FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → ホープレス

ホープレス
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

20~30代ホームレス急増 大阪は施設入所者の3割超

 大阪、東京などにあるホームレスのための自立支援センターで、20~30代の入所者の割合が急増している。大阪は全体の3分の1に達し、東京も4分の1近くが若年層となっている。リーマン・ショック前後の雇用情勢の悪化が、若年ホームレスを生み出していることをうかがわせる。

 市内5カ所に自立支援センターがある大阪市。支援の中身を検討するため、いったん希望者全員が入る自立支援センター「舞洲(まいしま)1」の年代別データによると、30代以下の割合は2006年度15.0%、07年度18.9%だった。これが09年度4~12月の入所者500人では、33.2%と急上昇した。平均年齢も50.5歳から44.4歳に6.1歳下がった。市のホームレス自立支援担当者は「昨年1月ごろから新たにホームレスになる若年層の入所が目立つ。景気の急激な落ち込みが影響していると思う」と話す。

 東京都内の5カ所の自立支援センターの30代以下の割合は、07年度18.2%、08年度19.1%と2割を切っていた。これが09年度(4月~10年1月)の入所者計1154人でみると、23.9%に上昇。新宿区など4区をカバーする「中央寮」など2カ所では、30%前後に達している。センターごとの平均年齢も06年度と比べて1~5.2歳若くなった。

 特別区人事・厚生事務組合の自立支援課は「雇用情勢が厳しくなっていることが、利用状況に反映しているのではないか」とみる。

 厚生労働省は03年初めと07年初めの2度、大がかりなホームレスの全国調査を実施している。07年調査の平均年齢は57.5歳で、03年調査よりも1.6歳上昇し、野宿生活の長期化傾向が指摘されていた。「若年ホームレス」の増加は、国の調査後に浮かび上がった傾向とみられ、リーマン・ショック後に加速している。行政や民間の支援担当者からは、金融危機後に急増した若年層と、野宿生活が長引く50~60代の高年齢層の二極化が進んでいるとの声も聞かれる。(清川卓史)

(2010年02月11日 朝日新聞)

 自己責任、格差などサヨクの嘘、などと、アホが喚き散らしている間に、とうとう、ここまで来てしまった。

 このままだと、アホどもが見下し続けてきた彼の国の首都の光景、高層ビルとバラックが併存する光景が日本の都市部で実現するのも、時間の問題だと思われる。

 この状況を作り出したのは、紛う事無き痴民党の連中な訳だが、現政権、ミンス党政権も酷い。

 国民の多くは、この悪夢のようなスパイラルからの脱出を求め、この状況を作り出した痴民ではない勢力に投票したというのに、何を勘違いしたのか、アホな事ばかりに一生懸命になり、国民の生活など完璧に放置している。

 国民新党、社民党が何とか頑張っているけれど、それも、カスゴミのアホどもの「弱小政党が何チョーシ乗ってんの?」的な報道により、だんだんと限界に近付いている。

 かと言って、痴民党を返り咲きさせたところで、増税&緊縮財政の地獄が待ち構えているだけ。

 かなり、マズいところまで追い込まれている。

 国の為を謳いながら同胞を守らないウヨク。

 生活や雇用の安定を謳いながら、その阻害要因ばかりをマンセーするサヨク。

 こんなバカどもではなく、もっと現実的なレベルで政治や経済を語れる国民が増えない事には、日本は本当に詰んでしまうかも知れない。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)
岩田 正美
筑摩書房
売り上げランキング: 17111
おすすめ度の平均: 4.0
4 格差の中の格差
4 保険主義が貧困を固定化する
5 『ルポ 最底辺』 、『貧困襲来』と問題意識が同じなので
4 届かぬ福祉は、誰のため?
5 貧困の再発見へ向けて

貧困大国ニッポン―2割の日本人が年収200万円以下 (宝島社新書 273)
門倉貴史+賃金クライシス取材班
宝島社
売り上げランキング: 30282
おすすめ度の平均: 4.0
3 対象の選別を
5 驚愕の書・・全国民必読です!!
5 格差社会は進んでいる
2 真剣に社会問題を考える人は、これをやめて「アメリカ」の方へ
5 日本の悲惨な現状を理解するために1人でも多くの人に読んでもらいたい1冊である。


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1951-afff9989