FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 阿南死すべし

阿南死すべし
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

両国民の心のかい離深刻…阿南・中国大使が懸念表明

 【北京=末続哲也】阿南惟茂・駐中国大使(65)は24日、来月1日の離任を前に北京で記者会見し、日中関係の現状について「両国国民の心のかい離という問題が深刻だ。日中双方で心の狭い民族主義的風潮が現れ始めている」と述べ、懸念を表明した。

 さらに改善に向け、「双方の知恵と時間をかけた辛抱強い努力」の必要性を訴えた。

 阿南氏は、この風潮が生じた背景について、「日中両国とも急激な変革の過程にあり、将来像が見えにくいことからくる不安が存在する。相手を脅威と感じる見方も出てくる」と指摘。中国側にも「日本の国情をできるだけ正確に理解してもらいたい」と注文をつけた。

 一方、約5年間の在任中に「最も困難」と感じた出来事としては、2002年5月の瀋陽の亡命者連行事件など、「それまでになかった種類の、北朝鮮絡みの問題」を挙げた。

 阿南氏は、01年1月に中国大使に就任。日本外務省のチャイナスクール(中国語研修組)の中心的存在。

(2006年3月24日21時14分 読売新聞)


 この馬鹿は現状の日中関係が誰のせいで、このようになったか本当にまったく理解していない様です。

 現状の日中関係の悪化は、常識的に考えれば、二階俊博加藤紘一河野洋平を始めとする、頭の腐った自称親中派支那の狗どもや、チャイナスクールと呼ばれる支那の傀儡どもが、支那に対して言うべき事を言ってこなかったが為に、元々傲慢不遜であった中国共産党の厚顔無恥な人非人どもが増長し、必要以上に反日行為を先導するようになった結果、それに嫌気をさした日本人支那を嫌うという事に繋がっていっている事など、誰が考えても分かりそうなものでしょう。

 この支那の狗どもが中国共産党に阿る事無く、主張すべきを主張し、批判すべきを批判するといった、政治家外交官として然るべき行動をきちんと取っていれば、中国共産党の都合上の多少の反日はあっても、現状ほどの基地外じみた反日行為に及ぶ事は無かった可能性が高く、現状ほどの基地外じみた反日行為が無ければ、日本人もこれほどまでに、支那に嫌悪感を感じる事は無かったと言えるでしょう。

 無論、中国共産党チベット東トルキスタンに対する、非人道的行為に対する批判は、その場合においても存在はしているでしょうが、漢人そのものに対する嫌悪感というものが、これ程までに高まる事は無かったと思えます。

 自らを省みる事など一切せず、日中関係の悪化を靖国神社民族感情などといったものに押し付け、したり顔でコメントなどしている、このクズ野郎には自省や恥といった、日本人の美徳が一切無いのでしょうか。

 自らの権益の為に支那に阿り、日本国益を損ね、両国の関係を悪化させ、挙句には知らぬ顔で他人のせいとは、本当に頭のオメデタイ最低のクズ野郎です。

 私は例え支那反日でないとしても、チベット東トルキスタンにおいて、今なお非人道的な弾圧虐殺を繰り返し、自国の民衆圧政により苦しめ、人間が有するべき自由や人権といったものを否定した上に成り立っている、中国共産党は絶対に許す事は出来ないと考えますが、親中派チャイナスクールなどのクズもそれと同様、むしろそれ以上に許す事が出来ない存在であると考えます。

 真の日中友好の為には、中国共産党の崩壊が絶対に必要な条件です。

 しかしその前に、この最低の畜生にも劣る下劣な人非人たちを一掃せぬ事には、この問題は絶対に前進しないものであると言っても過言では無いでしょう。

 我々日本人はこれ以上、この奇麗事を盾にして日中友好を叫ぶ、欲に塗れた病原体の存在を、絶対に許してはなりません。

 この連中の存在は、日本国益を損ねるのみで無く、傲慢不遜な中国共産党を今以上に増長させ、東アジア平和と安定を根底より揺るがし、ひいては世界に戦争テロリズムを呼び込む原因となり得るものであると考えられます。

 少なくとも現在の日本において、日中友好を標榜するものは、平和に対する敵であると、我々は認識しなくてはいけないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


東アジア「反日」トライアングル
古田 博司
文藝春秋 (2005/10/20)
おすすめ度の平均: 5
5 読みやすく、明快な指針を提示する
5 東アジアの反日という独善を喝破した、我が日本の戦闘的マニュアル
5 この本の主張が通説になりつつある


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
エントリーしてバイトする♪モバイトドットコム♪
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
「日中関係悪化」は自分の無能によるものだとは思ってないんですな。

祖父さんの墓参りでもして懺悔しろ。
2006/03/25(土) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
思ってはおられぬ様です。

霊前で謝するだけでは、最早ご祖父も父君もこの売国奴を許しはしないでしょう。

今すぐに「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」くらいはしないと、阿南家の祖霊は、彼を許しはしないと思われます。
2006/03/25(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/187-c57892da