FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 戦争と平和

戦争と平和
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 毎年、この時期になると、戦争を反省する特番がやたら多くなる。

 まあ、カスゴミのやる事とは言え、別にそれ自体は何の問題も無いとは思っているんだけど、カスゴミだけあって、最も大事な視点というか、そういうのが見事に抜け落ちているのには、毎年毎年、脱力をせざるを得ない。

 誤解をされる事を覚悟の上で言うけれど、「戦争中に起こった事」を幾ら並べ立て、それを振り返って反省しても、戦争を防げはしないんだね、真面目な話。

 それは単なる自己満足、反省の為の反省でしかないんだわ。

 じゃあ、何を反省すべきかという話なんだけれど、反省しなくてはいけないのは、戦争に突入していた経緯、これ一点だけなんだよ、戦争の繰り返しを防ぐ為に必要なのは。

 アホボケカスで脳味噌スカスカのクソサヨクは、戦争の勃発を軍国主義者の暴走に帰結させたがるけれど、そんなものだけでは国家という巨大なものは動かない。

 クラウゼヴィッツは「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」と言った。

 この言葉を理解出来る脳味噌があれば、戦争なるものの実体が朧げながらも見えてくる筈だ。

 戦争が如何に悲惨で非生産的な行為かなど、余程に脳味噌が壊れている人間でもなければ、特別の説明なんかなくても理解している事だ。

 改めて説明する必要もなかろうが、戦前の日本人だって、戦争が悲惨なものである事くらいは知っていた。

 アホバカマヌケ、脳味噌ヨーグルトサヨクの連中は、まず、この点を大きく誤解しているから、お花畑な平和論を説くだけで戦争を防げるなどと勘違いを起こせる。

 カスゴミが挙ってやっている戦争特番や原爆特番なんかは、それをよりリアルなものとして実感させる程度の事には役に立ってはいるだろう。

 だが、それだけだ。

 本当に戦争を二度と起こしたくない希求するのならば、日本が戦争へと突入していった経緯、これこそをもっと集中的に考えるべきだ。

 まともなアタマをしていれば、靖国に所謂「A級戦犯」として祀られている人達よりも遥かに俗悪で卑しい、金でしか物事を見る事の出来ない「真実の戦犯」の姿が見えてくる筈だ。

 無論、それだけでは無く、他にも無数の要素が蜘蛛の糸のように複雑に絡まっている。

 戦争の善悪を説いたところで、戦争の悲惨さを説いたところで、悲劇の繰り返しは防げない。

 戦争が政治の手段であるのならば、政治が戦争という手段を必要としない方向に導かないといけない。

 相手が攻めて来た場合を除き、国家が戦争を始めるのは、国家の存続の為に何かを必要とし、それが通常の政治の手段では手に入らないからだ。

 では、過去の日本は何を必要としたのか?

 何故、それを必要としたのか?

 虫螻同士寄り集まってホルホルしたり、「キュージョー、キュージョー」と奇声を上げている暇があるのなら、もう少し脳味噌を使えよ、似非平和主義者ども。

 憲法9条があろうがなかろうが、国家が存続の為に外にしか無い何かを絶対的に希求し、それが通常の政治の手段では手に入らないとなれば、戦争は自動的に始まる。

 恐ろしいまでにスムーズに。

 繰り返すが、重要なのは、戦争中に行われた行為では無く、戦争に至るまでの経緯だ。

 軍国主義だの極右だのの低々ピューな次元で物事を考えている限り、過ちは何度でも繰り返されるだろう。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ピカドン―だれも知らなかった子どもたちの原爆体験記 (シリーズ・子どもたちの未来のために)

講談社
売り上げランキング: 79960
おすすめ度の平均: 4.5
5 ?一人でも多くの人に読んでもらいたい本?
3 不完全燃焼
5 彼らの気持ちに応えていない。

キメラ―満洲国の肖像 (中公新書)
山室 信一
中央公論新社
売り上げランキング: 109200
おすすめ度の平均: 4.5
5 満洲を深く理解し考えるには欠かせない一冊
4 満洲国を知るために
4 情念も
3 日本人にしては中道左派系
5 満洲の叫びを支える骨格となりうる理論的論考


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
衆院選で与野党が逆転すれば、3党は連立政権の樹立に向けた協議に入る方
針です。

外国人参政権や人権擁護法案に反対する、この国日本を守るのは自民党だけ
です。創価学会公明党が要求し民主党が中国人や朝鮮人に約束している
外国人参政権や人権擁護法案に反対しよう。民主党が政権を取ったら
1億2000万の日本人が滅びます、日本社会が破戒されます。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
FTAで日本農業が滅びますが、民主党政権で日本が滅びます。
次期総選挙では極論ではありますが、民主・社民・国民新への投票は日本滅亡への選択です。
2009/08/15(土) | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
マキアヴェッリ曰く「天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。」サヨクはこれが解ってないんだな。
2009/08/15(土) | URL | 勤務医@自宅 #-[ 編集]
朝日を始めとするマスゴミが戦争を煽ったから政府がひくにひけなくなったことに対する反省はいつするんですかねー。
2009/08/15(土) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
 上京しているんですが、その間に似たようなことを考えていたりしました。

>まともなアタマをしていれば、靖国に所謂「A級戦犯」として祀られている人達よりも遥かに俗悪で卑しい、金でしか物事を見る事の出来ない「真実の戦犯」の姿が見えてくる筈だ。
 ここが最大のポイントとというか、ヒントと読みました。
軍が自分らのためだけに、好んで死んだり人を殺したりは、基本的にはしない。そうしてもらいたい者が、必ずいるからなんですよね。
 で、サヨクもウヨクもそいつらの補完勢力。

 さらにヒントを書くと、日本が永らく害酷と戦争したことがない時代があった。どうしてなんでしょう。しかしキチガイお花畑チキウ死民サヨクは、そこまで視野を広げることはしないでしょうね。近代の範疇でしか、考えないでしょうから。
 だから、バカとかお花畑とか言うんですけど。

 ついでに、ウヨクは大日本帝国憲法のようなものを作って、日本の独立とか言ってますが、日本が本当に独立していた時代のことを、どうして全く考えないんでしょうね。
 とにかく、サヨクもウヨクも視野が狭すぎるとしか言いようがない。

>虫螻同士寄り集まってホルホルしたり、「キュージョー、キュージョー」と奇声を上げている暇があるのなら、もう少し脳味噌を使えよ、似非平和主義者ども。
無理でしょうから、ウヨクとサヨクのバカどうしで仲良く喧嘩してろw


 なお、あの「パトラッシュ」で昼食を摂りましたが、ミートローフは売り切れになっていました。ランチタイム専用メニューなんですが、早く来たら食べられたかは不明。
2009/08/15(土) | URL | <丶`∀´> #0OF0GxPA[ 編集]
戦争とは地震と同様、いつかは必ず起こるものと考えたほうがよいでしょう。
考えるべきは起こった時のために、どうすれば勝利できるか、もしくは敗北を免れるかです。
恐れるべきは「敗北」であって、戦争そのものではありません。
特にランドパワーが相手の場合、いつでも受けて立つという態度でなければ付込まれ、かえって戦争勃発の確率が高まります。
という事実に気づかせない為の毎年変わらぬメディアキャンペーンには飽き飽きです。
チャーチル曰く「お金を失うことは小さく失うことだ。名誉を失うことは大きく失うことだ。しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ」
戦前の日本は、これを知っていたからこそ戦ったのだと私は思います。
そして今の日本人の、対米戦に非ずは戦争に非ずという感覚も、私には疑問ですね。
戦後の、戦争は悲惨だキャンペーンは日本人から勇気を奪うためのものであり、マスゴミ報道のなかでも最も警戒するべきものではないでしょうか?
現実に今の日本は、戦わずして敗北の憂き目に会おうとしています。
この敗北を避けるためには、総選挙の投票率を上げるしかないと思います。
2009/08/16(日) | URL | WIZARD03 #5u6Z9rvo[ 編集]
 皆さん、今日は。国道134号鎌倉です。浪人さんの深い思考力に敬意を表します。

>誤解をされる事を覚悟の上で言うけれど、「戦争中に起こった事」を幾ら並べ立て、それを振り返って反省しても、戦争を防げはしないんだね、真面目な話。
>アホボケカスで脳味噌スカスカのクソサヨクは、戦争の勃発を軍国主義者の暴走に帰結させたがるけれど

 戦争中に起こったことを並べ立てたり戦争を軍国主義者のせいにしたりしても、これで戦争を防げるわけではないのは明らかです。この考えは、戦争を仕掛けるには何らかの野心があることを見落としているからです。
 ただ、戦争中に起こったことを並べ立てたり戦争を軍国主義者のせいにしたりする考えは、1950年代の右派勢力(吉田茂、岸信介など)による大日本帝国憲法への回帰の動き(いわゆる逆コース)を食い止めることには役立ちました。鈴木茂三郎社会党元委員長の「夫を、息子を戦場に送るな」は、反戦よりも反復古の主張として理解されるべきでしょう。

 また、左翼や報道機関の反戦宣伝は、我が国がアメリカの戦争に参加させられることを防いできた功績もあります(悲しいことに、これは未だに過去形ではありません。)。

>本当に戦争を二度と起こしたくない希求するのならば、日本が戦争へと突入していった経緯、これこそをもっと集中的に考えるべきだ。
>相手が攻めて来た場合を除き、国家が戦争を始めるのは、国家の存続の為に何かを必要とし、それが通常の政治の手段では手に入らないからだ。
>では、過去の日本は何を必要としたのか?
>何故、それを必要としたのか?

 私は、我が国の戦争の原因は、日清・日露戦争では朝鮮半島の利権、日華事変までは中国大陸の利権、仏印駐留と太平洋戦争は石油だったと思っています。
 なぜ必要としたかについては、石油はともかく、朝鮮半島や中国大陸の必要性については私も理解できません。
 朝鮮半島や中国大陸からは、石炭はともかく石油は出ません。防衛面でも中国やロシヤ(ソヴィエト連邦)と陸地で接することになるから、むしろ危険でさえあります。おそらく、市場とアジアの盟主という名誉欲からでしょう。

 太平洋戦争については、日華事変の切り上げに失敗して泥沼化し、石油確保のために仏印(当時のフランス領インドシナ)に駐留してアメリカから石油の禁輸措置を食らったことが原因です。日華事変を泥沼化させた輩こそ、太平洋戦争の悲劇を招いた張本人だと思います。

 最後に、私は、浪人さんのこの文章を読んで、グローバリズム、特に東アジア共同体構想に対する警告ではないかと思っています。近隣諸国に深く関与することは、外国の権益保護という名目の戦争の原因になりやすいと思えるからです。

 貿易や国外生産への依存を下げることこそ、我が国が戦争を回避する道のように思えます。

 異論も多いことと存じますが、長文を御精読下さり、ありがとうございます。
2009/08/16(日) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
サヨクな人達って、学歴だけは無駄に高い人達が多い筈なのに、ガッコで何を勉強していたんでしょうね、本当に。
2009/08/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
既に「無かった事」になっているんでしょうね、カスゴミの連中のアタマの中では。

「そんな、自分達の前の世代がやった事の責任を問われても知らんニダ」てなところなのでしょう。

60年以上も前の戦時中の出来事を、その頃は生まれてもいなかった世代に責任を取れと迫っている癖に、見事なダブルスタンダードで拍手を送りたい気分にすらなります。
2009/08/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、仰るとおり、ウヨクもサヨクも本当に、歴史に学ばない痴民ばかりで嫌になってきますね。

バカならバカなりに謙虚なら、まだ救いようもあるんですが、鮮塵なみの低知能の分際で選良気取りで、上っ面だけの知識を振りかざして暴れ回り、真面目に生活をしている良民に迷惑をかける始末ですからね。

死んだ方がマシというのは、ああいう連中の事を言うんでしょう。
2009/08/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
地震に比べれば、完全に天災では無い分だけ避ける方法もありますが、近い部分はあるでしょうね。

実際、真面目な話、幾ら日本が戦争回避の努力をしたところで、害国が日本を攻撃する事を決定すれば、それまでですし。
2009/08/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>貿易や国外生産への依存を下げることこそ、我が国が戦争を回避する道

同意です。

これが全てではありませんが、貿易というのは、常に摩擦と隣り合わせだという事を忘れている人が多い。

可能な限り、これに依存しないでいい体制を作る事こそ、戦争という天災を被災しない為の肝だと言えるでしょう。
2009/08/16(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1769-e79828f0