FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Unethical Business

Unethical Business
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

ソマリアに行かないアグネス! 韓国に行って「北朝鮮に行った」と言うようなもの

治安が悪化し危険度最大レベルといわれているソマリア。2回も渡航を拒否されたにも関わらず渡航したアグネス・チャンにインターネット上では非難の声が上がっている。渡航目的は「現地の子供たちに心配しているから来たよ」と伝えるためとしている。

ソマリアは日本の外務省が「退避を勧告」しているほど危険な状態の国だ。

インターネット上では命知らずなアグネスに対し「その旅費を寄付してやれよ 」や「流れ弾にでもあたってくれねーかなー」と激しい批判が飛び交っている。アグネスはブログに「ソマリアの空は何色!? 土は何色!? 空気はどんな香り!? 楽しみです(ハート)」と観光気分な書き込みもしている。

批判されても仕方がない状況である。

しかし驚くべき事実が判明した。

アグネスが渡航したのはソマリアではなくソマリランド共和国だというのだ。ソマリランド共和国はソマリアと隣り合わせになっている共和国だ。しかしソマリアと比べて治安が格段に安定している地域としても有名。

そしてソマリランド国民は「治安の良さ」に誇りを持っているという。

国際的にはソマリランドは国として認められていないが「現地住民の中でもソマリランドとソマリアは全く別の国であるという認識が強い」(Wikipedia)という記述もあることから認識としてソマリアとソマリランド共和国は別の国と考えている人は多いようだ。

インターネット上には「つまりアグネスは韓国にしか滞在しないのに北朝鮮を訪問してきますと言っているようなもの」という意見もあった。

今回のアグネスの渡航について以下のポイントを踏まえて考えてみてほしい。

・ソマリアは危険だがソマリランド共和国は治安が良い
・本当に困っている人たちがいるのはソマリランド共和国ではなくソマリア
・アグネスが行くのはソマリアではなくソマリランド共和国

アグネスがソマリランド共和国に行って「ソマリアの実情を見てきた」と言うのならば見当違いも甚だしい。

そもそもソマリアもソマリランド共和国も視察をするのであればタレントが行く必要はない。屈強な自衛隊員などが現地におもむいて自分の身を守りつつ適切な現状把握をしてもらうのがいちばんである。

日本ユニセフ協会ホームページが掲載している『アグネス・チャン日本ユニセフ協会大使 ソマリア視察へ出発!』という報告記事には「国際社会から見放されてしまったソマリア」と書かれている。

重ねて言おう。アグネスが行く場所はソマリアではなくソマリランド共和国である。国際社会から見放されているソマリアではない。

アグネスは3月16日に日本武道館公演(入場料金:S6800円 A5800円 B4800円)が控えている。

(2010年02月17日 getnews)

 流石は、ユニセフとは何の関係もないのにユニセフの名を騙り、善意の人々を騙して金を巻き上げている詐欺師集団、日本ユ偽フの親善大使、アグネス・チャンコロさんである。

 一応、完全な嘘は言っていない、というのも、完全にプロの詐欺師の手口。

 分かり易く言うと、「消防署の『方』から来ました」というアレね。

 気付いた人にゴルァされても、「私、嘘は申してませんでしてよ、おほほほほ」と言ってバっくれる気まんまん。

 まあ、今更な話だけれど、コイツほど、分かり易く子供達を食い物にして食い扶持を稼いでいる外道も、珍しいんじゃないだろうか。

 善意の、本当の本心から子供達を案じている日本人は、この詐欺師のメスチャンコロに騙されないで欲しい。

 コイツは、子供達を利用して金を稼いだり、自らや自らの飼い主の政治目的を達成しようとしている、外道中の外道、クイーン・オブ・ザ・カスだ。

 大体、ソマリア問題を論じるのであれば、ソマリアに武器供与している国、分かり易く言うとチュウゴクな訳だが、その責任を論じる事は避けて通れない筈なのに、それに対する抗議もせず、ソマリアに行くという発想がおかしかろう、仮に本当に行くとしても。

 わざわざ危険地帯に行くよりも、手前の本国に帰り、天安門にある共産党本部建物前で、ソマリアに対する武器供与の停止を大声で叫べんだ方が、余程にソマリアの子供達の為となる。

 それもしないで、こんな茶番をやっているのは、「武器供与(チュウゴクが儲かる)→ソマリアで人が沢山死ぬ→アグネス以下、日本ユ偽フの詐欺師どもが『かわいそう』と募金を呼び掛ける→騙された人が募金する(日本ユ偽フが儲かる)→カネの一部がチュウゴクに渡る」という絡繰りがあるからだ。

 この外道の言葉に耳を傾けてはいけない。

 この外道に協力する事は、間接的な児童虐待、いや虐殺幇助と言っても過言ではないくらいなのだと認識して欲しい。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

増長し、無限に乱れる「欲望大国」中国のいま―現地目撃レポート (WAC BUNKO)
宮崎 正弘 石 平
ワック
売り上げランキング: 14130
おすすめ度の平均: 5.0
5 理念を喪失した共産党体制の闇

誰も報じない中国の真実?本当は何が起きているのか! 日本人必読 (OAK MOOK 180 撃論ムック)

オークラ出版
売り上げランキング: 181443
おすすめ度の平均: 4.5
5 キレイ事いっさいなし
2 編集者出てこい!!!
5 日本は滅びる
5 2010年までは大丈夫だと思いますが・・・
5 中国の闇部には目をつぶり、中国利権に群がる媚中政治家・マスコミ・企業人


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
北京五輪聖火リレーの暴動のとき東ちづるがその映像を見て「ああ、暴力はやめて・・」って嘆くそぶりを見せながら、その後「中国は平和を望んでいる!」とかコメントしてたのを思い出しました。

要はその目の前のチベット側が中国人に殴りかかってるのに対しては暴力はいけないと言いながら、その根本要因である中国の民族浄化には何も言わないという。それで本当の暴力は放置したまま自分は善人であるとアピールだけするという。

こういうのこそ本当に偽善というのだと思います。
2010/02/17(水) | URL | 井上希美 #-[ 編集]
一応言えば、ソマリランドなんて国は有りません。
国連理常任事国が認める気がない以上は、そこはソマリアの国内って事に。
再統合も拒絶したみたいだし、内戦に発展するかもね。
その前からプントランドとは仲悪かった様だし。
2010/02/18(木) | URL | <丶`∀´> #3aXRcdxk[ 編集]
正確に言うなら、偽善の皮を被った邪悪ですね。

しない善よりする偽善なんて言いますけど、コイツの場合、しない方がずっとマシですから。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
中台関係、の一言で論破出来るようなアホな戯れ言乙。

つーか、大体さ、「一応、完全な嘘は言っていない、というのも、完全にプロの詐欺師の手口」って文中って言ってるだろ、文盲。

鬱陶しいから湧いて出てくんな虫螻。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1957-4a2f4587