FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 虚人たち

虚人たち
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

進次郎氏が龍馬になる 長崎で反撃のろし

 自民党の小泉進次郎衆院議員(28)が3日、坂本龍馬ゆかりの長崎市で、民主党へ反撃ののろしをあげた。地方選挙初応援で、4日告示の長崎県知事選(21日投開票)の党県連支援候補をPR。「言ってることとやってることが違う今の政治を変えるため、皆さんの支援が必要だ」とド迫力で呼び掛け、龍馬像との初対面も実現。参院選に向けた「全国行脚」デビュー戦でもあったが、行く先々で人垣ができ、握手攻めの大人気だった。

 進次郎氏は、党が支援する中村法道氏の応援で、長崎市内5カ所でマイクを握った。言葉にはいつになく激しい怒りを込めた。「昨年の政権交代で長崎は自民党が全敗した。無駄遣い、天下り、クリーンさを感じない自民党的な政治に、皆さんはNOを突きつけた。でも、今の民主党は皆さんが求めた形ですか」。そう問いかけ、民主党攻撃を始めた。

 「相手(民主推薦)候補は(党が)『脱官僚』といいながら元官僚。小沢(一郎)幹事長が集めた金で選挙をしている。小沢さんは疑惑に十分答えず、全国を選挙で回っている。まずは説明でしょう。私は違和感を感じる。言っていることとやっていることが違う」と指摘。「長崎に来たのは、こういう(民主党の)政治に対し、反撃ののろしをあげてほしいから。私は無力で応援しかできない。皆さんが反撃ののろしをあげる選挙だ」と、最後まで攻撃は緩まなかった。

 長崎訪問は初めて。龍馬が刀傷をつけた部屋がある「史跡料亭 花月」の近くでは途中、丸山公園に立ち寄った。昨年11月、完成した龍馬の銅像を見上げると、幕末、変革へ燃えた志士に思いをはせた。「龍馬は私とほぼ同じ年で脱藩し、これからの日本を明るくしようと活動を始めた。力をもらえた気がします」。

 党遊説局長代理の進次郎氏にとって、初の地方選応援。街頭には人垣ができ、握手攻めで約2000人を動員。中村陣営も「こんなに人が集まるとは正直びっくり」と話した。今夏の参院選全国行脚に備えたデビュー戦でもあったが、出足は上々。小沢幹事長や閣僚など大物投入が続く民主党の“牙城”に単身、乗り込んだ進次郎氏は「今の民主党に疑問や違和感を感じる人が多いからこそ、私の批判も静かに聞いてくれたと思う」と話した。民主党が「政治とカネ」でつまずいてから、与野党激突による初の大型知事選。風向きを変える進次郎の一撃になるか。【中山知子】

(2010年02月04日 日刊スポーツ)

 相も変わらず、カスゴミの小泉チョン次郎推しは、凄まじいものがあるね。

 新聞、スポーツ新聞、そしてテレビと、ただひたすらにマンセー。

 大体、カスゴミがカイカクを批判、というかそれによって引き起こされた格差を批判しているなんて言うけれど、それにこのアホ坊の父親、小泉チョン一郎の名前を絡めるような真似は、殆どしない。

 寧ろ、絡める事を避けているようにさえ見える。

 国の借金、国の借金と喚くけれど、チョン一郎こそが日本国の純債務を爆発的に増加させた真犯人である事を決して口外しようとしない。

 何の力も無い一個人でも、少し調べれば分かるような事を、まさか大メディア様が知らない筈があるまいにね。

 普段はカスゴミ批判をやっている癖に、こういう記事を読んで無思慮にチョン次郎をマンセーしているバカウヨ連中ってのは、本当、メディアリテラシー能力高いですよね、ソンケーしますわw

 しかも、口先だけでもまともな事を言っているんなら、まだ、コイツに騙されるのも理解出来ないでも無い訳だけれど、このバカのやっている事って、結局ミンスのネガキャンだけ。

 そこいらにいるバカウヨ・クソウヨ・ニートウヨと同レベル。

 ていうか、つい最近までニートしてたんだっけ、このアホ坊w

 しかも、大河ドラマに乗っかって龍馬の名前を利用するのはいいんだけれど、「龍馬は私とほぼ同じ年で脱藩し、これからの日本を明るくしようと活動を始めた。力をもらえた気がします」とか言っておいて、テメーは親父の地盤・看板を受け継いで、親父の古巣の中で吠えるだけってのは、どうなんだろうね。

 他にも、「小沢さんは疑惑に十分答えず、全国を選挙で回っている。まずは説明でしょう。私は違和感を感じる。言っていることとやっていることが違う」とかカッコイイ台詞を吐くのは、テメーに向けられた疑惑を「人生色々、会社も色々」とか訳の分からん戯れ言で逃げた基地外親父を糾弾してからにしろよ。

 大体、オマエの親父はりそな疑惑にもかんぽの宿疑惑にも、まともに答えていないじゃないか、と。

 小沢民の疑惑と違い、検察もカスゴミも全力でスルーしているだけで。

 もう、いい加減、賢明な日本国民の皆さんは、こういうペテン師・詐欺師の類に騙され、踊らされるのは止めにしましょう。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 89762
おすすめ度の平均: 4.5
5 彼こそ本物の政治家だ!!
5 物事の本質
5 小泉純一郎が売国奴であることを証明する書物
5 マスコミが黙殺した、郵政民営化の真の受益者は米国という声
5 「国民のために信念を貫く「本当の政治家」による「郵政」徹底抗戦宣言の書」

アメリカの言いなりでいいのか!?仕組まれた「構造改革」と汎アジア共同体構想 (日本の息吹ブックレット)
関岡 英之
明成社
売り上げランキング: 268163
おすすめ度の平均: 5.0
5 年次改革要望書の入門書としてオススメです。
5 アングロサクソンの狡猾な計略


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
少なくとも私は小泉をマンセーするネトウヨを見たことが無い。
安倍マンセーは居るが。

カイカクが過ちだったという事は大抵のネトウヨは知っているでしょう。

あくまでも「大抵」ですが。

しかし、ネトウヨと糞逝は酷似していますね。
2010/02/07(日) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
なんかクダラナイコメントをして、「政界引退しない小沢幹事長は・・・」とか、いったいぜんたいオマエは何様だ!!という感じでしたね。
昨年の西松献金疑惑(?)に始まる小沢幹事長に対する捜査は、東京地検の完敗で決着した訳ですが、それを認めたくないマスゴミ各社としては、担ぐのに丁度いい神輿がこのアメポチのバカガキということなんでしょうね。ま、レベル的には釣り合ってますねwww
2010/02/07(日) | URL | bronks #-[ 編集]
どうでしょうね。

個人的には、安倍をマンセーしている時点で、カイカクを反省しているとは言い難いと思いますね。

安倍は、正当な小泉の後継者で、基本的な経済政策は、ほぼ完全に小泉路線をトレスしていますし。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
確かに、アタマのレベルは似たり寄ったりですね。
2010/02/08(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>街頭には人垣ができ、握手攻めで約2000人を動員。中村陣営も「こんなに人が集まるとは正直びっくり」と話した。

ここの箇所。ただのサクラとか誇張された表現だったらいいのですが、
本当だったらちょっと怖いですよね。
これからの民主党政策をメディアが徹底的に批判し、
次回選挙でみんなの党やら進次郎氏に人望が集まるかもしれません。
また、今の自民党なら人気のために彼を要職に置きそうで心配です。
2010/02/08(月) | URL | nasubi #13d4nvEM[ 編集]
多少ならぬ誇張はあると思いますが、このアホ坊に一定以上の人気があるのは、事実でしょうね。

人気取り、バカウヨ対策の為にチョン次郎が要職に起用される可能性は、決して低くないと思います。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1947-e4981386
 いわゆる「かんぽの宿問題」ほど政治によって歪められてきた問題はないと言えよう。 虚人たち 或る浪人の手記 via kwout  この「或る浪人の手記」の「虚人たち」においては小泉進次郎衆議院議員の活動を報じる記事に対して 「言っていることとやっていることが違う
2010/02/11(木) | 凪論