FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ環境問題 → Bullshooter

Bullshooter
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

国連の温暖化報告書、誤記や金銭問題浮上

 【ジュネーブ=平本秀樹】地球温暖化の危機を警告し、2007年にノーベル平和賞を受賞した国連の委員会「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC、事務局・ジュネーブ)を巡り、報告書の記述間違いや幹部にまつわる金銭問題などが相次ぎ浮上し、報告書の信ぴょう性が問われる事態となっている。

 間違いが見つかったのは、同年の第4次報告書にある、「ヒマラヤの氷河は35年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とする記述。1月17日付英紙サンデー・タイムズが、「厚さが平均300メートルある氷河が35年までに解けるのは非現実的」とする氷河学者のコメントを紹介すると、IPCC側は、あっさりと誤りを認めて陳謝した。

 一部の学術論文は、「『2350年』とすべき記述を間違えた可能性がある」と指摘している。

 同報告書を巡っては、昨年11月、作成にかかわった英イーストアングリア大のコンピューターに何者かが侵入、同大の研究者が米国の研究者に、気温の低下傾向を隠すための「トリック(ごまかし)を終えた」と書いて送信したメールなどを盗み出し、ネット上に公開する事件も発生した。このため、IPCCが氷河の解ける時期を温暖化の危機をあおるために意図的に間違えたと批判する声もある。

 さらに、この報告書にある、「オランダの国土の55%が海面より低い」という記述についても、データを提供したオランダ環境評価庁が、「不正確」とし、「『国土の26%が海面より低く、国土の29%が海面よりは高いが洪水の影響を受けやすい』が正しい」との声明を出した。

 これについて、IPCC事務局は「『国土の55%が浸水する恐れがある』と記述すべきだった」と事実上、誤りを認めた。

 また、ラジェンドラ・パチャウリIPCC議長も金銭絡みでやり玉に挙がっている。

 1月17日付サンデー・テレグラフなど複数の英紙を総合すると、パチャウリ氏が理事長を務める団体は、トヨタ自動車から8万ドル(約728万円)の寄付を受け取る一方、パチャウリ氏が審査委員長を務める環境関係の表彰では、同社のハイブリッド車「プリウス」が最高の賞に選ばれ、トヨタには150万ドルの賞金が贈呈されるという。

 こうした事態を受け、IPCCに関係する科学者5人は11日付の英科学誌ネイチャーで、組織の大規模改革を提言した。この中で、イーストアングリア大のマイク・ヒューム教授は「一つの委員会が、気候変動に関するすべての情報に総合的な評価を下すことは不可能だ」と強調した。

(2010年02月17日 読売新聞)

 はーい、地球温暖化問題のいい加減さ、胡散臭さが、いよいよ表面化してきましたよ、と。

 まあ、アタマのイっちゃっている信者どもは、「それでも地球は温暖化している」なんてガリレオ・ガリレイ気取りで言うのかも知れないけれど、実際問題として、過去の気温データや数学モデル、その他、温暖化論者の掲げる根拠には、悉く不備のある状況で問題を断定するなんて、愚の骨頂だろう。

 大体、温暖化自体は事実な訳ではあるのだけれど、地球が温暖化と寒冷化を繰り返すのは、別に温暖化ガスが何たらかんたらに関係なく、そういうサイクルを持っているからな訳。

 45億年以上の地球の歴史からほんの数百年を切り取って、その中の僅かなデータを元に、ここ数十年程度で確立された人類の価値観で神の視点を気取るなんざ、烏滸がましいとは思わんかね。

 データを集め、研究するのは結構だが、こういう事をするのは、科学者として恥だろうに。

 政治やイデオロギー、金儲けの為だけではなく、少しは、本当に地球と人類の為に研究して欲しいものだと思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)
武田 邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 8232
おすすめ度の平均: 4.0
4 人間のエゴ。
1 酷いデタラメばかり。
5 エコとは「エコロジー」と「エコノミー」
4 環境問題を考えるきっかけにするにはいい本
5 環境問題への疑問を投げかけた1冊

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (Yosensha Paperbacks)
武田 邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 9611
おすすめ度の平均: 4.5
5 捏造された環境問題が利権化している。子供にウソを教えるな。
5 本当はゴミは燃してしまうといいのかも
5 環境問題にも科学教育を
5 睥睨するヘーゲル
3 自信と希望と誠実さをもつことが環境問題のただしい解決のためになる


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
こういう人たちの理屈って全部こうなんですよね。

自虐史観を批判したら「じゃあ日本は戦争でいい事ばかりしましたって言うのか!」
構造改革を批判したら「じゃあ今のままでいいって言うのか!」
温暖化論を批判したら「じゃあ地球環境のことは考えなくていいって言うのか!」

すぐに極論に持っていって自分たちの利権を守ろうとする。悪を自覚してるならまだしも本人たちはいたって正義だと思ってるだけにたちが悪いです
2010/02/18(木) | URL | 井上希美 #-[ 編集]
しかし、産業革命以後、明らかに自然サイクルとは思えない急速な温度上昇があるのもまた事実…。

それは確実に人類の責任でしょう。

しかし、多くの「エコ活動」が偽善なのもまた事実。
2010/02/18(木) | URL | ㍾ #-[ 編集]
チキューオンダンカ信者で思い出したのですが、ネット上ではkojitakenとかいうブロガーがそれに該当しますね。
以前「あわせて読みたい」に載っていたので見てみたのですが、温暖化否定論者に陰謀論者やら疑似科学やらレッテル貼って、頭ごなしに否定するばかりでしたね。
挙げ句の果てには、植草氏がチキューオンダンカに対してやや懐疑的な意見を述べたのを見て、「植草一秀はネオリベと同類のトンデモ経済学者ニダ」とまで攻撃する始末。
尤も、植草氏に関しては、この件以外でも日常的に中傷の対象としているようですが。
余談ですが、城内氏に関しても極右やらレイシストやら、日々攻撃に邁進されているようで。
しかも、散々他人のことを陰謀論者呼わばりしておきながら、城内氏のポスター騒動がマスコミで大きく報道されなかったのは城内氏がマスコミを操作したからだとか、それこそトンデモめいたことをのたまっておりましたし。
正直あのブログは読んでいて不快感を禁じ得ませんでしたが、如何にチキューオンダンカ信者が胡散臭い連中であるかを自ら証明して下さったことには、今でも感謝しています(笑)
2010/02/18(木) | URL | あいう #-[ 編集]
 私はシーヲーツー説に対しては完全に否定しているわけではありませんが、かつての自転車であふれていた厨獄の都市と、現在の自動車であふれている厨獄の都市のどちらがヱコっぽいのか、考えなくてもわかるはずです。

 新興市場とか言って、車や電化製品を売りつけておきながらヱコとか言っているのは、ヱコヱコ詐欺と言って間違いないですね。


>あわせて読みたい
あ、5位までの中から乞食犬が消えてるw
あの人は、経済的には意外にまともなことを書いていますね。
ただそこまでに至る過程が(別に経済に限ったことではないが)「嫌いな奴がこう書いているから、自分はこのような別な意見を書く」という思考回路から来ているのが見え見えですね。
2010/02/19(金) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
典型的な「独善」というヤツですね。

そういうものこそが争い、諍いの元である事を理解出来ず、反戦を叫ぶその様は滑稽以外の何物でもありません。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
責任が無い、という事はないでしょうね。

そこを上手く煽るからこそ、詐欺が成立する訳ですし。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
彼は、何がしたいんでしょうね。

まあ、どうでもいいですけど。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、エコエコ言っている人間に限って、本当の地球環境の事なんて全く考えていませんから。
2010/02/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1958-dd73faca
インターネットの「匿名性」の問題点は以前より指摘されてきた。「匿名性」の陰に隠れた卑劣な行為のうち典型的なのは、ブログのいわゆる「荒らし」だろう。乙武洋匡氏や高遠菜穂子氏のブログなどがこの「荒らし」にあったことはマスコミの報道でよく知れ渡っている。この...