FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 国の恥辱とありては日本国中の人民一人も残らず命を棄てて国の威光を落さざるこそ、一国の自由独立と申すべききなり

国の恥辱とありては日本国中の人民一人も残らず命を棄てて国の威光を落さざるこそ、一国の自由独立と申すべききなり
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

エネルギー協力を強化 中露首脳会談、核問題も協調

 【北京=野口東秀】中国の胡錦濤国家主席は二十一日、訪中したロシアのプーチン大統領と会談、両国の戦略的パートナーシップの全面的発展を図る共同声明に調印した。声明は、エネルギー協力について「両国の戦略的関係の重要な要素」と位置づけ、ロシアから中国への原油・天然ガスのパイプライン建設の積極的な推進を強調した。四月の胡主席による初の公式訪米を前に、イラン、北朝鮮の核問題でも一層緊密に協調していく姿勢を確認、中露「蜜月」をアピールした。

 新華社通信などによると、両国は共同声明のほか、天然ガス輸送などエネルギー協力強化に関する新たな協定など十四の文書に調印した。

 胡主席は会談で、「今年は両国が戦略的パートナーシップを締結してから十年目。双方の関係は一層発展する」と述べた。プーチン大統領は宇宙開発などの協力拡大を指摘し、「両国関係は極めて高いレベルに達した」と応じた。共同声明では、国連安全保障理事会で協議が始まったイランの核問題について、政治・外交手段で解決すると明記し、経済制裁に反対する立場で一致した。

 プーチン大統領は記者団に、東シベリアと西シベリアから中国に天然ガスをパイプラインで供給する計画で合意したと述べた。日中が競合する東シベリアからの太平洋石油パイプライン計画に関しては、中国ルート先行は決まらず、協議継続にとどまったようだ。

(平成18年3月22日 産経新聞)


 一時は不仲になっていたりしたものの、此処へ来て急速に強く連携をし始めている中露両国。

 やはり人権という概念を理解出来ない非人道国家同士、気が合うと言った所なのでしょう。

 エネルギー輸出大国である露国と、エネルギー消費大国である支那の相性は、非常に良いと思われるものであり、我が国の外交戦略を考える際に、此れまで以上にこの二国を、強く意識しなければならなくなるのは確実だと言えるでしょう。

 また北朝鮮イラン核問題においても、協調していく姿勢を見せていくとありますが、この二国が仮想敵国である米国の意に沿わぬ動きを見せる事は確実であり、それは日本にとっても望まない行動であることは、想像に難くありません。

 ここでもまた、日本は例え不本意と思われる節があろうと、米国とガッチリと手を組み、中露二国の邪悪な陰謀と対峙していかなければなりません。

 この二国が連携して狙っているものは、アジアにおける覇権である事は疑いようが無く、例え米国の狙いも同じものであるにしても、中露による支配に比すれば、米国の覇権下にある方が遥かにマシと言える現状では、日本としては米国世界戦略の一端を担わざるを得ないというのが現状です。

 やはり日本が真に日本国益を考え、独自の方向性で動く為には、憲法9条を改正し、自前の国防軍を持って、自国の防衛を自国一国で担える様にならねばならないと感じます。

 現状にある選択肢が、中露支配による地獄と、米国支配による隷属の幸福しか存在しない現状は、とても尊厳ある独立国家のものとは思えず、如何なる道を歩もうとも、このままでは日本の滅亡は近いものであると言わざるを得ません。

 或いはすでに日本は、精神的に滅亡させられていると言っても過言では無いのかも知れません。

 真っ当な日本人であるならば、現状のままで良いなどとは、口が裂けても言えない事であると思います。

 憲法9条という亡国の呪いを堅守する事は、防衛上に問題があるだけで無く、日本人の誇りや尊厳、独立の気概といったものすらも放棄している事に他ならないという事に、全ての日本人は早急に気付かねばなりません。

 自国の軍備を否定するという事は、平和への尊い誓いなどといった綺麗なものでは無く、誇りも尊厳も気概も、ありとあらゆる独立国家の精神性といったものを放棄する、亡国への誓いであると言えるでしょう。

 日本は今すぐにでも憲法9条を改正し、国家としての誇りと気概を取り戻さねばなりません。

 アジアに本当の平和と安定を齎す事が出来るのは、中露でも米国でも無く、唯一我が日本国一国である事を自覚し、早急に立ち上がらねばならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

国家の品格
国家の品格
posted with amazlet on 06.03.22
藤原 正彦
新潮社 (2005/11)


PR情報
個人情報を入力することもなく、簡単登録★完全無料のメールアドレス
【無料】役に立つ「メールマガジン情報活用術」
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ロシアも中国も約束を守らないことに於いては人後に落ちませんからね。

お互いに信用出来ないパートナーとして相手を見続けるんでしょう。
2006/03/23(木) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
「類は友を呼ぶ」という言葉を、体現しているという訳ですね。

そんな素敵な国々が、日本の周りに一同に会してるのかと思うと、さすがに気分が悪くなってしまいますね...
2006/03/24(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/180-59e14a96