FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → ミズポ無双

ミズポ無双
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

福島氏、財源確保は「所得税・法人税率引き上げで」

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は17日午前のTBS番組で、鳩山政権の政策に必要な財源確保の方法について「所得税や法人税の最高税率を11年前に戻せば4兆2千億円捻出(ねんしゅつ)できる」と述べ、所得税や法人税の最高税率引き上げを政府税制調査会で検討すべきだとの考えを示した。同時に「低所得者に高負担になるので社民党は消費税という形はとらない」と消費税増税には反対する立場を強調した。

(2009年10月17日 日経新聞)

 まさか、国務大臣の口から、このまともな意見が聞ける日がこうも早く到来するとは、夢にも思わなかった。

 しかも、それがミズポたんとは・・・

 マジで、ここまで御国の役に立ってくれるとは、嬉しい誤算とはまさにこの事。

 まあ、そんな事は兎も角、実際問題、1980年まで日本が好景気を続け、不景気には財政出動していたのに赤字がそれ程たまらなかった秘訣は、この「高法人税率・高累進課税率」にある。

 不景気のうちは誰も過剰に課税されず、国債刷って財政出動して景気が良くなった時点で「財政出動で儲かった者」に課税し、国債を返済する。

 当たり前の話だが、法人税や累進課税率を上げたところで、儲かっていない人間には過剰に課税されず、下流層への負担が増えたりはしない。

 これこそが、世界第二位の経済大国日本を作り上げたシステム。

 このシステムをぶち壊したのが、ダメリカのポチ、罪魁のポチ、中曽根康弘という小泉チョン一郎と並ぶ日本最高クラスの売国奴である。

 中曽根以降、日本のシステムは瓦解し、富は一部の富裕層と害死・害塵に集中するようになり、一般の日本人の貧困が増え、心も荒み、犯罪率も鰻登り。

 そして、完璧に行き詰まりかけたところに登場したのが小泉チョン一郎とケケ中平蔵。

 得意の詐術で民を欺き、日本人の富を完全に一部富裕層と害死・害塵にトランスファーする為のプログラム、通称「構造カイカク」を実行した。

 その結果が、今の荒みきった日本である。

 ミズポは11年前に戻すと言っている訳だが、それでは甘い。

 日本復興の為には、法人税と累進課税率を中曽根以前、1984年以前に戻さなければいけない。

 この話題となると、「法人税を上げると大企業が海外に移転するぞ厨」が異常発生する訳だが、そもそも、殆どの大忌業は、海外に移転できる部門はとっくの昔に労働力の安い海外に移転している。

 残っている工場で雇われているのも、そのほぼ全てが派遣奴隷な訳であり、はっきり言って、雇用に貢献していると言えない状態。

 出て行きたいなら、出て行かせてやればいい。

 個人的には、苦しい中小の為に法人税を減税するのがいいと思っていた訳だけれど、中小の救済に関しては、戻し減税か雇用助成金か何かで別途やればいいだけの話で、一律減税する必要も無いと最近気付いた。

 更に、出て行く忌業に関しては、きっちりとペナルティをかけ、国内で活動する企業ときっちりと差別する。

 裏切り者からは、ケツの毛まで毟り取って、その上で放りだしてやればいい。

 また、「累進課税率を上げると金持ちも海外に逃亡するぞ厨」の発生も予測される訳だけど、居住地主義ではなく、源泉地主義にすれば解決。

 海外で稼いで日本で消費する者を優遇し、日本で稼いで害国に貢ぐ国賊には重加算税。

 基本理念は、裏切り者からはケツの毛まで毟り取って放りだせ。

 大体、そもそもの話、共産党が以前から指摘している通り、日本の法人税額は世界でもトップクラスに安い。

 日本の法人税+社会保障費事業主負担はドイツとはほぼ同じ水準で、イタリア、フランスなどの約半分。

 ダメリカは、法人税+社会保障費事業主負担こそ小さいものの、企業が民間に支払っている保険料を含めれば、日本より社会保障負担が高くなる。

 日本は、法人税実効税率こそ高いものの、その分、社会保障事業主負担が少なく、結果的に、企業が活動する上でかかる費用は、諸外国よりも安くなる。

 更に、「日本の消費税は諸外国に対して低過ぎる」というのも、見事なまでに真っ赤な嘘。

 日本は、確かに税率こそ5%だが、国税にしめる消費税の割合は何と22%にも上る。

 対して、諸外国では、ドイツが税率18%、国税にしめる消費税の割合27%、イギリスが税率17.5%、国税にしめる消費税の割合22.5%、スウェーデンが税率25%、国税にしめる消費税の割合22%となっている。

 税率5%の現在で既に、国税にしめる消費税の割合が17.5%のイギリス、25%のスウェーデンと同程度になっているのである。

 この絡繰りは非常に簡単。

 主要国の消費税は、教育、医療、住宅取得と関連金融および不動産で非課税であり、また、生活必需品(食料品、医薬品、新聞、書籍の一部)も軽減税率または非課税なのに対して、日本では消費税の非課税項目がきわめて少なく、税率が低くとも税収金額が多くなっているか、である。

 更に、中曽根、そして小泉の手により法人税、そして所得税の累進課税率が引き下げられた事によって、法人税と所得税の比率が諸外国と比べて圧倒的に低くなっている。

 そして、以前から何度も言っている事だが、消費税というのは逆進性の強い税制である。

 現在、罪魁の御用学者やカスゴミの御用学者、要するに生きるに値しないクズどもが、幼稚園児の作文よりもつたない文章力で書いた論文(笑)でこの事実を必死に否定しようとしているが、消費税増税の旗手であった罪謀省のイヌ、ハニ垣サダカズ痴民党総裁ですら、共産党の佐々木センセの質問に対して、「逆進的だという指摘があることは事実」と認め、更に、「税率をあげると逆進性がいっそう高まることになる」という追求に対し、「おそらくそういう結果になる」と答えている。

 さて、消費税を増税するか、法人税・所得税の累進課税率を上げるか、どちらが正しい選択なのか、よーく考えてみて欲しい。

 アホバカカス、脳味噌ヨーグルトのネトウヨどもは、ミズポの言う事だから、とかいう下らない、下らな過ぎて嗤えてくるような理由で、消費税増税を謳う痴民党やネオリベ議員を支持をするんだろうが、あんなのは相手にしなくても何の問題も無い。

 ルサンチマンだけで蠢いている下等生命体なんて、物の数に入れる必要は無い。

 真面目に考える事が出来る人間が、真面目に考えて結論を出す事こそ、民主主義の維持の為の最低条件、絶対条件なのである。

関連エントリー:
●Antisocial Personality Disorder
●Surface
●消費税の話

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

消費税は0%にできる―負担を減らして社会保障を充実させる経済学
菊池 英博
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4076
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本経済は袋小路に突入している。
5 次の内閣の政策のバイブルとすべき
3 感染病!!!!!!!!!!

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 76615
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
9条死守が全ての事柄に対して優先してしまう「9条原理主義」ばかりが眼について、個人的には半ば見限っていた福島瑞穂氏ですが、今回の「所得税累進税率・法人税率見直し」発言は、正直見直しました。それも、与党内の大臣発言ですから、野党時代の社民党党首の発言とは重みが違う。
国民新党・亀井静香氏共々、まさに閣内の要として、是非とも頑張っていただきたいものです。
2009/10/18(日) | URL | bronks #-[ 編集]
これで九条原理主義も捨て去ってくれれば諸手をあげて支持できるんですけどね・・・。(別に国防がどうこうとかでなく単に原理主義者が信用ならんだけ)
2009/10/18(日) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。浪人さん、お世話様です。

 福島瑞穂ちゃん(敢えてこう呼びます。)のこの発言、私も感動しました。

 私は、野党時代は勇ましかった議員が政権交代で入閣してからは牙を抜かれたようにおとなしくなり、従来の勢力に従順になって行った姿を、細川・羽田政権、自社さ政権で厭というほど見てきました。
 今度の鳩山由紀夫内閣でも、野党時代に勇ましかった議員が、政権入りと同時に牙を抜かれてしまうのかと思いました。
 亀井静香氏や瑞穂ちゃんを見ると、この懸念は今のところは外れているようです。

 民主党では最も働いている閣僚といえそうな長妻昭厚労相は、就任1カ月にして勢いを失いつつあるのは残念です。他の民主党の閣僚は、野党時代の変な癖をそのまま持ち込んでいるか、何もしないでいるかのどちらかのように見えます。

 鳩山由紀夫内閣が自民党政治の清算をするには、亀井さんと瑞穂ちゃんが必要です。亀井さんと瑞穂ちゃんの活躍をお祈り申し上げます。
2009/10/18(日) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。主題が異なるので連続投稿になります。非礼をお許し願います。

>ミズポは11年前に戻すと言っている訳だが、それでは甘い。
>日本復興の為には、法人税と累進課税率を中曽根以前、1984年以前に戻さなければいけない。

 浪人さんのおっしゃる通りです。私も同じ意見です。

 所得税を取り扱った優れたコラムがあります。
 2007年10月26日の日本経済新聞の朝刊のマーケット総合欄に載っている「大機小機」というコラムです。この日の題名は「消費税率を引き上げる前に」という題です。文鳥という筆名の署名記事です。
 目に触れることも少ないと思われますので、全文を引用します。なお、原文の数字は漢数字です。

>>この9月に発表された国税庁の「民間給与実態調査」によると、2006年に民間企業が一年を通じて勤務した4485万人に支払った給与の総額は195兆円と、1998年以来、9年連続の減少となった。そのなかで1500万円超の高所得者は58万7000人と1.3%にすぎないが、給与収入からの納税額は2兆5000億円と全体の25%を占めるという。

>>今後、増税が必要な場合には、収入の低い層も含めてより多くの国民が、幅広く負担する消費税率の引き上げもやむを得ないように見える。

>>しかし、所得税の最高税率は1983年以前の75%から、1999年以降は37%と半減していることも忘れてはならない。このため給与収入1500万円超の層では、所得税率が1982年の平均25%から2006年には同18.4%に低下したが、もともと税率が低かった500万円以下の層では平均3.9%から2.8%の低下にとどまっている。

>>ここで消費税率が10%に引き上げられた場合、1982年と比較して所得税と消費税が二つの階層でどのように変化するかを推計してみよう。1500万円超の層では、対給与収入の可処分所得比率が80%、同所得に占める消費の平均割合も80%とすれば、消費税の負担率は対給与収入比で同税率1%に対し0.64%となる。同様に、給与収入500万円以下の層では、可処分所得比率及び消費割合がいずれも90%とすれば、消費税の負担率は同0.81%になる。

>>この結果、1500万円超では、消費税引き上げ後も24.8%(所得税率18.4%+消費税率0.64%×10)と、1982年の25%に比べてほとんど変わらないのに、500万円以下では10.9%(同様に2.8%+0.81%×10)へと、3.9%から7ポイントも上昇すると見込まれる。

>>以上は、あくまでも筆者の試算だ。しかし、少なくとも累進性緩和後の20数年間に日本で行われてきた税制「改革」は、最高税率の引き下げをはじめ、株式の譲渡益に対する軽減措置や利子・配当所得に対する分離課税など、高所得層を優遇する「改革」だった。

>>消費税率引き上げの前には無駄な歳出の削減だけでなく、過去の「改革」を振り返り公平化の視点から議論する必要があるように思われる。

 引用は以上です。日経のコラムにしては稀にみる優れた内容です。私も賛同致します。

 皆さんは、いかがお考えでしょうか。 
2009/10/18(日) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
福島瑞穂と比較しよう~民主党の大臣の「実績」

中国人観光ビザ、緩和方針 前原国交相
http://www.asahi.com/politics/update/1018/NGY200910180016.html

>日中韓の観光担当相による会合が18日、名古屋市内で開かれ、前原誠司国土交通相は中国人観光客への個人ビザの発給要件を緩和する方針を示した。また中国の邵●(●は「王へんに其」)偉・国家旅遊局長は、日本の旅行会社が禁止されている中国人観光客の日本ツアーを、近く試験的に許可する方針を明らかにした。

福島氏、小沢環境相の原発推進意見書に不快感
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091002/stt0910020006000-n1.htm

>福島瑞穂消費者・少子化担当相は1日午後の閣議後会見で、小沢鋭仁環境相が先月28日、温室効果ガス排出抑制のために川内原発(鹿児島県)を最大限活用することを求めた意見書を直嶋正行経済産業相に提出したことについて、「これは(民主・社民・国民新の)3党合意を超えているのではないか。社民党としては問題があると考える」と述べ、党として「脱原子力」を掲げる立場から不快感を表明した

チュウゴク人熱烈歓迎、二酸化炭素排出削減のための原発推進。

キ○ガイ以外に何と呼べばいいのかと。

2009/10/19(月) | URL | ろろ #I4VAqccA[ 編集]
国務大臣の意見として、この発言と言うのが何より嬉しいですね。
しかも、民主党同様に期待していなかった福島瑞穂大臣の口から、このような発言が出るとは思いませんでした。
それに引き換え、第一党の民主党の体たらくと来たら……。
予想の遥か斜め上を行っているとしか思えませんね。
2009/10/19(月) | URL | 諸行無常 #sqCyeZqA[ 編集]
この記事に関しては、TVで放送しているのを一度も見ていません。
私としては、ダム云々よりも重要な発言だと思うのですが、こういった放送をし続けている時点で、偏った報道姿勢としか思えません。
2009/10/20(火) | URL | Pira #Z6lHsuOw[ 編集]
 五大紙を凌ぐザイセーキンコー信奉の、北海労働新聞の朝夕刊を何部か読み、Webも見たんですが、見た範囲では一言も書かれてませんでしたし、そういう論の展開もしていません。
 カスゴミの社員は勿論、そのパトロンも高額所得者ばかりですから、カスゴミがまともに扱うとは思えません。

 ミズポたんには更に頑張ってもらうのは勿論のこと、しーたんからの一押しも欲しいです。
 もっとも、アフォのミンスのことですから、「新聞やテレビで扱っていないから、世論は望んでいない」ていう感じで、華麗にスルーされると思いますが。
2009/10/22(木) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
ええ、頑張って欲しいものですね。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、支持まではしなくてもいいんじゃないでしょうか。

嫌いだけど、言っている事は正しい、くらいで十分かと。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
長妻センセは、ある意味可哀想ですね。

まあ、頑張ってはいますが、そもそも、本来はまだまだ国務大臣が出来る程の地力は無いのに、名前が先に売れてしまった為に、問題山積みの厚労大臣にされてしまった訳ですから。

もう少し、経験を積ませてからなら、そこそこのモノになったかも知れないですが、このままだと、まあ潰れるでしょうね。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
無能っぷりがどんどんと露呈されてきてますね。

しょうもない体面なんか気にしてないで、もう全部小沢民に丸投げしてしまえばいいのに、と思います。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、ミンスが無能なのは分かり切っていた事ですから、仕方ないと割り切るしかないのでしょうね。

二大政党以外の躍進を望むしかありません。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、テレビみたいな下賤の者なんて、そんなものでしょう。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ミンスには、期待するだけ無駄でしょうね。

亀井センセやミズポたんが、どれだけ無双モードに入れるか、が勝負の分れ目でしょう。
2009/10/24(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
 先週末T豚Sの、みのもんた司会の番組を偶然見る機会がありまして、各党の議員が集まって消費税をどうするという話題のところでミズポたんの番になると、真っ先にこのことを話していましたね。
 もっとも、周囲は徹底無視でしたが。

 共産党は(ミズポたんより先に発言、あきこちゃんも)そのことは一切触れず、いきなり「軍事費や政党助成金を減らせ」だし、国民新党のあきこちゃんは現在は景気対策…この部分はまともですが、何か景気が回復したら消費税増税もありうるようなことを言ってたような気がします。

 他の党は、いちいち書く価値は全くありません。
2010/07/02(金) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
 共産党は、消費税が今まで実質的に法人税減税の財源になっていたことは、はっきり言っていました。その点ではもちろん評価できます。

 それでも、「共産党が言っているのだから」と聞く耳を持たない人が多いんでしょうね。
2010/07/02(金) | URL | 北野茂良 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1835-f5f99ba8
「適正な養育費だと? ガキ育てるのに金なんかかかるわきゃねーだろ、ボケ!」などと...
2009/11/09(月) | 投資一族のブログ