FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → Japanese Enterprise

Japanese Enterprise
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

トヨタ、中国でもリコール・アクセルペダル問題で約7万5000台

 [北京/東京 28日 ロイター] トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)は28日、中国でアクセルペダルに不具合が発生する可能性があるとして、中国合弁の天津一汽トヨタで昨年3月以降に生産されたスポーツ多目的車「RAV4」7万5552台のリコール(無償回収・修理)を実施すると当局に届け出た。

 トヨタ側は、米国で不具合の発生した部品と同種の部品が使われているためと説明している。

 北米や欧州で実施するアクセルペダルのリコールが中国にも拡大することで、品質への懸念が広がれば、業績回復に水を差すリスクもありそうだ。

 トヨタは21日(米国時間)、米国で販売された小型車「カローラ」などのアクセルペダルの戻り方に問題があるとして、約230万台を対象にリコールを実施すると発表。リコールに絡み「カムリ」など8車種の生産・販売を一時停止することも決めたほか、カナダでも27万台のリコールを行う。欧州でもリコールを行うと28日に発表したばかり。

 これとは別に、トヨタは27日(米国時間)、フロアマットがアクセルペダルに引っかかる可能性があるとして、昨年12月から米国で進めていた自主回収の対象車数を約109万台追加した。これにより回収対象車数は約426万台から535万台に膨らんだ。

(2010年01月28日 ロイター通信)

 真面目な話、クルマに限らずだけれど、日本製品の強みというのは、日本国において、日本人労働者が、日本製の部品を使って作っているからこそ、成り立っていたという部分が大きい。

 これは、奢りでも何でも無く、厳然たる事実。

 当然、トヨタ一社だけの話では無く、下請けの部品会社なども含めて。

 それを、日本企業という看板さえあれば品質を維持出来ると勘違いしたのか、もしくは、日本製品の強みというものを全く理解出来ていなかったのか、目先の利益のみを追求し、それを徹底的に無視した挙句、ダメリカどころかチュウゴク、あのゴミとガラクタと廃棄物を世界に散蒔いているチュウゴクからすらも、リコール騒ぎを起こされる始末。

 無様で、惨めで、同情の余地すら無い。

 で、どうするのかと思えば、こんな真似。

部品製造の米社に補償請求へ=リコール原因のアクセルペダルで-トヨタ

 トヨタ自動車は28日、北米や中国で販売した乗用車の大規模なリコール(回収・無償修理)で、原因となったアクセルペダル部品を製造した米部品メーカーCTSに、リコール費用に応じた一定の補償を求める方針を明らかにした。今後、欧州で販売した200万台前後の車についてもリコールなどの措置を取るため、費用総額がある程度固まった段階で具体的な交渉に入る。

 問題が見つかったのはCTSが設計・製造した「フリクションレバー」と呼ばれるアクセルペダルの付け根にある部品。ペダルを踏み込む動作の繰り返しですり減った個所に、暖房の使用で結露が生じることで抵抗が増し、最悪の場合は踏み込んだペダルが戻らなくなる恐れがある。

(2010年01月29日 時事通信)

 これでまあ、上手く行けば多少の損を取り戻す事は出来るかも知れないけれど、失った信用は戻らない。

 部品メーカーの所為であるにしても、最終的に「トヨタの車」として販売する以上、顧客はトヨタに管理監督責任を求めるから。

 まあ、取り敢えず言える事としては、海外で、外国人の労働者を使って、外国製の部品を使ってクルマを製造し、挙句にダメリカどころかチュウゴク、汚物と毒物を世界に撒き散らかしているチュウゴクからすらもリコールくらっているトヨタのようなアホ企業は、今すぐ、即刻、日本企業を名乗るのは止めて欲しい、という事。

 常日頃から「出て行くぞ」と繰り返し喚いている事だし、これを機に、本社機能ごと丸ごとすっきり、日本から出て行って欲しいものだと思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

トヨタの闇
トヨタの闇
posted with amazlet at 10.01.29
渡邉 正裕 林 克明
ビジネス社
売り上げランキング: 90629
おすすめ度の平均: 4.0
5 トヨタの闇は深い!
5 絶望感と虚無感。
5 トヨタの真の価値がもうすぐ分かる
4 マスコミすら操作できる恐ろしさ
5 よくぞ出た☆

あなたの知らないトヨタ―利益1兆円のもとで何がおきているのか
伊藤 欽次
学習の友社
売り上げランキング: 239358
おすすめ度の平均: 5.0
5 トヨタの真髄は派遣の使い捨て
5 トヨタ高収益の秘密


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
中国に魂を売った挙句やることなすことも作るものまで同レベルになったということですね。
2010/01/29(金) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
まあ予想されたことではあります。何故日本車が世界を席巻したのか、何故アメ車が落ちぶれていったのか、ちょっと考えれば判りそうなものなのに…。
メインテナンスフリー、すなわち何もする必要がないということが最大の売りだったのに…、何を勘違いしたのか、それが設計の優秀さだと思っちゃったんでしょう。実際は、末端労働者の誤差(組み付け、測定など)を最小にしようとする意欲に支えられていたにもかかわらず。
若い人には理解できないと思いますので、もう少し詳しく説明します。設計段階で許容誤差範囲というものがあります。許容誤差範囲内であれば製品としては全く問題ありません。ないのですが、より良い製品を造ろうとすれば、少しでも誤差を小さくすべく努力したものでした。それが日本車の信頼性につながったのです。
よい車を作れば売れる、確かにそうでしょう。でも、いったい誰が造っているのでしょう?
2010/01/29(金) | URL | 市川パンチョス  #-[ 編集]
今回の民主党の支持層の一つに、トヨタの労組もいますが、中国からも拒絶されましたか。

それはともかく、下請けは脱自動車を真剣に考える時が来たと思います。

一時的には、自動車会社が不振だと流れてる資金も仕事も多いため、経済に大ダメージ受けると思います。

しかし販売に至るまであのやり方は、長期的には維持するのに難しいでしょう。
心を入れ替えて、考え方を自動車業界は改めればいいのですが。

やり方替えるだけで中身は同じとか、ただやり過ごせばいいとか考えてるならば、後々手痛いしっぺ返し喰らうと思いますよ。

加藤智大の事件でも、徐々に精神が病んでしまうような働かせ方も遠因にあると思います・
2010/01/29(金) | URL | ロン #-[ 編集]
実際、かなり近付いているでしょうね。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
そういう事を考えられるだけの人間が、企業の経営陣からいなくなってしまった事が、今の日本の惨状の原因の一つでしょうね。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
そろそろ、本気で心を改めないと、自動車業界自体が危ないと思うのですが、そういう危機感すら無いとしたら、本気で終わりでしょうね。

ヒュンダイやタタモーターズ、第一汽車あたりと並んで二束三文で売買される未来も、そう遠くはないでしょう。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1938-bcf32ac0
★はじめに:管理人〔しーたろう〕からのお願い!!!★ 〔お願い1〕外国人参政権阻止活動を広めたいので、このブログの人気ブログラン...
本日は、初めていちたろうさまのお手紙を紹介いたします。