FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → MEISO

MEISO
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

普天間移設問題 平野官房長官、「地元の合意が得られなくてもやむなし」の認識示す

普天間移設問題をめぐり、今度は平野官房長官が「火だるま」となった。平野官房長官は「市長選の結果はしん酌しない」という25日の問題発言の火消しをする間もなく、26日は、「地元の合意が取れないと進めないのか」と、火に油を注いだ。移設先はどこなのか、鳩山政権の迷走は続く。

自民党の大島幹事長は「『おごるな民主党、おごるな鳩山政権!』と言いたいのであります」と述べた。

社民党の照屋寛徳議員(沖縄)は「けしからんどころか、ぶん殴りたい!」と述べた。

飛び交う厳しい批判の発端は、名護市長選で辺野古移設反対派が勝利したことを受けての平野官房長官の「しん酌してやらないといけないという理由は私はないと思っています」との発言。

「名護市の事情や心情をくみ取る理由はない」とも受け取れるこの発言。

平野官房長官は、選挙は民意の1つとしているものの、地元・名護市民からは「大変怒ってますよ。沖縄の人をばかにしてるんじゃないですか」、「命がけでこういう選挙をね、勝ち取ったわけだけども、あれにはわたし憤慨しております」などいった声が聞かれた。

また、辺野古移設反対を掲げ当選した稲嶺名護次期市長は「これまでの名護市の環境と、選挙後の環境というのは、やっぱり変わってきてるんでね。その辺りはしっかりと受け止めていただきたいなと思いますね」と述べた。

さらに、与党からも苦言が相次いだ。

国民新党の亀井静香代表は「官房長官は、キツネとタヌキを掛け合わせたような男だからな」と述べた。

社民党の福島瑞穂党首は「社民党とすればですね、辺野古の沿岸部に海上基地を造るという選択肢はなくなったというふうに思っております。ぜひ、しん酌してもらいたいと思います」と述べた。

「しん酌する理由がない」とした官房長官発言だったが、2週間前、鳩山首相は「名護の市民の思いというものも『しん酌』をしながら、最終的な結論というものを...」と述べていた。

鳩山首相は、「名護市民の思いをしん酌する」と正反対の方針を示していた。

国会では、迷走する政府を野党が追及した。

自民党の舛添要一前厚労相は「二転、三転、四転、五転と変わったら、何が真意なんですか?」と述べた。

これに対し、鳩山首相は「二転、三転しないように、慎重に検討を進めているということでございます」と答えた。

さらに舛添前厚労相は「県外(移設)と言ったり、辺野古が生きているということも含ませておっしゃいましたけれども、それが一番のこの混迷の源になっているんじゃありませんか?」と述べた。

普天間移設のぶれをめぐって、鳩山首相は防戦一方だった。

一方、アメリカのクローリー国務次官補は「鳩山政権は5月までに決めると言っている。(現行案の方針を)変えるつもりはない」と述べ、辺野古移設の方針を変えない態度を明確にした。

そんな中、平野官房長官は5月末までに、移設先の合意が取れるかについて、「理解を求めていかなければならん、私はテーマだと思っております。(しかし)合意が取れないと物事が進められないものなのか」と述べ、「地元の合意が得られなくてもやむなし」の認識を示した。

しかし、岡田克也外相は「地元をまったく無視するよな印象を与えますので、表現を気をつけなければならないと」と述べた。

鳩山首相は「どのような趣旨で官房長官が申したのかわかりませんが、そんな強引なやり方ではなくて、理解を求めるように、当然、行いたいと思っています」と述べた。

閣内でもしん酌できない鳩山政権は、さらなる「漂流」を始めた。

(2010年01月27日 FNN)

 迷走に迷走を重ねているバカミンスな訳だけれど、この問題で対応を間違うと、ぽっぽ首相は勿論として、ミンス党政権そのものが消し飛ぶと思う。

 まあ、そのくらいに重要な問題だからこそ、バカで短絡的な筈のミンスでさえ、迷いに迷ってブレにブレ、これぞ迷走の見本、と言えそうな程の迷走を重ねているんだろうけれどね。

 ただ、カスゴミ一派は平野っち一人の暴走と位置付けているみたいだけれど、平野官房長官が口にしている事の方が、首相であるぽっぽの真意に近いと思われる。

 平野博文と言えば、ぽっぽの側近中の側近な訳で、何の考えも無しに、ぽっぽの言っている事と正反対の事を軽々しく口にするとは、如何にバカミンスの議員ちゃんと言えども、可能性はかなり低い。

 やはり、本当はぽっぽが口にしたいと思っている事を、代弁していると見るべきだろう。

 それでは上手く行かないという事は分かってはいるのだけれど、だからと言ってどうしたら良いかも思い付かず、取り敢えず官房長官に観測気球をあげさせている。

 いや、官房長官が勝手にやっているのかも知れない。

 どちらにしても、本当に、どうしようもない程に判断力も決断力も無い、情けない首相閣下だ。

 分かってはいた事だけれど、ぽっぽ個人の能力、資質は、精々はアベヒョン、もとい安倍晋三と同程度といったところだろう。

 小沢民元主席がぽっぽを後継に選んだのも、小泉チョン一郎がアベヒョンを後継に選んだのと同じ理由だろうし。

 御輿は軽くてパーが良い、てね。

 まあ、その考え方を全否定するつもりは無いのだけれど、チョン一郎が、アベヒョン大センセーの余りの無能さ、空っぽさ、つまりはパー具合の余りに躓いたように、このまま行くと、ぽっぽの余りの無能さ、空っぽさ、つまりはパー具合の為に躓く事になると思われる。

 そろそろ、首を挿げ替えるか、それとも、最終最後の手段として、引退覚悟で自分自身が最前線に出張ってくるか、覚悟を決めて行動した方がいいんじゃないだろうか、と思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

米軍再編と沖縄の基地―国外移転こそ民衆の願い
山内 徳信
創史社
売り上げランキング: 234608
おすすめ度の平均: 5.0
5 基地問題に正面から立ち向かった人が書いた本です。

これが沖縄の米軍だ―基地の島に生きる人々
長元 朝浩 石川 真生 国吉 和夫
高文研
売り上げランキング: 448358
おすすめ度の平均: 4.0
4 今こそ安保を考える時期


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
安倍元総理は、総理になる事が15~20年早かった様ですね。
2010/01/27(水) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
沖縄の基地問題を純粋に軍事的観点から述べてる人ってみかけませんね。経済振興とか反基地運動等をからめるから問題がややこしくなっている(ようにみえる)と思うのですが。
2010/01/27(水) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
いや、100万年経ってもアレは駄目でしょう。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ウヨもサヨも、基本的には害国の代弁をしているだけですからね。

ついでに言うと、あの手の団体的には、ややこしくなる方がカネになりますから。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1936-248c6edb