FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 今は終わりではない。これは終わりの始まりでさえもない。しかし、これはきっと始まりの終わりである

今は終わりではない。これは終わりの始まりでさえもない。しかし、これはきっと始まりの終わりである
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

原さん拉致、総連系団体捜索 警視庁、北の関与解明へ

 北朝鮮による原敕晁(ただあき)さん=当時(43)=拉致事件で警視庁公安部は二十三日午前、国外移送目的拐取などの疑いで、原さんが勤めていた中華料理店経営者で在日朝鮮人の男(74)の自宅(大阪市淀川区)や中華料理店(同市天王寺区)のほか、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮大阪府商工会(同市北区)など関係先の家宅捜索を始めた。総連傘下団体が拉致事件で強制捜査を受けるのは初めてで、警視庁は総連の拉致関与についても解明を進める。

 経営者は、原さん拉致事件に絡む旅券法違反などの容疑で国際手配された元工作員、辛光洙(シングァンス)容疑者(76)=地村保志さん(50)夫妻拉致でも国際手配=の拉致実行を手引きした補助工作員とされる。

 調べでは、経営者は昭和五十五年六月、辛容疑者らと共謀。自分の中華料理店に勤務していた原さんに「転職先を紹介する」と持ち掛け、面接名目で宮崎県・青島海岸まで連れていき、辛容疑者に引き合わせた疑い。辛容疑者らがゴムボートや工作船に乗せ、北に拉致した。

 国家保安法違反の容疑で韓国当局に逮捕された辛容疑者の取り調べの過程で拉致が表面化した。

 経営者は当時、大阪府商工会の理事長だった。経営者とともに拉致を手引きしたとされる同商工会の元会長は既に死亡しているが、警視庁は平成十二年、韓国・済州島に捜査員を派遣し、辛容疑者の国家保安法違反罪の共犯で、原さん拉致に関与したとされる元服役囚から事情聴取。

 この当時、経営者からも事情を聴いたが、拉致への関与は否定していたことから、警視庁は今回の押収資料を分析して、さらに追及する方針。

 経営者は十六年一月、「北朝鮮に拉致された日本人を救出する大阪地方議員の会」から大阪府警に刑事告発されたが、辛容疑者の捜査を先行させていた警視庁に事件の担当が移されていた。

 経営者は日本在住のため、通常なら公訴時効が成立しているが、公安部は「原さんは北朝鮮で監禁状態にあり、犯罪は継続している」と判断、監禁容疑も加え捜索に踏み切った。警察当局は近く、原さん拉致容疑でも辛容疑者の逮捕状を請求する方針。

                   ◇

 安倍晋三官房長官は二十三日午前の会見で、原敕晁さん拉致事件で警視庁が家宅捜索したことについて「今後しっかりと捜査を進め真相解明をしてもらいたい。真相がさらに明らかになれば日朝協議で容疑者の引き渡しを一層強く求めていくことになる」と述べた。

                   ◇

 【用語解説】原敕晁さん拉致事件

 昭和55年6月、大阪市の中華料理店店員で43歳の原敕晁さんが消息を絶った。工作員だった辛光洙容疑者が1985(昭和60)年に韓国で逮捕された際、韓国捜査当局に原さんを宮崎県の海岸で拉致し、原さんに成り済ましてスパイ活動をしていたと供述。日本の警察当局は辛容疑者を旅券法違反容疑などで国際手配し、政府は身柄引き渡しを要求しているが北朝鮮側は応じていない。

(平成18年3月23日 産経新聞)


 「今は終わりではない。これは終わりの始まりでさえもない。しかし、これはきっと始まりの終わりである」

 チャーチル元英首相が、エジプト・アラメイン第二戦で英国ドイツ東アフリカ軍団を撃破した後の演説からの一節ですが、今の日本の状況を言い表すにおいて、これ程に適した言葉は無いのではないかと思います。

 全ての拉致被害者北朝鮮からの生還は、我々日本国民皆の望むところであり、実行犯である辛光洙の逮捕は、その為の重要な一歩であると言えるでしょう。

 すでに殆どの方がご存知の事と思われますが、この憎むべき拉致実行犯は過去において、ソウル特別市内で韓国当局に逮捕され、無期懲役となりながらも、1999年12月31日、ミレニアム恩赦で釈放され、2000年9月2日、「非転向長期囚」として北朝鮮に送還されているという過去があります。

 そしてこれもまた、殆どの方はご存知であろう事ですが、1989年、韓国の民主化運動で逮捕された在日朝鮮人政治犯29名について釈放を求めるという趣旨の要望書が、土井たか子菅直人田英夫江田五月をはじめとする当時の社会党社民連公明党・無所属の議員ら133名の署名とともに韓国政府に提出されています。

 まだご存知で無い方の為に、一部ではありますが、ここにその議員の名をもう一度記しておきたいと思います。

署名した現職国会議員(06年1月補遺)

土井たか子 衆議院 社民党 兵庫7区 (日朝友好議連)(2005年落選)
菅直人 衆議院 民主党 東京18区
田 英夫 参議院 社民党 比例 (日朝友好議連)
本岡昭次 参議院(副議長) 民主党(元社会党) (2004年引退)
渕上貞雄 参議院(社民党副党首) 社民党 比例 (日朝友好議連)
江田五月 参議院 民主党(元社民連) 岡山県
佐藤観樹 衆議院 民主党(元社会党) 愛知県10区 (2004年辞職 詐欺容疑で逮捕)
伊藤忠治 衆議院 民主党(元社会党) 比例東海(2005年引退)
田並胤明 衆議院 民主党(元社会党) 比例北関東(2005年落選)
山下八洲夫 参議院 民主党(元社会党) 岐阜県 (日朝友好議連)
千葉景子 参議院 民主党(元社会党) 神奈川県
山本正和 参議院 無所属の会 比例 (社民党除名)(日朝友好議連)

(電脳補完録より)


 これは知らなかったで済まされる様な問題ではありません。

 この嘆願書が提出された1989年当時、すでに拉致事件は起こった後であり、辛光洙北朝鮮工作員である事も、実しやかに囁かれていたのです。

 もしも辛光洙韓国当局に逮捕されていた時に、釈放嘆願書などという日本国民への裏切りと思えるようなものでは無く、日本への引渡し要求書を提出していれば、拉致事件はもっと早期に解決に向かっていたであろう事は想像に難くありません。

 現在辛光洙北朝鮮において英雄であり、いくら日本の警察が引き渡しを要求しても、金正日がそう簡単に辛光洙を引き渡すとは到底思えず、この嘆願書に署名をした腐れ売国奴どもの罪は、マリアナ海溝よりも遥かに深いものと言えるでしょう。

 ですが我々は、決して此処で立ち止まってはいけないのであります。

 この忌むべき売国奴たちに裁きを下さなければならない事は当然ですが、いくら腐ったマスコミどもが正確に情報を伝えなかったとは言え、無知であった我々にも責任の一端は存在すると言えます。

 辛光洙の逮捕を実現し、北朝鮮を断罪し、金王朝を崩壊せしめ、全ての拉致被害者を救出する事は、無関心からこの問題を放置し、拉致被害者及びそのご家族に辛く悲しい思いをさせた、我々日本人の責務と言えるでしょう。

 これまで仮初の平和を貪ってきた我々が、拉致被害者及びそのご家族に提供出来るものは、血、労苦、涙、そして汗以外の何も存在はしていないのです。

 我々の目前には、かつてない程の苦難と苦痛を伴う長い戦いが、待ち受けていると言えるでしょう。

 「決して、諦めるな― 決して、決して、決して。大事か些事かに関わらず、それが名誉や良識に確信があるのでないかぎり、屈服してはいけない。力に屈するな。敵が一見圧倒的であろうと屈するな」

 再びチャーチル元英首相の演説からの引用ですが、今我々が決意すべき事は、すべてこの言葉に言い表されていると言っても過言では無いものと思われます。

 全ての拉致被害者を、北朝鮮より救出する為に必要なものは、決して対話などではありません。

 我々1人1人の強い覚悟と決意のみが、全ての拉致被害者を邪悪なる北朝鮮の魔手より救出し、東アジアに恒久なる平和と安定を齎すものであると私は考えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

家族
家族
posted with amazlet on 06.03.24
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
光文社 (2003/07/08)
売り上げランキング: 209,725
おすすめ度の平均: 5
5 各家族それぞれの思い
5 今、テレビや新聞を通して家族の姿を見ている人全てに読んでほしい
5 全面解決を国民の力で!!

祈り―北朝鮮・拉致の真相
新潟日報社特別取材班
講談社 (2004/10)
売り上げランキング: 254,917
おすすめ度の平均: 5
5 一人一人の親の切なる思いを、、


PR情報
有機野菜や無添加食品を北海道から産地直送 送料無料
正社員からアルバイトまで求人情報は「ディースター」
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/184-c1cc9e06