FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 落日燃ゆ

落日燃ゆ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

落日の英 見限る米国人 増税・手当削減嫌い脱出相次ぐ

 英政府による税率引き上げや企業の手当削減を受け、英国を脱出する米国人が増えている。その影響は教育や引っ越し業界にも波及し、今後も続くとみられる。

 英統計局は、英国に居住する米国人が昨年9月までの1年間に3.8%減り、12万6000人となったことを明らかにした。減少傾向は今年も続いているとみられる。

 米国人が帰国する理由は、年収15万ポンド(約2250万円)超の個人に50%の税率を適用する英政府の計画と、雇用主による海外在住従業員向け手当の削減。これでロンドンの魅力が相対的に失われている。しかも約1年前に英政府は、在住期間が7年を超えた外国人に年間3万ポンドの支払いを求め、従わなければ海外所得に対する課税免除の特別措置をやめる方針を示した。

 CRAインターナショナルのコンサルタント、マーク・ティルデン氏は「(英在住の)外国人は、雰囲気が変わり歓迎度合いが低くなったと感じている。ロンドンが有能な人材を引き付ける魅力は落ちてしまった」と話す。

 ◆大幅な雇用悪化

 英国の経済見通しも、米国人の帰国に拍車をかけている。英国経済は6月末までの1年間に5.6%縮小。対する米国は3.9%の縮小だった。ロンドンの金融業界では08年、全体の8.3%にあたる2万9371人の雇用が失われたが、ニューヨークでは4.3%にあたる2万200人の失職に留まった。英産業連盟(CBI)は今年1~9月、英国の金融業界全体で4.3%に相当する約4万5000人の雇用が失われると推計する。

 アンドルー・ウェスベッカー氏(29)は06年、銀行やヘッジファンドにソフトウエアを販売するため、ニューヨークからロンドンに移り住んだ。米ティブコ・ソフトウエアに勤務する同氏は、英実業家で富豪のリチャード・ブランソン氏やモデルのエル・マクファーソンさんも居住するロンドン西部のノッティングヒルに居を構えたが、今月、相次いで英国を脱出する米国人の1人となった。

 「把握する限り、私はここを離れる最後の米国人になってしまった。みんなが荷物をまとめている」。

 ◆とどまる価値ない

 国際会計事務所KPMGインターナショナルが約100社(うち60%は米企業)を対象に行った調査によると、41%の企業が海外駐在プログラムの見直しを計画している。過去1年間に海外駐在員を呼び戻したり、現地法人の所属に切り替えたりした企業は22%みられた。

 米国人脱出の影響は他業種にも及んでいる。ロンドン郊外のサリー州ソープにあるアメリカン・スクールでは今年、入学者数が4%落ち込む見通し。臨時で入学担当主事を務めるカレン・ハウス氏は、9.11米同時多発テロの発生以来、初めての減少だと話した。同校の寄宿生の学費は2万9000ポンドで、米国人が70%を占めるという。

 米引っ越し業者プライマシー・リロケーションのマット・スピノロCEO(最高経営責任者)によると、08年の米国から英国への転居は25%減少した。米国への帰国者数はほぼ変わらないため、英国の米国人数が純減したとみられる。

 ウェスベッカー氏は、英国の好景気の再来はないと確信する。「野心的で高収入の米国人には『稼ぐためなら何でもする。家族を移住させてもいい』という気質があった。しかし業績手当がなくなった今、この国にいる価値も失われてしまった」と、同氏は語った。(Tommy Stubbington)

(2009年09月01日 FujiSankei Business i.)

 カイカクを実行、完遂し、価値ある労働を足蹴にして、金融立国なる不毛な国家を作り上げたアホどもの末路、てなところだろうかね。

 これが、小泉チョン一郎やケケ中平蔵、安倍壺三が手本にし、目指そうとした国の一つの現在。

 別に、金融というものを全否定まではするつもりは無いが、何処まで行こうと金融というものは虚業であり、実業の存在の無い虚業なんてものは、謂わば蜃気楼のようなものに過ぎない。

 潤っているように見えても、一時の幻でしか無い。

 夢から覚めて現実に戻れば、どう足掻いてもこういう結果しか待ち受けてはいない。

 更に、この記事は、移民という存在の馬鹿馬鹿しさをも、改めて浮き彫りにしている。

 まあ、基本的に移民でやって来るのなんかは祖国を捨てたロクデナシのパーが殆どな訳で、「優秀な人材」なんてものは殆ど流入してなんか来ないのだが、仮にやって来たとしても、所詮、こんな感じに、苦しくなったら直ぐに逃げ出す凡そ仲間とは呼べない連中なのだ。

 人種が別だから仲間にしたくないのでは無く、こんな連中だから、絶対に仲間になんかなれはしないのだ。

 旨みがある時だけ擦り寄って来て、苦しくなったら逃げ出すようなクズを、普通友達とは言わないだろう?

 仮に「優秀な人材」だとしても、そんなクズは日本には要らない。

 日本人は、この崩れゆくかつての大国をよく見て、反面教師とすべきだ。

 気狂い小泉やアホの安倍らの言うのとは逆の意味で、ここには数多くのヒントがある。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 61302
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

エコノミストは信用できるか (文春新書)
東谷 暁
文藝春秋
売り上げランキング: 166314
おすすめ度の平均: 3.5
4 勇気ある批判本
5 公平な分析に好感
5 面白いです
3 エコノミストは信用できない(人が多い)
3 株や投信で儲けるのにまったく役に立ちません。


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
GetAmped2:ゲットアンプド2
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
イギリスはただでさえ飯が不味いというのに…
2009/09/03(木) | URL | 靖 #-[ 編集]
 先進国からも発展途上国からも、害塵が働きに来るのは、大半はどちらにしても「金」以外の何の目的でもない。そういった連中のために、受け入れ態勢を整えて、そんなことで日本国民にしわ寄せしないでほしい。

 そして言うまでもありませんが、坪売りカルト珍聞が浪人さんの解説のような意図で、このような文章を載せたわけがないですよね。
 害塵の受け入れ態勢を整えろといった意図以外に、新政権に高額所得者に対する増税をさせないように、先制攻撃でもするつもりでもあるのかも。(ミンスがそのようなことを、考えてはいないようですが)
 カスゴミ関係者自身が、高額所得者だからということもありますしね。害毒を流しているだけにかかわらず。
 
 いい加減カスゴミの言うような、増税は消費税しかないかのようなミスリードに、乗ってはならないと思います。
2009/09/03(木) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
早稲田卒業羽鳥アナコメント

政権移行期のゴタゴタの今北朝鮮からミサイルが飛んで来たらどうするんでしょうか?

などと訳解らんコメント

民主になったとたんミサイル飛んで来るんかい!

いちアナウンサーの吐くコメントか?

宗主国からの指令でも出たんかい!!

いい加減にせえや!
2009/09/03(木) | URL | サラリーマン #-[ 編集]
浪人様ご無沙汰しております、PNW10改めSalutです。

浪人様の記事や北野様のコメントに全てが出ていますが誰のためのカイカクだったのか、カイカクは国民にとって何だったのか?結局のところ国民のためでも何でもなく外資や外資から恩恵を受けている財界の為でしかなかったのです。
未だに外資や財界からの影響力から抜け出せないマスコミによるミスリードからの脱却が今後の課題になると思います。
2009/09/03(木) | URL | Salut #zvfTkLKk[ 編集]
これから、そのマズいメシさえ食えなくなっていくでしょう、イギリス人たちは。

まあ、自業自得なので知った事ではないですが。
2009/09/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
惨景的には、「今こそ彼らを日本に呼ぶチャンス」みたいなノリなんじゃあないでしょうか。

信じられないくらいのアホ揃いですから、惨景は。
2009/09/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
キチガイですな。

それ以外の言葉が思い付きません。
2009/09/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
お久しぶりです。

仰るとおり、メディアというものへの盲信を解く事こそ、これからの最も大きな課題の一つです。

少しずつ、地道にやっていくしか無いですね。
2009/09/06(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1790-183d36b4