FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ教育 → イカれた二誌の新聞は、千丁の銃剣より恐ろしい

イカれた二誌の新聞は、千丁の銃剣より恐ろしい
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

『君が代』反対元教諭は『強制の怖さ気付いて』

 東京都立板橋高校の卒業式をめぐり、威力業務妨害罪で起訴された元教諭の藤田勝久被告(64)に対する論告求刑公判が二十三日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役八月を求刑した。家宅捜索まで行われたが、実際に卒業式が遅れたのはわずか数分。因果関係すらはっきりしない。事件後、都教委の締め付けは厳しさを増す。判決は五月三十日に下されるが、その行方は-。 (市川隆太、田原拓治)

 ■「コピーを配布 混乱なかった」

 検察側の「式を妨害した」との主張に、藤田さんはこう反論する。

 「卒業生入場の前、保護者が手持ちぶさたにしている間に、(日の丸・君が代強制を取り上げた)週刊誌のコピーを配ったが、隣の人に回してくれるなど皆さん協力的で、用意した二百部では足りなくなったほど。混乱などなかった。(校長らが)止めたのにもかかわらず配布したとされたが、その時、校長は来賓を接待していたんですよ」

 「保護者の皆さんに『国歌斉唱の際は、できたら着席してほしい』と話していたら、教頭が『やめろ』と二の腕をつかんできた。その時『触るんじゃない』と言ったかどうか記憶がないが、『もう終わったよ』と言ったら教頭は苦笑いしていた。その直後、校長が来て『出て行け』と言ったので、(出口に)歩きながら『なんで追い出すのか』と抗議したが、検察は、これをもって『喧噪(けんそう)状態をつくり出した』と主張している」

 藤田さんは「都教委と学校長が板橋署に出した被害届は『建造物侵入等』だったという」と話す。来賓の元教諭に建造物侵入容疑が成り立つのだろうか。

 「卒業式の前、私が三年生の各クラスを回っていたことを指しているのかもしれない。『君たちには内心の自由があるんだ』という話をしたクラスもあったが、『頑張れよ』で終わったクラスもあった。でも、国歌斉唱の際に卒業生の九割ぐらいが着席し、その後、教師たちが次々と指導主事に調べられたというから、見せしめが必要だったんでしょう。元教師(藤田さん)が扇動したということにしたかったのではないか」

 「でも、ある卒業生は『自分たちの意志で着席した』と実名で新聞に投書している。生徒たちは自分たちで選んだ『旅立ちの日に』という歌を、全盲の生徒のピアノ伴奏で合唱するなど、(君が代斉唱)推進派の来賓都議もほめたほど、式は整然と進んだのです」

 「君が代」と言ったり「国歌」と言ったりする藤田さんは、どうやら“組合の闘士”ではなかったらしい。「校長と交渉するためには組合は必要。でも、組合幹部は好きじゃない」と笑う。「君が代の“君”が“あなた”だというのなら、私はいいと思う。卒業式で起立しなかった生徒たちも、サッカー応援では、ほっぺたに日の丸を書いている。君が代も歌いたければ歌えばいいし、歌いたくない人に強制すべきでもない」

 ■威力業務妨害罪警察官僚も疑問

 今回の事件で、被害届が出された直後、ある警察官僚は本紙記者に「都教委は石原知事の意向をくんで、警察に話を押しつけたいのではないか。卒業式が五分遅れただけで威力業務妨害なんて、おかしい」とも話している。

 ■参列した保護者検察側証人なし

 藤田氏は、こう危惧(きぐ)する。「推進派の人々は、日の丸や君が代を通じて、教師や生徒を統制したいのではないか。今や『国歌の適正な実施』が都教委の最大目標とされ、いじめ問題解決などは脇に追いやられている。日の丸が、君が代が、ということより、私が反発するのは、そこです。校長は気に入らない教師を一年で異動できるようにもなった。(都教委が本店で)学校は支店。学校長が支店長で、教員は上から決められたことをやらされる。これは、ファッショじゃないですか。ファッショはまず、学校から始まるのではないでしょうか」。その上で、「参列した保護者のうち一人として検察側証人として出廷しなかったことに感激しました」と付け加えた。

 では、かつての教え子たちは、教員時代の藤田さん、さらに事件をどうみているのだろう。

 藤田さんは社会科担当で、かつては野球部の監督なども務めた。

 都立向島商時代に藤田さんが担任を務めた吉川哲也さん(45)=足立区、洋菓子店経営=は「先生が担任でなかったら、たぶん卒業できなかった」と振り返る。

 「当時、私や仲間はやんちゃで問題生徒。毛嫌いされてる先生が担任になりそうだった際、藤田先生が率先して担任を引き受けてくれた。『オレでなきゃ、辞めちゃうだろう』って」

 実際、吉川さんは不登校気味だったが、藤田さんは毎朝、家へ迎えに行って通わせた。同級生が通学途中、禁止されていたバイクで事故を起こしたこともあった。校長に知られれば「まず退学」(吉川さん)だったが、藤田さんの段階で「止めてくれた」。

 「杓子(しゃくし)定規に考えれば、校長に連絡して処分というのが、正しいのかもしれない。最近の先生なら、そうするだろう。でも、先生は若い芽を摘まなかった」

 熱血漢で声が大きく、ぶっきらぼう。それでいて、生徒に一度も手を上げたことはなかったという。事件については「私は君が代を歌うタイプ。でも、歌う、歌わないを強要するのはおかしい。要は先生の『左寄り』が気に入らないとか、来賓の都議が恥をかかされたとか、理由にならない理由でしょ」とみる。

 「先生に『もう退職してるんだし、一つくらい前科がつくのも勲章』と励ましてやった。最初は元気がなくて心配だったからね」

 もう一人、板橋高OBの教え子はこう話す。

 「大学は働きつつ夜間に通っていたんですが、病気をして最終学年では学費が払えなかった。それを聞いた先生は、退職していて余裕もなかったろうに三十万円をポンと貸してくれた。頑張れとか、お前のことを思っている、とか言葉だけならだれでも言える。しかし、藤田先生はいつもそれを行動で示す人だった」

 学校式典での日の丸、君が代での起立、斉唱は「内心の自由」だった。だが、東京では「国旗掲揚、国歌斉唱の適正実施」を柱にした二〇〇三年の都教委「10・23通達」で崩された。通達は職務命令に等しい。都立校では、不起立などを理由に停職や戒告、減給など教員三百人以上が処分されている。

 ■「生徒への強要」都教委の本音か

 今月十三日には、「生徒への指導を教職員に徹底するよう」命ずる通達(3・13通達)が出され、教員だけでなく、生徒が不起立の場合にも教員が懲戒処分される危険が高まった。「生徒への強要」という都教委の“本音”が垣間みえる。

 都教委は通達を「学習指導要領に基づく」と繰り返すが、東京大学の小森陽一教授は「憲法九九条は公務員の憲法順守を義務付けており、その憲法は思想良心の自由をうたっている。学習指導要領で拘束する論理は本末転倒だ」と話す。

 「3・13通達は、生徒の思想良心の自由を直接奪おうとするもの。もはや、都立高校は教育の場でなく、国家の思想を貫くための訓練、調教、監視と処分の場になり下がった。その過程で、生徒の思想良心の自由を守ろうとしたのが藤田さんだった。彼の行動のどこが犯罪だというのか」

 ◆メモ <板橋高校事件>

 2004年3月、都立板橋高校の卒業式で、来賓として出席していた同校元教諭、藤田勝久被告が「君が代」斉唱強制に反対し、保護者に着席を呼びかけるなど、混乱を招いたとして、威力業務妨害罪で起訴された。論告で、検察側は「自己の主張を満足させる目的で、式の円滑な進行を妨害した」と主張。弁護側は「被告の発言は開式前で威力業務妨害にはあたらず、公訴権の乱用」と無罪を主張。


(2006年3月25日 東京新聞)


 天下の朝日新聞をも凌駕する、東京新聞による会心の電波記事です。

 何を如何考えてもこの元教員は、生徒や保護者を煽って式典の進行を妨害したようにしか思えず、その言い分も自己欺瞞に溢れた詭弁にしか思えないものです。

 卒業式の前に各教室を回って式典の進行に従わなくても良いと言い、当日には国歌斉唱時には着席するよう保護者に依頼し、止めるよう注意した教頭に暴言を吐き、出て行くよう促した校長に抗議。

 ここまでやって威力業務妨害でないとしたら、一体何をすれば威力業務妨害というのか、私にはさっぱり分かりかねます。

 この東京新聞の言い分だと、この元教員は過去、生徒に好かれた良い教員だったから、多少の事は大目に見ろと言っているように感じられます。

 確かにこの教員は、在職時に生徒に好かれた良い先生だったのかも知れませんが、だからといって何をしても良いということにはならないでしょう。

 そんな無茶苦茶な言い分が通ったら、法治国家などというものは成り立たなくなるでしょう。

 この教員は「内心の自由」に基づいて、このような愚行を犯したと言っているようですが、「内心の自由」というものは、個人の範囲内において認められているものであり、それを他者に強要したり、式典のような公の場において主張したりすることなど普通は認められません。

 極一般的な社会人であれば、その職務内においては個人の「内心の自由」よりも、組織のルールというものが優先されるのは仕方が無い事であり、それが嫌ならば組織を辞めるのが普通です。

 ましては国家公務員ならば、個人の主義・主張よりも国家の益を考えて行動するのは当然であり、それに疑問を呈するような人間が国家公務員になるべきではないと思うのは、私だけではないものであると思います。

 国家公務員国家の意向に従う事をファッショと呼ぶのであれば、世界に存在する国家という国家は全てファッショであり、この世界はファッショに支配されているということになります。

 そもそも教員にしろ生徒にしろ、学校という集団の場に入る以上、ある程度統制を受けるのは当然の事です。

 それを否定するという事は、校則というものも否定する事になっている事に、この元教員も東京新聞の記者も気付いていないのでしょうか。

 秩序を守る為のある程度の統制すら否定してしまえば、人間社会というものすら否定する事に繋がりかねません。

 全ての人間が「内心の自由」を掲げて好き勝手な行動をする、すでに社会とは呼べないような世界が、この教員の理想の社会なのでしょうか。

 教員とはいえ1人の人間である以上、個々人の主義主張がある事は分かります。

 しかしそれを集団の場において、好き勝手に主張するような事は自由とは呼びません。

 この元教員にはもう一度、自由責任権利義務というものをきちんと考えて頂きたい。

 それと東京新聞朝日新聞共々、日本の未来の為に早く潰れて頂きたいと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

いいかげんにしろ日教組―われ「亡国教育」と、かく闘えり
松浦 光修
PHP研究所 (2003/10)
売り上げランキング: 25,471
おすすめ度の平均: 5
5 三重県の就学児童の親はとにかく一読を

戦後教育で失われたもの
森口 朗
新潮社 (2005/08)
売り上げランキング: 4,880
おすすめ度の平均: 3.83
5 「左翼全体主義」が最も如実に反映された「戦後教育」
4 全ては教育から
5 「学校事務」の現場にいたからこそ見えた、真実の書


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ネットで借りて、ポストへ返す。宅配DVDレンタルサービス
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>東京新聞は朝日新聞共々、日本の未来の為に早く潰れて頂きたいと思います。


同感です、

安心して読める新聞が欲しいですね、

中日新聞(スポーツも)や岐阜新聞も変です、かなりおかしいですよ!
(岐阜新聞は取引相手先に電通がいるからか?)


ずっと以前から、新聞社があまりにも熱心に、子供の教育には新聞の切り抜き学習がいい、海外でもしている、など宣伝するので何か引っかかっていたのですが、、、、

要するに子供を洗脳しようとしていたのですね。


ネットの時代が来てほんとうによかった。



2006/03/27(月) | URL | A #i1jUUG.6[ 編集]
「新聞の中に唯一、真実を含むものがある、広告だ」とは、米第3代大統領トーマス・ジェファーソンの言葉ですが、現状の日本においては、まさに真実であると言えるものかも知れません。

人権擁護法案なる、ネットの世界にすら及びかねない言論弾圧が、制定されてしまうその前に、日本人は急いで、正常な感覚を取り戻す必要があると思われます。
2006/03/27(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/193-69a1655e