FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 台湾に栄光あれ

台湾に栄光あれ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

独立放棄前提の中国の対話提案を拒否…台湾民進党主席

 【台北=石井利尚】台湾の与党・民進党の游錫コン(ゆう・しゃくこん)主席(57)は23日、本紙と単独会見し、中国の温家宝首相が「台湾独立綱領」放棄を前提として同党に対話を呼びかけたことに対し、「前提を設けるべきではない。対等な立場でこそ対話ができる」と述べ、事実上、拒否した。(コンは方を並べ、下に土)

 游主席は行政院長(首相)などを歴任した陳水扁総統の側近で、今年1月に民進党主席に就任した。

 游主席は、温首相の呼びかけについて、「台湾と中国は『一辺一国』(別々の国)だ。台湾に、ああしろこうしろと言うのは誠意に欠けている」と指摘した上で、「一つの中国」の原則の受け入れを迫った「前提」を厳しく批判した。

 民進党は陳総統のもとで「独立志向」を再び強めており、2008年の制定を目指して新憲法の党草案策定の方針を明らかにしている。中国側は「法的な独立」と警戒しているが、游主席は「正常な国家になるために必ず必要」と述べ、新憲法作りの重要性を強調。4月から党草案の検討に入り、6月に草案内容を決定するとの日程を確認した。

 さらに、游主席は、台湾が正式名称とする「中華民国」や、領土、「国旗」の変更についても、「前提を設けず結論も自由だ。民主的に議論するので、いかなる内容も排除しない」と述べ、草案に盛り込まれる可能性を否定しなかった。

 盛り込まれた場合、中台関係の一層の悪化は必至だ。ただ、游主席は、改憲反対を唱える野党が立法院(国会)で過半数を制している現状を指摘し、「今の社会・政治情勢では国名変更は簡単なことではない」と発言、現時点で党草案がそのまま可決・成立する見込みがないことを認めた。

 游主席は、現在中断している中台対話について、「6年間(政権は)中国に善意を示してきた。対話を拒否しているのは中国だ。近い将来に中国が対話するという誠意を感じることはできない」と述べ、残り2年となった陳政権下での再開に悲観的な見方を示した。

(2006年3月25日3時9分 読売新聞)


 台湾は今、真の独立した主権国家への道を、力強く歩み始めようとしています。

 日本政府は今こそ、「一つの中国」なる中国共産党による、嘘と欺瞞と傲慢と無恥に溢れた詭弁を拒否し、長年の台湾との友誼に応える為にも、日本の安全保障の為にも、台湾独立を国家を挙げて支援すべだと言えるでしょう。

 ありとあらゆる嘘と捏造を並べ立て、我が国の名誉と権益を侵そうとする中国共産党と、我が国の過去の功績を認め、対等の友人として接している台湾と、どちらを支援すべきかなど、考えるまでもない事と言えるものです。

 またここで中国共産党による「一つの中国」なる詭弁をこれ以上容認し、仮に台湾中国共産党の魔手に堕ちるような事があれば、我が国の安全は風前の灯となり、ゆっくりと眠ることすら出来ない状況になりえないとも考えられます。

 台湾が独立を維持する事は、単純な感情論だけでは無く、日本の安全保障上、非常に重要な事柄である事を、日本政府はもっと強く認識する必要があると思えます。

 親中派などと名乗る支那の狗どもは、如何なる手段や詭弁を用いてでも、日本が「一つの中国」を否定し、台湾を支援しようとする事を、阻害しようとしてくる事でしょう。

 しかし我々は、これ以上彼らの詭弁に騙され、支那の邪悪な野望に手を貸すような真似をすることは、決してしてはならないものであると思います。

 日本にとって真の友人はどちらであるのか。

 イカれたサヨク思想に毒されていない、正常な判断力を有する日本人であるならば、考えるまでもなく自ずと答えは出るものであろうと思います。

 また日台で協力して中国共産党の邪悪な覇道を防ぐ事は、東アジア平和と安定を考える上で、非常に重要な事であることは、言うまでの事でもありません。

 中国共産党を支援して亡国への道を辿るのか、台湾の独立を支援して東アジアの健全な発展の道を辿るのか。

 前者を望むのは、親中派チャイナスクールなどの支那の傀儡と化した、売国奴だけであると言えるでしょう。

 中国共産党の「一つの中国」を否定し、台湾の独立への道を支援する事は、同義的な面からも実利的な面からも、まさしく正道に適った選択である事は、言うまでの事でもありません。

 日本政府は今すぐに、台湾独立を支援する声明を表明するべきであると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

中国と台湾―対立と共存の両岸関係
岡田 充
講談社 (2003/02)
売り上げランキング: 51,490
おすすめ度の平均: 5
5 重宝な好著
5 バランスのいい解説書
5 台湾問題の入門書としてお勧めの一冊

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
小林 よしのり
小学館 (2000/10)
売り上げランキング: 572
おすすめ度の平均: 3.92
5 This is a great book that everyone should read.
1 台湾美化しすぎだろ、これ
5 日本精神が残る「もう一つの隣国」


PR情報
毎日新刊発中!電子書籍の「でじたる書房」
わずか10秒で、七福神があなたに福を届けます!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/188-9c16c409