FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → Man shall not live by bread alone

Man shall not live by bread alone
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

鉄道遅れ4万本、半数超が自殺原因…首都圏

 首都圏の鉄道の運休や遅れの本数が昨年度、4万600本に達し、その半数以上が自殺に起因することが、国土交通省の調査で明らかになった。

 同省は21日、JR東日本や東京メトロなど首都圏の主要12社を集め、自殺防止に有効とされる「青色照明」の検証などを呼びかけた。

 調査は、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で、列車の運休や30分以上の遅れにつながった輸送障害のデータを原因別にまとめた。

 全国の輸送障害は2008年度、07年度から1000本ほど減ったものの、首都圏だけで見ると4400本も増加。首都圏での原因トップは「自殺」で、07年度から2900本増えて2万1100本に上った。自殺に次いで多かった「信号設備などの故障」によるものは7200本だった。

 トラブルそのものの件数は、05年度をピークに徐々に減っており、08年度は前年度より20件少ない679件だった。ただ、自殺の場合、08年度は前年度より19件多い307件となるなど、ほかの原因によるトラブル件数が減る中で唯一増え続けている。

 私鉄関係者は「自殺の場合、発生後の対応に時間がかかり、影響本数が多くなってしまう傾向がある」と話している。

(2009年12月22日 読売新聞)

 真面目な話、鉄道会社がどんな努力をしたところで、根本にある原因を何とかしない限り、飛び込みの数は大して減りはしないだろうね。

 今後も、恐らく増え続ける。

 根本的な原因が日々肥大し続けているのに、小手先で何したって無駄なんだよ。

 では、何がその根本的原因なのか。

 まあ、殆どの人は説明しなくても分かるだろうが、格差と貧困、その固定化。

10年前より200万円も安くなった35歳の年収~『"35歳"を救え』

 若い頃に思い描いていた「35歳」とは、どういう姿ですか? そう問われて本作に登場する35歳の男性の一人がつぶやきます。

 「いまじゃ想像もつかないですけど、間違いなく結婚して、子どもがいて、普通の家庭を築いているんだろうなと」。

 現在、この男性は埼玉県の職業訓練校に通いながら、再就職に向けて準備中。電気工事士、ボイラー技士など彼が持つ資格は15個以上。どれも国家資格や都知事から与えられる正式な資格ばかり。それでも、就職先が決まりません。もともとトラック運転手として働いていた彼は、ビル管理会社に転職。最終的に年収が300万円を切るようになり、再び転職を考えました。付き合っていた女性もいましたが、年収を理由に結婚は断念。今も結婚はしておらず、アパートで一人過ごす日々を送っています。
 
 「団塊ジュニア世代」と呼ばれる現代の35歳。10年前ならば、35歳といえば家庭を持ち、会社で責任あるポストを任され、社会を担っていくはずの存在でした。それが現在では低所得化、未婚化、雇用の非正規化など、不景気のあおりを正面から受けています。本書はNHK「あすの日本」プロジェクトとして放映された内容を再構築したもの。1万人の35歳のアンケートデータから浮き彫りになる、35歳の「現在」をリアルに伝えています。

 たとえば、年収。1997年には平均年収が500万~600万円だったのが、現在は300万円台。10年前よりも200万円は安くなっているのがわかります。35歳時点での出生率は0.86、また正社員の69%の人が、会社に対して不安に思うことについて「収入が増えないのではないか」と回答しています。

 今のままでも十分目を背けたくなりますが、この先20年後の日本は「ゼロ成長」「消費税18%」「医療費の自己負担額は現在の2倍」「失業率10%超」「年金30%カット」など、想像したくもない社会になってしまう可能性があるのだそうです。現在、日本の失業率は5.1%。15~24歳の若者に至っては失業率9.9%と、すでにその予兆は始まっています。

 今後、日本の社会はどこに向かっていくのか――。今年を振り返りながら、2010年を迎える前に読みたい一冊です。

(2009年12月21日 WEB本の通信社)

 アホバカカスヤクタタズロクデナシゴクツブシニートの小泉・安倍信者どもは、昔の日本はもっと貧しかった、格差もあった、などと詭弁を弄する訳だけれど、昔の日本は、それでも歯を食いしばって頑張れば、開けると信じるに足る道が誰にでも見えていた。

 ところが今の貧困層と規定される派遣やパート、バイトの人間というのは、どんなに努力をしても、成果を出しても、決して、何一つとして報われはしない事が確定している。

 某I田N夫や城繁幸あたりが既得権益者と叩く正社員ですらも、明日の自分の姿を思い描く事すらままならず、ただ日々に追われているというのが現状だ。

 そんな正社員の使用者、中小下請けの経営者達にしても、強欲な大忌業に無茶な要求を突き付けられ、精神と肉体、更に私財までを摩耗しながら日々を送っている。

 今日の努力が明日の希望となった、アホバカカスヤクタタズロクデナシゴクツブシニートの小泉・安倍信者どもが「貧しかった」とする戦後の日本と違い、今日の努力が、精神を、肉体を、私財を摩耗する徒労にしかならない現在とどちらが地獄と呼ぶねきものに近いか、余程のアホじゃなければ分かる。

 人はパンのみに生きるにあらず。

 そんな事も分からないバカが増えたのが、今の日本の惨状の最も大きな原因なのかも知れない。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
湯浅 誠
岩波書店
売り上げランキング: 1547
おすすめ度の平均: 4.5
5 貧困について
4 一体,我々はどこに向かっているのか?
5 勝手に貧困3部作 その2 ネットカフェ難民
5 社会のネットワークから排除された者たち
5 抑制が効いてるとも言われるが十分熱い

貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)
門倉貴史+賃金クライシス取材班
宝島社
売り上げランキング: 65981
おすすめ度の平均: 4.5
5 驚愕の書・・全国民必読です!!
5 格差社会は進んでいる
2 真剣に社会問題を考える人は、これをやめて「アメリカ」の方へ
5 日本の悲惨な現状を理解するために1人でも多くの人に読んでもらいたい1冊である。
4 訳あって貧困生活を余儀なくされている人たちのレポート


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
某民放解説員が暫定税率維持をさんざん批判しておいて、最後に法人税収が見込めないからやむを得ない面もある、とさらっと言ってた。

そもそも、好調時は税金対策を許容するくせに、景気悪くなったら払いすぎた昨年度分の還付が認められるなんて、どれだけ厚遇すれば気が済むのでしょう。

最近フジがまともに見えてきた。
異常事態だ。
2009/12/22(火) | URL | みらい #-[ 編集]
自民党マンセーのネトウヨに言わせれば「自己責任」

長かった自民党の劣悪政治から解放されてやっと政権交代

鳩やんには期待してまっせ!
2009/12/22(火) | URL | 愛国者 #nEx7PFYA[ 編集]
結局、ミンス党が包装紙を変えただけでカイカク路線を突き進もうとしているのは明白なので(亀井大臣が必死で食い止めようとはしていますがどこまでがんばれるか・・・。)今後も厳しい事態が続きそうですね。最低自給1000円とかの話はどこへいったんだ?
2009/12/22(火) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
明日、こんなイベントをやってみます。
もしよろしければご参加を。

12月23日天皇誕生日に『天皇論』を買うイベント
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1261384457/
2009/12/22(火) | URL | 、 #-[ 編集]
まあ、民放の解説員なんて、どこの局でもそんなものでしょう。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
バカ鳩は、元々はカイカク論者ですからね。

一応、小沢が無理矢理アタマを抑え付けていると思うのですが、小沢の言っている事の意味もよく分かっていない可能性がありますね、バカ鳩だけに。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1900-dbecb481