FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 回帰

回帰
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

たばこの次はアルコール、広告など規制 WHOが指針案

 【ジュネーブ=橋本聡】世界保健機関(WHO)は、アルコールが健康や社会に与える害を防ぐための規制指針案をまとめた。酒類メーカーの広告やスポーツイベントのスポンサーになることの規制、安売りの制限などを含む。20日のWHO執行理事会で合意される見通しだ。

 具体化は各国の自主性に委ねるが、WHOがたばこに次いで対策に乗り出すことで、アルコール害への意識が国際的に高まるとみられる。

 この指針は「アルコールの有害な使用を減らす世界戦略」。WHO事務局案は「年250万人の死因に関係する」と警鐘を鳴らす。

 本人の健康だけでなく、交通事故や暴力、自殺などにも注目。とくに若者への悪影響を心配し、広告や販売のあり方を改めるべきだとして、コストを下回るような安売りや飲み放題を禁止または制限するよう求めている。

 未成年者に酒を買いにくくする措置も呼びかけている。日本で普及している自動販売機なども規制対象になりそうだ。課税や最低価格制による酒の価格引き上げが「最も効果的」とも述べている。

 指針は、WHO加盟国への法的拘束力は持たない。各国は地域性や宗教、文化などに合わせて対策を選べるが、その進展について定期報告を求められることになる。

 「世界戦略」づくりは2008年のWHO総会で決まった。議論には加盟国だけでなく、NGOや酒業界も加わってきた。執行理事会の後、5月のWHO総会で採択される見通しだ。

 WHOは1980年代、「健康への脅威」として、たばこ規制に乗り出した。米国でたばこ会社に賠償を求める裁判が相次ぎ、広告規制や価格引き上げにつながった。

 アルコールをめぐる議論は、「たばこ規制枠組み条約」が採択された2003年ごろから勢いづいた。日本でも、ビール業界がテレビCM自粛に動いている。

     ◇

■「アルコール世界戦略」案の対策例

・小売りする日や時間の制限

・酒の広告内容や広告量、メディアの規制

・スポーツ・文化イベントのスポンサー規制

・若者を対象にした販売促進の禁止や制限

・値引き販売、飲み放題の禁止や制限

・アルコール課税、最低価格の導入

・非アルコール飲料への価格誘導

(2010年01月18日 朝日新聞)

 この次は菓子やファーストフードあたりだろうかね。

 そうして、欧米的、キリスト者的価値観にそぐわないモノは次々と規制され、中世以前の、教会の価値観が世界を規定する時代が再来する訳だ。

 こんなのに乗っかる奴って、マジでアタマおかしいね。

 別に、本人のタバコ嫌い、酒嫌い、菓子嫌い、他にも肉食嫌いなど何でも、そんなのは個人の趣向だしどうでもいい話な訳だけれど、自分がそうだからって、それらを社会的に抹殺しようだとか、狂ってるとしか言えない。

 クジラを神の如く崇め奉り、捕鯨船を襲撃しまくっている何処ぞの海賊と同レベル。

 大体、何でもかんでも規制、規制とやっているけれど、過去の日本という国は、そういったもの、キリスト者的価値観の絶対信奉者どもが悪と規定するモノを規制など全くしていなかったにも関わらず、犯罪発生率はブッチギリで低かった。

 にも関わらず、アタマのイカれた欧米絶対主義者どもの讒言に乗せられ、犯罪率の高い基地外国家の真似っこをして何でもかんでも規制した結果、犯罪率は鰻登り。

 別に、日本には何の問題も無かったとか、そこまで言うつもりは無いけれど、もっともっと低レベルでアホの国の真似をわざわざして、どんどんと国家としての質を落とすなんて、アホとしか言えない。

 欧米の白塵なんざ、ただ単に地理的有利に恵まれたのと、人種的にパワーゲーム的なものが得意だっただけの話で、別に、特別に優秀な訳でも、まして、何か倫理道徳的に優れた存在でも無いという事に、世界は何時になったら気付くのだろうか。

 勿論、良い部分もある訳だから、そこを参考にするのはいいと思うけれど、何でもかんでもアイツらの真似をしたところで、何一つ良い事なんて無いと断言出来るね。

 いい加減、世界は欧米コンプレックス、白塵コンプレックスから脱却すべきだ。

 そこから、次の時代が始まる。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006)

イーストプレス
売り上げランキング: 107393
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人覚醒の書
5 コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
5 日々起こっていることの裏を観る。
5 現状を知ることが大切。
5 衝撃

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
堤 未果
岩波書店
売り上げランキング: 2180
おすすめ度の平均: 4.5
4 衝撃的な内容
5 なぜアメリカ人にはデブが多いのか
5 勝手に貧困3部作 その1 アメリカ
5 私たちにできること
5 2010年以降に この事実を知っておく必要を感じた


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1927-ea39c175