FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 日本は義に喩り、支那畜は利に喩る

日本は義に喩り、支那畜は利に喩る
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国の反日デモ 今年は気配なし 「小泉後」にらみ関係改善へ助走

 【北京=伊藤正】中国各地で反日デモが吹き荒れてから間もなく一年。日中関係はむしろ悪化しているにもかかわらず、今年は反日運動再発の気配さえない。中国当局のコントロールが利いているためだが、背景には、大衆行動「暴走」の危険性への警戒心だけでなく、日中関係改善への期待感もあるようだ。

 昨年三月、日本の国連常任理事国入りに反対するネット署名から始まった反日運動は、四月に入ると、成都市を皮切りに毎週末の街頭デモに発展。同九日の北京、十六日の上海でのデモは、日本の外交公館も襲撃、外交問題になった。

 中国当局は日本側の抗議に対し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝など日本の歴史認識への大衆の怒りが原因として、デモ隊の破壊行為を擁護、事態を悪化させた。昨年は抗日戦争勝利六十周年にあたり、「反日愛国キャンペーンを準備していたことが影響した」(中国筋)という。

 しかし上海事件後、中国政府はデモの抑制に転じ、四月下旬の日中首脳会談(ジャカルタ)で、関係は修復軌道に乗ったかに見えた。五月に訪日した呉儀副首相の“ドタキャン事件”を契機に、関係改善の動きは停止したものの、大衆行動が再発することはなかった。

 とりわけ注目されたのは、昨年十月に小泉首相が在任中五度目の靖国神社参拝をした後、反日グループの日本大使館への抗議行動が封じられたことだった。これより前、中国当局は四月のデモ呼びかけに威力を示した反日サイトを次々に閉鎖ないし一時停止にした。  中国当局が暴力デモへの国際社会の厳しい批判に驚いたためだけではない。中国各地では昨年も、土地収用や環境汚染などをきっかけに暴動や紛争が頻発。反日デモはそれとは性格が異なるが、中国筋によると、暴力行為の実行者には、失業者など「不満分子」が多数含まれていたとされ、街頭行動は一律規制対象になったという。

 日中の政治関係は靖国神社参拝問題に加え、東シナ海のガス田開発や台湾問題、安保問題などで、昨春より悪化している。しかし、中国当局が昨年、「日本当局に不満な民衆の自発的行動」と擁護した反日デモが再発する可能性はまずない。昨年のデモも当局の容認なしにはあり得なかった。

 中国政府はいま、「ポスト小泉」を視野に入れた関係改善の助走に入った。温家宝首相は先の記者会見で、関係改善に向けた三項目の提案をしたが、これと前後して日本の閣僚や与党有力者を招請、月末には胡錦濤国家主席が日本の友好七団体首脳と会談する。

 こうした動きには、胡主席の四月訪米も絡んでいると北京の外交筋は分析している。米国が懸念する日中関係について、改善努力を強調し、最大のネックである靖国神社問題で米側からの対日圧力を期待しているのでは、と同筋はいう。

(平成18年3月28日 産経新聞)


 要するにお金をもらう為ならば、いくらでも我慢できる、安っぽい民族的感情だった訳であったという事ですね。

 正義だの何だののと散々喚き立てたところで、結局の本音は「金寄こせ」とは、支那国民の皆様は実に素晴らしい物貰いばかりで、、素晴らしいことこの上ない。

 こんな小細工をいくら弄したところで、中国共産党の邪悪な本性を理解し始めた日本人の、支那に対する嫌悪感が和らぐと思っているならば、我々日本人も実になめられたものです。

 日本人の全てが支那の色と金に篭絡された、売国奴どもと同レベルと思ったら大間違いというものでしょう。

 中国共産党の忠実な狗と成り下がっている、二階俊博加藤紘一のごとき腐った人間は、我が日本国においては少数派であり、本来日本人は目先の利益などよりも、道理や倫理を重んじる民族であることを、利が全てと思い込んでいる中国共産党の人非人の方々には、どうもご理解頂けぬようです。

 次期総理総裁には「対中朝強硬派を」というのは、良識あふれる日本人の共通した思いであり、もしも親中派などと名乗る人間の屑が総理の座に就いたならば、我々は如何なる手段を用いてでも、大々的な倒閣運動に出るものであります。

 いくらこのような目眩ましを行ったところで、中国共産党の支配する支那の本質は反日であり、また仮に反日の旗を降ろしたとしても、チベット東トルキスタンの開放無くして、日中友好などというものはあり得ないものです。

 中国共産党の崩壊なくして、真の日中友好などというものは絶対にあり得ない事を、基地外胡錦濤はいい加減に気付いた方が良い。

 中国共産党の馬鹿が如何なる策を弄そうとも、米国が欺瞞に満ちた偽りの正義感から我が国に圧力をかけようとも、対中ODAの停止は絶対決定事項であり、靖国神社への首相参拝は絶対に続けられるものであります。

 日本人は僅かずつではあるものの、確実に目を覚まし始めました。

 特定アジア諸国の欺瞞に満ちた上っ面の道徳心に、日本人が惑わされるようなことは、今後二度と絶対にあり得ないものであると断言できるものであります。

 中国共産党が本当に、日中友好東アジアの安定を望むのであれば、早々に自身の身を解体し、中国大陸において民主的選挙を実地し、チベット東トルキスタンを始めとする侵略した国々に、謝罪賠償をしなければならないと言えるでしょう。

 その際に掛かる費用であるならば、日本も多少の援助は考えないでもありません。

 何にしても中国共産党によるイカレた独裁政治が終焉を迎えない限り、日本はこれ以上深く支那と関わるつもりなどないという事を、胡錦濤の馬鹿には是非ともご理解頂きたいものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


東アジア「反日」トライアングル
古田 博司
文藝春秋 (2005/10/20)
おすすめ度の平均: 5
5 読みやすく、明快な指針を提示する
5 東アジアの反日という独善を喝破した、我が日本の戦闘的マニュアル
5 この本の主張が通説になりつつある


PR情報
ネットで借りて、ポストへ返す。宅配DVDレンタルサービス
電子書籍のでじたる書房。新聞雑誌でも話題の電子書籍
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
まあ、秋までは気長に外交と政局の季節ですね。

根を詰め過ぎずにまったりと観察しようと思ってますが。
2006/03/29(水) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
出来ればそうしたいものですが、終戦記念日が近づけば、恐らくこの馬鹿どもが、また大騒ぎし始める事は目に見えてますから、まったりしてられるのは、夏前頃くらいまでじゃないですかね。

それまでに麻生外相が、釣りに出掛けないとも限りませんし。
2006/03/29(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/196-1bda32bc
 日本は正しい歴史認識を持つべき、その発言、行動は正しい歴史認識を基礎にした日中友好に反する、過去の反省を実際の行動で示せ・・ありとあらゆる局面で『歴史認識』を持ち出し、