗ども以外の、正常な日本人であるならば、誰でも理解している事であるはずです。

 台湾中国共産党の支配下に置かれてしまえば、我が国における仮初の平和などは、一瞬にして跡形も無く崩れ去るであろう事は、言うまでの事でもありません。

 中国共産党台湾への武力による侵略行為を開始するのであらば、日本は如何なる手段を用いてでも、これを防ぐ為の行動を起こさねば、日本生存権は著しく侵されてしまう事でしょう。

 台湾中国共産党の魔手から防衛することは、情や義においては勿論、日本自身の平和を維持する為にも、絶対に必要である事を、日本国民はもっと強く認識しなければなりません。

 現状において日台両国軍事力は、兵器の性能という点において中国共産党人民解放軍に勝ってはいますが、中国共産党がこれ以上現状のような軍拡を続ければ、近い将来確実にこのバランスは脆くも崩壊してしまうであろう事は疑いようもありません。

 これ以上偽者の平和という微温湯に浸かり続ければ、日本は為す術も無く、中国共産党に併呑されてしまうと言えます。

 憲法9条を改正し、一国で自国の防衛を賄えるだけの軍事力を有する事は、サヨクの言う軍国主義への回帰などという、至極結滞な事などでは無く、極東アジア軍事バランスを維持し、中国共産党の邪悪な陰謀を阻止する為に、絶対に必要な事柄であると言えるでしょう。

 口先から百億の言葉を以って中国共産党に自制を求めたところで、そもそも良心や道徳といったものを持たない中国共産党が態度を改める事など決して無いという事は、これまでの中国共産党国際社会への対応を見ていれば、おのずと理解し得るものであると思います。

 全ての原因は中国共産党平和勢力などと定め、支援することを続けてきた社民・共産両党を始めとするアカサヨク、事実を報道せず、嘘や捏造を持ち上げてまで中国礼賛を続けてきた、朝日新聞を始めとする売国マスコミ、自らの利権の為、日本国民血税中国に注ぎ続けてきた、自民党内の親中派と呼ばれる国賊どもにあることは明白ですが、過去の事を今更騒ぎ立てても、事態は解決を見ることはありません。

 これらの腐った輩には、勿論何らかの処罰を与えるべきではありますが、まずは現実を冷静に把握し、これ以上の事態の悪化を防ぐべく、日本国民総員で知恵を絞り、方策を練ることが先決だと言えるでしょう。

 中国封じ込めを実行する事によって、米国世界戦略の手助けをしてしまう事は、多少口惜しくはありますが、これを為さない事には、日本の未来は無いと言っても過言ではないと思えます。

 そしてまた欧州においても同様の事が言えると考えられ、対中武器禁輸の解禁を模索するEUに利害を説き、何としてでもこれを思い止まらせる事は、日本外交政策において、限りなく重要な案件であると考えられます。

 欧州白人どもは、口先では自由平等だと言いながらも、やはり未だに有色人種を一段下と見做している事は疑いようも無い事実であり、それ故、中国共産党を脅威と見ながらも、最後の段階では自分達白人が、有色人種である中国共産党に敗北など喫するはずが無いなどと思っているのであろうと考えられます。

 まずはこの人種差別主義者どもに、白人であろうが有色人種であろうが、銃で撃たれれば死亡するし、白人国家であろうが有色人種国家であろうが、が落ちれば滅亡するという事実を認識させねばならないと言えるでしょう。

 我々日本人に与えられた猶予は最早少なく、為すべき事は無限と思われるほどに多数存在しています。

 しかし我々は、決して歩みを止めるような事をしてはならないのです。

 立ち止まる事は敗北を意味し、敗北は我々日本民族の滅亡を意味するという事を、強く自覚せねばなりません。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

中国は日本を併合する
平松 茂雄
講談社インターナショナル (2006/02)



PR情報
高品質の講義を低価格で供給!日本の教育を変える!
今度のtotoはゴールに近い!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
個人的には2008年以前に動きがあるのでは、と感じています。何かの突発的要因でも中共の築き上げた砂上の帝国は大きく揺らぎ、崩壊を始めるのではないかと。

ベルリンの壁が崩れてヨーロッパの共産主義を標榜する専制的官僚体制が崩壊するのを事前に予測し得た専門家は殆ど存在しなかったでしょう。現在の中共にとってオリンピックまでの二年間は安心して過ごせる時間ではないと思います。

世界が動くのは明日かも知れません。
2006/03/19(日) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
私の考えでは、人権や民主主義という概念が、共産主義支配以前から存在していた欧州とは違い、人権、民主主義、民主的選挙、自由といった現代国家に必須と思われる概念を何一つ有していない中国は、東欧よりも崩壊せしめる事が難しいのではないかと思います。

無論、煬帝さんが仰られるように、北京オリンピックまでの二年間が中共にとって戦々恐々の日々であろうとは思いますが、そのプレッシャーから暴発してしまう可能性も、私には否定しきれないのです。

悲観的過ぎるのかも知れませんが。
2006/03/20(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/174-9601a87f