FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ浪人徒然草 → 浪人徒然草 和を以て、貴と為せ

浪人徒然草 和を以て、貴と為せ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 Winnyによる情報の流出、日航による不適切な航空機の整備、次々と浮き上がってくる耐震偽造建築物、国益を考えない企業の違法輸出。

 あまりにも義務責任といった概念が、希薄になりすぎてきている様に感じます。

 これもやはり、あまりにも自由権利といったものを、重要視し過ぎてきた戦後教育の弊害であると考えて、まず間違いは無いであろうと思われます。

 確かに自由権利といったものは、民主主義社会において最重要な概念であり、これを否定してしまえば、支那北朝鮮の如き、凡そ人の世とは思えぬ地獄が出来上がるであろうことは間違いありません。

 しかし自由には必ず責任権利には義務といったものが対になっているものであり、この事を自覚出来ていない者が、あまりにも多すぎるように感じるのは私だけでしょうか。

 責任なき自由義務なき権利などといったものは絶対に存在などせず、それは単なる我侭に過ぎないという事を教えてこなかった、阿呆の日教組どもの責任はあまりにも大きいと言えるでしょう。

 1人1人が思うがままに、他者の存在を考える事無く行動すれば、それは自由社会などではなく、単なる無秩序な世界であると思えます。

 人間が集団で生活し、社会というものを形成する以上、秩序というものは絶対に必要なものである事は、わざわざ私ごときが言うまでの事でもないでしょう。

 阿呆の日教組の阿呆な話を聞いて育ってしまった人間は、秩序イコールであると考え、さえ犯さなければ何をしても良いと考えてしまうのかも知れません。

 しかし法律社会を形成する上で、これだけは守らないといけないという最低基準であり、を犯さなければ正義であるという考えは、間違いであると言えます。

 社会とは自分だけでは無く、1人の自分と多数の他者とによって成り立っているものであり、他者の存在を忘れた所に社会というものは成り立ちません。

 故に自己を戒め、他者を思いやり、和を重んじる。

 そこに初めて、自由権利といったものが発生するのであると私は考えます。

 どんなに立派な教育が行き届いた社会であろうとも、そこから逸脱する人間は必ず出てくるのかも知れません。

 しかし、常にとはいかなくとも、何かをする時、ほんの一瞬でもいいから他者の立場になって考えてみる。

 1人1人がそうする事により、必ずや今より住み良い社会が形成されていくものであると思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景
楊 素秋
桜の花出版 (2003/12)
売り上げランキング: 2,131
おすすめ度の平均: 4.65
5 日本人に生まれてきて良かった
5 「日本人はとても素敵だ!」と現在形でいわれる日本にしたいと思った
5 日本人について考えよう

聖徳太子 (1)
聖徳太子 (1)
posted with amazlet on 06.03.27
梅原 猛
集英社 (1993/04)
売り上げランキング: 60,587
おすすめ度の平均: 4
4 聖徳太子(1)


PR情報
資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/192-86df1e3c