FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Beelzebub

Beelzebub
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

小泉進次郎、総裁より人気 演説上手まで親父を世襲

小泉ジュニアこと自民党の小泉進次郎衆院議員(28)が、同党総裁を超える人気で話題になっている。その巧みな演説も、やはり世襲議員ならではのものなのだろうか。

どちらが総裁か分からない人気ぶりだったらしい。

小泉進次郎衆院議員は、参院神奈川補選に出た自民党公認候補を応援しようと、2009年10月19日に横浜入り。そして、個人演説会のトップバッターとして独特の話術で出席者を引きつけ、同時に出席した谷垣禎一総裁(64)の影を薄くしてしまった。

ジョークで出席者から笑い

「8月の衆院選では『何で(人気のない)自民党から出馬するの』と聞かれました」
日刊スポーツの10月20日付記事によると、進次郎氏は、こんなジョークで出席者から笑いを取った。そして、謙遜しながらも、次のような文句でさりげなく自分をアピールした。

「私は高校野球でも1番バッターでした。主役の4番を盛り上げる役はピッタリ」
進次郎氏の話は、出席者の笑いと拍手を誘い、終了後は、イケメン好きの女性陣に囲まれ、てんてこ舞いに。握手や記念撮影を求められて、なかなか会場を出られなかった。ところが、総裁の谷垣氏といえば、これとは対照的に、早々に会場を後にしたというのだ。

こうした弁舌と若さが評価されて、進次郎氏は、新人としては異例の自民党遊説局長代理に抜てきされている。神奈川補選は、その遊説デビューの場であったわけだ。

進次郎氏は、総選挙の期間中から、その雄弁ぶりが注目されていた。

選挙戦終盤の8月26日には、世襲批判を逆手に取った街頭演説を地元・横須賀市で繰り広げた。

「父親から手取り足取りは一度もありません」

「面と向かって批判を浴びること、悪口を言われること、こんなのしょっちゅうです。足を踏まれ、うるさいと言われ、中には、世襲反対とペットボトルを投げつけられたこともあります」
そこからの切り返しが、小泉進次郎氏の持ち味だ。

「それでも、なぜ続けられたのか……それは街頭の皆さんの温かさです」
地元の人を引きつける話術は、選挙中にたびたび披露している。

「高校野球をやっていたとき以来の汗まみれの毎日でした……でも、それより熱かったのは地元の皆さんの励ましです」
 「生まれて育って、みんなと同じ空気を吸って、皆さんと同じ土地で育って、皆さんと同じ海で泳いで、今日この日を迎えたんです」
こうした進次郎氏の演説について、支援するある横須賀市議は、「日を追って素晴らしくなっているので、びっくりしています」と話す。「その内容、演説、間の取り方、声といい、最初とは全然違う。政治家らしくなってきました」。

進次郎氏の手振りや話し方は、父親の純一郎元首相(67)をほうふつとさせる。この点について、市議は「教わったのか分かりませんが、親子ですから、素質もあるんでしょうね」と言う。

そこで、J-CASTニュースは、進次郎氏の秘書に聞いてみた。

父親から教わったのかについては、「父親から手取り足取りは一度もありません」と否定。そのうえで、「一番身近なところから学びますから、見て感じたものを実践するよう地道に努力はしています」としている。

ただ、進次郎氏の街頭演説には、政策への言及が少ないとの指摘がある。これについて、秘書は、「街頭では、動いている人にアピールしないといけませんので、細かい政策より印象が強いことを伝えています。政策については、安全保障、社会保障、環境問題などの方向性は決めており、じっくり話すところでは話しています」と説明している。

(2009年10月24日 J-CAST)

 まあ、布石ってヤツだろうね。

 近い将来、この担ぎやすい、中身の空っぽな、空虚な御輿を担ぎ上げて、大々的な何かを、権勢を失ったゴミどもがやる予定なんだろう。

 渡辺喜美のみんなの党(笑)は不発、河野太郎を総裁に担ぎ上げる事にも失敗、前張やジャスコは小沢民主席の睨みが効いて上手く立ち回れず、完全に勢いを失いつつある気狂いネオリベ議員どもの最後の希望の星、それがこの小泉進次郎という名の能無しニートだものな。

 親父と同じく、無能で空虚で軽薄なサイコパスだが、それ故に、同じく詐欺師的才能はそれなりにありそう。

 思想も哲学も何も無いから、担ぐのには最適。

 こんな腐れ詐欺師に騙されるような事は二度とあってはならない訳だが、この腐れ詐欺師を担ぎ上げる事でしか延命する事が出来ない気狂いネオリベ野郎、カスゴミは、必死になってコイツを持ち上げるだろう。

 日本国をここまで追い込んだ最大の犯人は誰なのか、それをもう一度、きちんと思い起こさないといけない。

 日本経済の土台の部分を破壊し、国家国民をここまで追い込んだのは、此奴の親父、小泉純一郎という名の悪魔である事を決して忘れてはいけない。

 小泉劇場の再演は、日本国の終わりの始まりである。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 34177
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 112760
おすすめ度の平均: 4.5
5 彼こそ本物の政治家だ!!
5 物事の本質
5 小泉純一郎が売国奴であることを証明する書物
5 マスコミが黙殺した、郵政民営化の真の受益者は米国という声
5 「国民のために信念を貫く「本当の政治家」による「郵政」徹底抗戦宣言の書」


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>街頭では、動いている人にアピールしないといけませんので、細かい政策より印象が強いことを伝えています。(後略)
上手い事フォローしたつもりなのでしょうが、要は「中身なんてありません」と言っているようなものですね。
仮にあったとして、精々周りからお膳立てされたものでしょう。
それに、父親の原動力は恨みであり、政策とは恨みを晴らす事ですから、その精神性と行動原理を丸ごと受け継いでくれそうです。
2009/10/27(火) | URL | 諸行無常 #sqCyeZqA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/27(火) | | #[ 編集]
>みんなの党(笑)は不発

みんなの党(笑)は次の参議院選で、今回ミンスに投票した浮動票のうちの、ミンスに見切りを付けた人の票を持っていきそうなので、嫌な存在ではありますね…。
今回も一応、やや議席を伸ばしてしまいましたし…。
2009/10/27(火) | URL | マシュマロ #-[ 編集]
>みんなの党(笑)は不発

不発どころか、関東3ブロックでは国民新党+社民党よりも票を集めています。

神奈川はカイカクの負の遺産にあまり直面していないので、ネオリベラルが動きやすいという地の利があります。シンジローはどうか知りませんが、河野太郎は強固な地盤もあることですし、近いうちにみんなの党に加わるでしょう。

自民党が穏健に解党すれば、比例復活の縛りがなくなるので、宏池会と老害(町村や森)をのぞいた面々はみなみんなの党に加わっていくかもしれません。そうなると、シンジローが前面に出てきて、渡辺喜美は小沢役ということになるかもしれません。

あと、橋下徹を忘れない方がいいと思います。
2009/10/28(水) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
こんな、中身も何もない何かに縋って再生しようとしているのですから、痴民党は、本当に終わってしまいましたね。

もう二度と、国民に支持される政党にはなれないでしょう。
2009/11/01(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
リバタリアン(笑)ですね。

まあ、一定数以上は必ず存在してしまう連中ですから、中途半端に与党の政策に影響を及ぼされるよりは、みんなの党(笑)に固まっていてくれた方がいいような気もします。
2009/11/01(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
勿論、なめてはいませんよ。

なめているなら、わざわざ取り上げて叩いたりはしないですし。
2009/11/01(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1844-4b58987b