FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → オオカミ少年

オオカミ少年
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【日本の未来を考える】東京大・大学院教授 伊藤元重 “オオカミ”は必ず来る

 政府債務の対GDP比のランキングで、日本はジンバブエについで世界第2位であるそうだ。日本は160%を超える水準であるが、100%を超えるような国はこれ以外にはレバノン、ジャマイカ、イタリア、スーダンしかない。日本の政府債務はそれだけ異様な大きさであるのだ。多くの経済学者が日本政府の抱える巨額の債務のリスクについて論じてきた。あまりに債務が膨れあがれば、国債を市場で消化することが難しくなる。国債の価格は大きく下がるだろう。それはつまり、国債利回りが高くなることであり、もし国債利回りが上がれば諸々(もろもろ)の金利も上昇して経済は大変なことになる。私自身もこのような議論をしてきた。

 こうした財政破綻(はたん)論が出てきてから10年以上がたっている。その間に政府債務はさらに膨れあがっている。それにもかかわらず国債利回りは史上最低というような水準を維持している。経済学者の財政危機説は「オオカミ少年」と同じであると感じている人も多いかもしれない。しかし、オオカミは必ず来る。対GDP比で世界第2位の水準の債務を抱えていて、まともな形で財政再建が果たせるとも思えない。少なくとも、歴史的にみてGDP比で160%近い債務を抱えた国で、インフレも起こさず、債務の不履行にも踏み切らないで財政健全化を果たした国はあまりないはずだ。

 政府がこれだけの債務を抱えていても国債利回りが低いのにはいくつかの理由がある。第一には、世界的な不況と金融危機の影響で、資金が安全な国債に逃げているからだ。第二には、日本の国民の潤沢な貯蓄が国債を支えているということがある。そして第三には、まだ国民の税負担率が比較的低い日本では、政府が大幅に増税をすれば財政健全化をすることが可能であると市場が判断していることがあるだろう。しかし、こうした条件は永遠に続くものではない。世界的な不況と金融危機が遠ざかれば、資金がリスク資産に移動しはじめ、世界的に金利は上昇しはじめるだろう。日本の金利もある程度はそれにつられるはずだ。また、国債を支えている国民の貯蓄だが、高齢化が進む中で日本の家計の貯蓄率が急激に低下し、いつまでも膨大な国債を支えきれるかどうか分からない。そして増税の可能性であるが、今の政治状況の中では増税はなかなか難しそうである。また、政府債務がさらに拡大していけば、増税でカバーできる余地を超えてしまうかもしれない。デフレで政府の税収が落ち込んでいることも、財政状況をさらに厳しくしている。

 結局、日本の財政は他の多くの国が経験したような財政破綻の道にひた走りに向かっていくのだろうか。債務不履行にまで踏み切らなくても、国債の利回り急騰や、調整のための高いインフレ率への誘導という事態に陥るのだろうか。そうなれば、経済は大混乱だろう。一部には、国債の価格暴落が起き、国民が驚いて、増税による財政健全化が政治的に通りやすくなる環境になるまで、今の状況は続くという見方もある。しかし、その時点まで増税を待っていて間に合うのだろうか。新政権はミクロレベルでの歳出見直しには熱心であるが、マクロレベルでの財政健全化シナリオを早く出してほしいものだ。(いとう もとしげ)

(2009年12月05日 FujiSankei Business i.)

 本気で、大丈夫なのか、東大?

 こんな白痴気狂い低能ゴキブリを院の教授にするだなんて、カレーにう○こ混ぜるようなもんだろう。

 ちょっとばかし見てくれや色が似ていたって、一方は食べ物で一方は排泄物なのだという事する理解出来ない程に劣化してるのかい、今の東大は?

 まあ、そもそも、財政破綻なんてもの自体、ショックドクトリン工作員によるプロパガンダに過ぎん訳だけれど、もし、これを本当だと仮定しても、だ、コイツって小渕内閣で「経済戦略会議」、森内閣で「IT戦略会議」の委員を務めている訳よ。

 言いたい事、分かるよね?

 日本の財政が本当に危機的状況だとするならば、コイツはそういう風に追い込んだ犯人集団の一人って事。

 それに、コイツってあのケケ中平蔵と旧知の仲だったりする。

 歴代の内閣で、最も多く国の借金を増やしたのは、実は小泉内閣。

 その総額は何と289兆円。

 総額だけでは無く、年換算でも最も多く借金を増加させている。

 しかも、他の内閣のように国民生活を豊かにする為に、経済を活性化する為に使った訳じゃあない。

 デフレ下で緊縮財政を行い、税収を減らして借金を増やしたという究極のクズだ。

 更に、このゴキブリ野郎は、その為に発生した負担、約13兆円の負担を全て国民に押し付けた。

 その結果が、一人当たりGDPの5位から18位の急降下。

 この経済財政政策を小泉と二人三脚でやっていたのが、ケケ中平蔵という蛆虫だ。

 そのケケ中平蔵と旧知の仲。

 国の財政が危機というのが嘘偽りの無い事実だったと仮定しよう。

 さて、戦犯は誰だい?

 痴民党と、痴民党の御用学者であるコイツらじゃあないのかい?

 取り敢えず、焼け石に水かも知れないけれど、コイツらをしょっ引いて私財を全て没収にした上で、公開ギロチン刑に処すくらいの事は、倫理的、道徳的に許される気がするね。

 その戦犯が、「新政権はミクロレベルでの歳出見直しには熱心であるが、マクロレベルでの財政健全化シナリオを早く出してほしいものだ」とか、「何の冗談ですか?」としか言い様が無い。

 「何でもいいから、取り敢えずオマエ氏ねよw」って言われて当然のカスが、何が「マクロレベルでの財政健全化シナリオを早く出してほしいものだ」だっつーの。

 まあ、何ですよ、私の言いたい事としてはですよ、こういうゴミクズペテン師の吐く言葉に耳を貸してはいけない、という事。

 このブログの読者様には、このペテン野郎の嘘を細かく説明する必要もないとは思うけれど、はじめての人の為に、最後にちょろっとだけ書いておきませう。

政府債務の対GDP比のランキングで、日本はジンバブエについで世界第2位であるそうだ。日本は160%を超える水準であるが、100%を超えるような国はこれ以外にはレバノン、ジャマイカ、イタリア、スーダンしかない。日本の政府債務はそれだけ異様な大きさであるのだ。

 まず、そもそもなんだけれど、国際的に政府債務の対GDP比は、総債務ではなく純債務で計算している。

 日本が2位とか言っているのは、総債務の話。

 純債務だとどうなるか。

 何と、75%程度となる。

 これは、先進国の中でも平均的な数字。

 ちなみに、1997年、橋本龍太郎というチャンコロに股座掴まれた父っちゃん坊やが財政再建だのカイカクだのとアホ極まりない愚行を行う前の日本の純債務の対GDP比は28%弱だった。

 アホと白痴と気狂いどもが、己の低能も自覚出来ずにカイカクだの何だのさえやらなければ、日本の財政は世界でもトップクラスの優等生だった訳だ。

 さて、戦犯は誰だろう。

少なくとも、歴史的にみてGDP比で160%近い債務を抱えた国で、インフレも起こさず、債務の不履行にも踏み切らないで財政健全化を果たした国はあまりないはずだ

 答えを言っている。

 要は、インフレを引き起こせばいいのだ。

 その邪魔をしているのは誰か。

 財政再建を謳い、緊縮財政、増税を叫び、庶民の財布を固く閉じさせているのは誰か。

 労働市場のカイカクを行い、底のない賃金デフレを引き起こしたのは誰なのか。

 ちなみに補足しておくと、この伊藤元重とかいうオッサンは、以前「正社員は片っ端から処分しろ!!不良債権だ!」とそこいらかしこで主張しまくっていた。

 「生産性が第三諸国と同じなら、賃金も同じでいい」と主張していた。

 家賃だけで10万が飛ぶこの国で、リアル1ヶ月1万円生活を国民にやらせろと主張していた。

 さて、戦犯は誰だろう?

結局、日本の財政は他の多くの国が経験したような財政破綻の道にひた走りに向かっていくのだろうか。債務不履行にまで踏み切らなくても、国債の利回り急騰や、調整のための高いインフレ率への誘導という事態に陥るのだろうか。そうなれば、経済は大混乱だろう。

 典型的なアホのまじぇまじぇ論理。

 債務不履行に踏み切るも何も、自国通貨建ての国債で債務不履行なんてあり得ないから。

 伊藤くんのチラ裏論文の冒頭で名前が出ているジンバブエ、他の有名どころでアルゼンチンあたりの国は、自国通貨建て債務ではなく外貨建て債務だった。

 勿論、自国通貨建て債務だろうとインフレリスクはあるけれど、国家破綻はあり得ない。

 問題は、こういう無駄に危機を煽る輩の出現によって、国債の買い手がつかなくなる事の方。

 結局、コイツの狙っている事というのは、ありもしない危機をでっち上げ、その混乱に乗じて過激で極悪な市場原理主義カイカクを行う事。

 つまり、ショックドクトリンだ。

「ショックドクトリン 大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革」 ナオミ・クライン新著を語る

 1973年のピノチェト将軍によるチリのクーデター、天安門事件、ソ連崩壊、米国同時多発テロ事件、イラク戦争、アジアの津波被害、ハリケーン・カトリーナ。暴力的な衝撃で世の中を変えたこれらの事件に一すじの糸を通し、従来にない視点から過去35年の歴史を語りなおすのが、カナダ人ジャーナリストのナオミ・クラインの話題の新著The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism(『ショック・ドクトリン:惨事活用型資本主義の勃興』)です。ケインズ主義に反対して徹底した自由市場主義を主張したシカゴ学派の経済学者ミルトン・フリードマンは、「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる」と述べました。この主張をクラインは「ショック・ドクトリン」と呼び、現代の最も危険な思想とみなします。近年の悪名高い人権侵害は、とかく反民主主義的な体制によるサディスト的な残虐行為と見られがちですが、実は民衆を震え上がらせて抵抗力を奪うために綿密に計画されたものであり、急進的な市場主義改革を強行するために利用されてきたのだ、とクラインは主張します。

 投資家の利益を代弁するシカゴ大学経済学部は、「大きな政府」や「福祉国家」をさかんに攻撃し、国家の役割は警察と契約強制以外はすべて民営化し、市場の決定に委ねよと説きました。でもそのような政策は有権者の大多数から拒絶され、アメリカ国内で推進することはできませんでした。民主主義の下では実現できない大胆な自由市場改革を断行したのが、ピノチェト独裁下のチリでした。無実の一般市民の処刑や拷問を行ったことは悪名高いですが、それと同時にシカゴ学派による経済改革が推進されたのは、クラインによれば偶然ではありません。これがショック・ドクトリンの、最初の応用例だったのです。

 ショックの効用を研究したもう一つの機関は、カナダのマッギル大学でした。同大学の精神医学科はCIAの資金で拷問手法としてマインドコントロールや洗脳の実験を行っていたようです。囚人に幻覚剤を投与し、近く刺激を奪って長期の孤立状態に置くことにより、精神を幼児まで退行させ、人の言いなりにさせる手法は、現在グアンタナモやアブグレイブで使われている拷問マニュアルに酷似しています。

 戦後イラクで連合軍暫定当局(CPA)のブレマー代表は意図的に無政府状態と恐怖の蔓延を助長する一方で、急激な民営化を進めましたが、これを個人に対するショック療法のパラレルとしての国民レベルのショック療法とみることもできます。人類最古の文明におけるゼロからの再出発、既存体制の完全な抹消という発想には、個人の精神を幼児に戻して言いなりにさせるCIAの拷問手法が重なります。これはさらに、ハリケーン被害においても踏襲され、長年の放置により劣化したインフラが必然的に災害を招くと、それを口実に、まるごと民間に売り飛ばせという主張に拍車がかかります。

 クラインを驚かせたのは、このようなことを公然と認める経済学者たちの発言が、たくさんの文献に残されていたことでした。自由市場経済を提唱する高名な経済学者たちが、急進的な市場経済改革を実現させるには、大災害が不可欠であると書いているのです。民主主義と資本主義が矛盾することなく、手を携えて進んでいくというのは、現代社会における最大の神話ですが、それを唱導してきたまさにその当人達が、それは嘘だと告白しているのです。この事実をふまえて、この数十年の歴史を振り返ってみることは、私たちがいま、どうしてここまできてしまったのかを理解する大きな手がかりとなるでしょう。

(2007年09月17日 Democracy Now!)

 これ以上、この手の詐欺師、ペテン師に騙されてはいけない。

 それこそ、国家破綻への第一歩なのだから。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism
Naomi Klein
Picador USA
売り上げランキング: 7178
おすすめ度の平均: 5.0
5 現在世界政治を理解する本の中で最も眼から鱗を取った本

くたばれ竹中平蔵 論 さらに「失われる十年」
藤澤 昌一
駒草出版
売り上げランキング: 190838
おすすめ度の平均: 5.0
5 知らないことは罪なんだなぁ?


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
小泉改革はミスでも、中曽根改革はどうだったのかな。

資本主義社会での、最低限の改革は必要だったような気がするのは気のせいか?
変な改革をせずに、維持し続けるのが正解だったのかね。

経済はド素人だから分からぬ。
2009/12/07(月) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
 まず、財政危機神話を流布する「だけ」でも、庶民が生活防衛のために支出を抑制するのは当然のことでしょうね。
 それに、財政危機神話を流布しなければ、ゴミズミカイカクも受け入れられることはまずなかった。

 それでカイカクの成果と言えば、輸出大企業が空前の利益を上げたぐらい。(それもカイカクの成果ではなく、単に世界的な好景気のためだったのかもしれない)しかもカイカクに恩恵を受けた者に限って、減税されまくっていたので、税収は大して伸びなかったし、利益も害塵に大量に吸い取られただけ。
 これでさらにカイカクを進めて、どのように国家破綻を免れるのか、狂人どもにぜひ説明してもらいたいものです。


 上のコメントに少し因みますが、職場に古い電話料金を書いた紙が貼ってあったんですが、さすがに札幌から東京まで2.5秒/10円というのはやだな…。
 キョーソーを完全に否定するのでも野放しにするのでもなく、消耗させないように適度に行わせることが国家の本来の役割でないでしょうか。
2009/12/07(月) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
中曽根カイカクこそ、転落の始まりでしょう。

橋本が加速させ、小泉がトドメをさそうとした。

こんなところかと。
2009/12/16(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
アホの新自由主義原理主義者は、行き過ぎたキョウソウの弊害を言うだけで、共産主義者呼ばわりですからね。

健全な競争なら、本物の共産主義者でも、そうそうは強く批判なんかしないし、出来ないというのに。
2009/12/16(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1884-782a3e81