FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 終わりの始まり

終わりの始まり
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

鳩山首相四面楚歌状態 ネットも社説も「逆風」

鳩山由紀夫首相が臨時に会見を開き、偽装献金問題について陳謝したが、世論は全く納得していない様子だ。ネット上のアンケートでも「辞任すべき」との声が大半で、新聞各紙の社説を見ても、きわめて厳しい論調が大半だ。鳩山首相を支持する声は少なく、政権基盤は大きく揺らいでいる。

鳩山首相が新政権発足100日目にあたる09年12月24日夜開いた会見では、元公設秘書が起訴されたことについてお詫びする一方、「私腹を肥やしたでは訳ではない」などと釈明、現段階では辞任する考えのないことを明らかにした。

88.3%が「鳩山首相は辞任すべきだ」

しかし、偽装献金の詳細について聞かれると、「分からなかった」を連発。「私にも『なぜ、母が一言も話をしなかったのか』という思いはないわけではない」と、資金提供を行った母親に責任転嫁するともとれる発言すら飛び出した。

これに対する世間の見方は、きわめて鳩山首相に対して厳しいものだ。例えば、ヤフーでは「鳩山首相『辞任せず』どう思う?」という項目でアンケートが行われているが、12月25日の夕段階で6万以上寄せられている回答のうち、70%が「辞任したほうがいい」。「辞任する必要はない」との回答は27%にとどまっている。ライブドアではもっと厳しい結果が出ており、「鳩山首相は辞任すべきだと思う?」との問いに、実に88.3%が「はい」と回答。「思わない」は11.7%だった。

コメント欄を見ても、「これは脱税は罪じゃないって言ってるの?」といった声も多く、鳩山首相が贈与税を支払うと表明したことについても、ほとんど理解は得られていない様子だ。

大手各紙も、鳩山首相に対して厳しい見方だ。各紙の社説を見ただけでも、例えば読売新聞は、「こうした多くの疑問に対して、首相の記者会見での説明は極めて不十分だった。首相は改めて機会を設け、一連の問題の全体像を自ら丁寧に説明すべきだ」と、疑惑の解明が不十分だったことを強調。

そう遠くない時期に厳しい状況に直面する

また、世論の支持が得られなくなった際は辞任を示唆したことについては、

「たとえ世論が続投を許すとしても、違法献金事件と所得申告漏れという重い十字架を背負う」(朝日新聞)「今後、仮に従来の首相説明と矛盾が出てくるようなことがあれば状況はさらに一変するはずだ。その際には首相の進退につながることになると指摘しておく」(毎日新聞)などと、そう遠くない時期に厳しい状況に直面する可能性を示唆している。

日経新聞の社説は、「今回の事件は首相の資質への疑念を強め、指導者としての信頼感を失墜させかねないものだ」とトーンをやや抑え気味。ただ、1面には「資金力よりも指導力を」とのコラムを掲載、野党時代、脱税問題で自民党を追及したことを引き合いに「綸言(りんげん)汗の如し」(一度発した言葉は取り消せない)との言葉をぶつけている。

各紙の社説は、「説明が不十分」という点は一致しているものの、「即辞任」を訴える声は見あたらない。ただし、コラムなどに目を転じると、「故人献金」問題を特報した朝日新聞の記者が、謝罪会見を振り返って執筆した記事で、「首相はこの国の政治に変化をもたらした。その功績は大きい、ただ、主人公はあくまで国民である。たとえあなたが舞台を降りても、政権交代の意義は少しも揺るがない」と書いているのが際だっている。

(2009年12月25日 J-CAST)

 まあ、真面目な話、ネットのアンケートなんざ新聞の世論調査と同じく、信憑性なんて全く皆無な訳ではあるけれど、それを差し引いても、そろそろ、狂っぽー政権は限界だろうと思う。

 圧倒的なまでの低レベルさ、言葉の軽さ、いい加減さに普通に皆が不信感を抱いている。

 支持率は未だ50%を超えている模様ではあるが、あれの信憑性を差し置いても、「取り敢えず支持」とか「何となく支持」みたいなものも含んでいる数字に大した意味は無い。

 低いのは問題だが、高い事には大して意味の無い数字の類だ。

 ついでに言うなら、次の調査あたりで、恐らく普通に50%割るだろうしね。

 さて、問題は鳩が辞任した後、次の話になるのだけれど、無能低能の総合商社であるミンス党に、内閣総理大臣を担えるだけの人材は殆ど残っていない。

 カスゴミの下馬評では謎の組織と日々暗闘している原口一博総務相が本命らしいが、強い者に擦り寄る事と適当な事を口走ってその場を切り抜ける事にしか才の無いあのボンクラでは、鳩よりも短命内閣しなるのは目に見えている。

 前張、オカラあたりが論外である事は、幾ら連中の事を強く批判しないお馬鹿なサヨたんでも、連中が党首を担った時のミンスの絶望的なまでの勝負弱さを記憶出来ているなら、否定は出来ないだろう。

 思想信条の部分でも論外の糞だが、その上に勝負弱いのだから話にもならない。

 菅直人も、未だにプロ市民感覚が抜けきらず、小泉チョン一郎内閣顔負けの超緊縮経済政策を胸の内に秘め、それによる怨嗟の声を官僚叩きで乗り切ろうという卑しくさもしい脳味噌の持ち主であり、とても支持出来る器では無い。

 では、小沢民元主席自身ではどうか。

 こう言ったら何だけれど、今、鳩山由紀夫ことアタマのオカシイ方の鳩が叩かれている「政治と金」の問題に関しては、そもそも、小沢民元主席ほどに真っ黒なオッサンもそうはいない。

 その法的問題、倫理的是非は差し置いたとしても、小沢民を前面に今押し出すのは、はっきりと政党としての自殺行為にしかならないだろう。

 尤も、そんな事は小沢民自身が一番良く分かってるだろうけど。

 痴民党が、失墜の原因にすら気付かず、増税、均衡財政教徒の谷垣を頭に据え、同じく増税、均衡財政教徒の石破をスポークスマンとし、舛添ことハゲや小泉チョン次郎の一部基地外かの人気に縋るような愚行を続けている限りは、いきなり再びの政権交代となる可能性は低いだろうが、それでも、これ以上グダグダのグズグズを続けるなら、その限りでは無い。

 何の道、幾らアホのミンス党とは言え、管ガンスや前張、オカラのような超絶基地外クリーチャー以外は気付いているだろうが、この先、ミンス党政権を最低限の安定に乗せようと思うのならば、国民新党的経済政策と社民党的福祉政策を基本としてやっていく以外にない。

 国民新党や社民党は、確かに少数の弱小政党ではあるが、単なるアホの烏合であるミンスとは違い、それなりに基礎となる思想信条や哲学のある集団だ。

 大体、確かに巨大なミンス、野党第一党である痴民党と比べれば、少数の弱小政党である事は疑うべくもない事実ではあるが、そもそも、ミンスが今回のような議席を確保出来たのは、国民新党、社民党、更には連立には絡んでいないものの、共産党による選挙協力によるところが小さく無い。

 勢い、痴民党の失政によるところも勿論大きいが、その痴民党の失政は兎も角、勢いを作り出せたのだって、国民新党や社民党、更には共産党の協力によるところが大きい。

 この際、下らない、犬の餌にもならない安物のプライドは捨て、いっそ、両党の議員を中心とした内閣、総理もどちらかの政党から出て貰う形で、一からやり直してはどうか。

 その方が、余程に国益に適うと思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

誰がウソをついているのか―増税も改革も必要ない!
森永 卓郎
ビジネス社
売り上げランキング: 337877
おすすめ度の平均: 4.0
4 ハゲタカファンドの親分は政府・日本国家か?
4 構造改革に潜むハゲタカファンドの罠を解説

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 82336
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
確かに、その方が国益にかないます。

しかし、あの、政界のゴミ箱こと民主党が国益にかなうことをするはずもありませんね。
おそロシア。
2009/12/26(土) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
亀井さんやってくれないかなぁ
2009/12/26(土) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
そういう声が上がるのを見越してちょっと前からマスコミは「社民や国民が支持されたわけじゃないのに調子に乗るな」「民主党はあんな少数政党に振り回されてどうするんだ」キャンペーンをはじめてますね。国民も乗せられ始めてる感じします。

まあ次の総理は小沢が支持した人でしょうけど、誰になろうと参院選で勝たせたら間違いなく連立切り捨てると思うので勝たせたくないのですが自民があれじゃ・・

二大政党制はやっぱりダメですね。両方に失望したとき最悪の政治不信だけが残る。
2009/12/26(土) | URL | 井上希美 #-[ 編集]
>「社民や国民が支持されたわけじゃないのに調子に乗るな」「民主党はあんな少数政党に振り回されてどうするんだ」キャンペーン
自公政権時代は、創価の狗と成り下がって、創価の言う事をへぇこらと聞いていた自民党のときに、そんなキャンペーン展開はしなかったのに、全く調子のいい連中です。
さすが「スポンサー様の方しか向きません」でお馴染みのゴミ共です。

国益を考えたら、亀井静香内閣の発足こそが最も良いのですが、そうなれば同盟国ヅラしているあの国が黙っちゃあいないでしょうね。
連中の思い通りに運んでいた事が、全て水の泡になりかねませんからね。
2009/12/27(日) | URL | 諸行無常 #sqCyeZqA[ 編集]
反米反中反共反新自由主義保守タカ派

が政界に足りない。
2009/12/27(日) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
>>02:42の方
故・中川昭一氏辺りはそんな感じだったんじゃないですかね。
2009/12/27(日) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
まあ、残念ながらしないでしょうね。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
現状では、それが一番ベターだと思います。

難しいでしょうけど。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
二大政党制は、最悪のシステムですね。

米英の悲惨さをみてると、そう結論づけざるを得ません。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
寧ろ、狡冥党の意向を気にしているくらいでしたからね。

本当、ご都合主義な連中です。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
4番目の名無しさんも仰ってますが、故中川昭一氏は、かなり近いところにいたと思いますね。

残念な事になってしまいましたが・・・
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
同意です。
2010/01/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1904-58da275a