FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → The World Is Not Enough

The World Is Not Enough
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

2007年のCO2排出量、中国が米国を抜き世界最大に

 【上海=河崎真澄】中国の二酸化炭素(CO2)排出量が2007年時点で米国を追い抜いて世界最大になっていたことが、国際エネルギー機関(IEA)が6日、バンコクで公表した09年版「温室効果ガスの排出統計」で確認された。

 中国はこれまで「先進国の責任」を強調し、地球規模の温室効果ガス削減に消極的だった。だが、不名誉な「世界首位」に躍り出たことで、中国は一段と厳しい国際社会の監視にさらされ、経済成長と排出削減の両立という難しいかじ取りを迫られることになる。

 IEA統計によると、07年に中国のCO2排出量は1990年に比べて約3倍の60億7100万トンと、世界最大だった米国の57億6900万トンを上回った。

 世界全体の排出のうち中国は約21%、米国は約20%を占めた。IEAでは30年には中国の排出が世界の30%近くに達し、米国の13%前後を大きく上回ると予測する。中国の突出した増加幅の背景として、IEAでは石炭火力など多量のCO2を排出する発電所の建設ペースをあげている。

 07年の排出上位10カ国は両国に続いて、ロシア、インド、日本、ドイツ、カナダ、英国、韓国、イランの順。同10カ国で世界の排出の約3分の2を占める。

 胡錦濤国家主席が先月ニューヨークで行われた国連気候変動首脳会合の演説で「温室効果ガスの大幅な削減を目指す」と宣言するなど、中国も排出削減の重要性は認識している。

 中国環境保護省は胡主席の演説を受け、11年からの第12次5カ年計画への「温室効果ガス排出権取引制度」の導入なども検討し始めた。

 同時に、原子力や風力など環境対応型の発電能力増強やエネルギー効率の向上に向け、日本をはじめとする環境先進国との一層の協力が欠かせなくなった。

(2009年10月07日 産経新聞)

 まあ、CO2が地球温暖化の原因であるという説自体、非常にアヤシイものである訳だけれど、仮に、それが紛う事無き真実であったとしても、日本が25%排出量を削減したところで無意味、という事だね。

 まあ、狂っぽーもただのアホでは無い訳で、一応、「ダメリカやチュウゴクも参加しろや、ゴルァ」というのを前提条件としてはいるみたいだけれど、チュウゴク様は当然のようにガン無視。

 それでも、狂っぽーの25%削減発言だけはきっちりと一人歩きしているのが現状。

 まあ、それはもう済んだ話な訳で、今更何を言っても仕方ないんだけれど、そんな事よりも、真剣に環境問題を考えていくならば、国内で何%削減だとか、国際社会で協調だとか悠長な事を言っているよりも、この汚染発生大国二国を徹底的に締め付けた方が余程に効果的なんだね、実際。

 先進国がどうだの、後進国にも責任だのとうだうだとした議論が続いているけれど、実際問題、ダメリカとチュウゴクがなくなればCO2問題なんてほぼ解決。

 特に、このチュウゴク。

 チュウゴクが大量のCO2、汚染を散蒔き倒している原因、理由というは、結局、日本を始めとする世界に輸出する為の工業製品を、あり得ない程大量に生産しているから、だろう?

 しかし、生産を抑えろと言ったところで、中共政府は勿論の事、強欲の化身であるグローバル企業がエコ(笑)なんかに真剣に取り組む為に生産量を抑える訳も無く、不毛な言い合いが続くだけ。

 ならば、いっその事、各国が足並みを合わせてチュウゴクからの輸入に凄まじいまでの関税を一斉にかければ、全ては解決するんじゃあなかろうか、と。

 惨景は反中風媚中珍聞なので、チュウゴクを批判するフリをしつつ最後に「同時に、原子力や風力など環境対応型の発電能力増強やエネルギー効率の向上に向け、日本をはじめとする環境先進国との一層の協力が欠かせなくなった」などと日本の協力は当然、みたいなアホな事を書き散らかしているけれど、そんな事をしたところで、あの欲が服を着て歩いているような連中は、その分だけ余計に生産量を増やしてCO2を排出するだけなのは目に見えている。

 ゴキブリに理性を求める事自体阿呆らしい。

 そんな手間も暇も金もかけて無駄な事をするよりも、チュウゴク様がCO2を排出する必要が全くなくなるように、要するに工業製品を生産する必要がなくなるように仕向けてあげればいい。

 文句言ってきたところで、「知ラネーヨw」と言って差し上げればいいだけの事。

 これで万事解決。

 バカバカしい事この上ない、誰得なエコエコ祭りはこれでお仕舞い。

 ただし、本質的な環境問題とCO2排出とは余り関係ないので、そっちはそっちで別途考えていく必要はあるけどね。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

中国危険産物取り扱い読本
椎名 玲
ベストセラーズ
売り上げランキング: 573105
おすすめ度の平均: 4.5
4 もしもの時に備えた除毒テクニック
4 蓄積がこわい
5 怖いですね!
5 もっと早く買っていればよかった!!
5 中国は懲り懲り

中国禁止! 完全ガイド保存版―買うな、食べるな、使うな、危険な中国 (OAK MOOK 169 撃論ムック)

オークラ出版
売り上げランキング: 112067
おすすめ度の平均: 4.0
3 新聞レベルの切り貼り
4 中国食品・製品に対する自衛の薦め
5 中国ほど危ない国は有りません
4 獣心人面


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
本質的な環境問題とは、浪人さんやろろさんが仰っている、地下の水資源枯渇や砂漠化、海の汚染、石油消費などの事でしょうか?
これらの問題も、グローバリズムを否定し、地産地消を進める事が出来れば、少しは解決出来るのだと思いますが、日本だけの問題ではありませんし、今のままだと難しいですね…。
2009/10/08(木) | URL | マシュマロ #-[ 編集]
>地下の水資源枯渇や砂漠化、海の汚染、石油消費

ですね。

まあ、これらも、チュウゴクが大きく衰退すれば多少は緩和されるでしょうが、それだけで解決とはいきませんからね。

真剣、金儲けの為だけのエコでは無く、こういう問題も考え始めないとまずいのですが、カスゴミも政治屋も全く考えようともしないところが頭の痛いところです。
2009/10/09(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1825-5e4f9327
  ||| 中川昭一の警告「日本があぶない」 |||  急死した中川昭一氏がサイトで警告した、このままでは沈没する日本の危機  中川昭一の痛恨「日本が危ない」「民主党の政権公約は毒の入ったヤミ鍋だ」 日本の政局の詳細はわからない。しかし、外部から見て とん
2009/10/08(木) | 米流時評