FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 朝日は、罪悪の乳母である

朝日は、罪悪の乳母である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

朝日新聞社長の長男、大麻所持で逮捕

 東京都渋谷区の路上で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の現行犯で朝日新聞の秋山耿太郎社長の長男、竜太容疑者(35)が警視庁渋谷署に逮捕されていたことが28日、分かった。

 調べによると、竜太容疑者は10日午後10時半ごろ、東京都渋谷区渋谷の路上で、警察官に職務質問を受けた際、大麻1グラムを所持していた。竜太容疑者は容疑を認めている。竜太容疑者は「フリーでテレビ関係の仕事をしている」と話しているという。

 秋山耿太郎社長は朝日新聞東京本社広報部を通じて「息子の愚かな行為に驚いております。本人がきちんと責任を負い、法に従い、罪を償ってほしいと思います」とのコメントを発表した。

(2006年03月28日12時02分 産経新聞)


 流石は天下のクオリティペーパー朝日新聞

 如何に罪を犯したのは息子であるとしても、新聞社の社長という、社会的に責任の重い地位にある者とは到底思えない行動を取り、マスコミの無能・無責任さを体現し、我々一般国民に、新聞を、特に朝日新聞などを信用してはならないという事を、身を以って示そうとされている様です。

 普通に考えれば謝罪会見の一つでもして当然と思われる所を、広報部を通してのコメントのみで終わらそうとする事など、倫理の模範たるべき、報道に携わる人間の長として、完全に間違っているとしか言い様の無い行動を取得選択されるあたりが、如何にも「朝日新聞此処に在り」とでも言いたげで、開いた口が塞がりません。

 ちなみに朝日新聞の同事件の記事を見てみました。

長男の起訴で本社社長がコメント発表

 朝日新聞の秋山耿太郎社長は28日、長男が麻薬及び向精神薬取締法違反と大麻取締法違反の罪で起訴されたとして、「息子の愚かな行為に驚いています。本人がきちんと責任を負い、法に従い、罪を償ってほしいと思います」とのコメントを出した。

 東京地検によると、秋山社長の長男でフリーディレクターの秋山竜太容疑者(35)は今月8日、東京都渋谷区の渋谷駅で合成麻薬MDMAを服用したほか、10日午後11時ごろ、同区渋谷2丁目の路上で、警察官から職務質問を受けた際、大麻を含む植物片など約1.5グラムを所持していたとされる。秋山容疑者は、同種の別事件で有罪判決を受け、執行猶予中だった。

(2006年03月29日03時01分 朝日新聞)


 ニュース記事の見出しとはその記事の顔であり、普通はそのニュースを一言で言い表せる様、新聞社は創意工夫し、分かり易くかつインパクトを与える見出しを作るものです。

 「長男の起訴で本社社長がコメント発表」

 はっきり言ってこれを見ただけでは、大半の人間は、この記事が何のニュースを伝えているのか分かりません。

 新聞を読む事そのものが趣味である人や、何らかの理由から全ての記事を精読している人を除けば、ほとんどの人はまず見出しを流し読みし、気になった見出しの記事を読んでいくという、新聞の読み方をされるのではないかと思います。

 数紙の新聞を読まれている方を除けば、朝日新聞のこの見出しでは、この記事を気に留めて、きちんと読んでいる人というのは、限りなく少ないのではないでしょうか。

 なるべく多くの人に知られる事を避け、事件を闇に隠蔽して行こうという、朝日新聞の薄汚い下心が、あまりにも丸見えすぎて、怒りを通り越して物悲しくなってしまいます。

 他人には徹底的に厳しく、自分には徹底的に甘いという、人間として最低な朝日新聞の体質は、朝日新聞の大好きな特定アジアに通じるものであり、こんな素敵なクオリティペーパーが日本に存在している事が、非常に残念でなりません。

 また記事の発表時間にしても、産経が3月28日12時2分で、朝日が3月29日3時1分となっています。

 本当は隠し通そうと思っていたが、他紙が報じてしまう事は確実で、自社の記事にのみ載せないとなると、また糾弾される事が予測されたので、嫌々ながら何とか読まれぬ様に工夫して書いたとでもいったところでしょうか。

 本当に大したジャーナリストですね。

 最近は空が汚くなり、星も余り見えなくなってしまいましたが、流れ星を発見したら是非ともお願いをしようと思います。

 「早く朝日新聞が地球上から消滅しますように」と。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道
徳間書店 (2005/10/22)
おすすめ度の平均: 5
5 朝日の内情は、日本社会、組織の縮図です。
5 大変良い本です。皆さん読んで下さい。

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任
小林 よしのり 井沢 元彦
小学館 (1999/11)
売り上げランキング: 3,654
おすすめ度の平均: 4.54
5 目から鱗がたくさん落ちます!
5 ニュース・ショーと新聞、どこが違う?
4 偏った左翼


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
「読みたい本」「買いたい本」てんこ盛り
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
部数が減っても某国からの資金援助で維持するのかも。
2006/03/30(木) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
そう考えると、やはり某赤い国とは、国交断絶するべきかも知れませんね。
2006/03/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/198-1c1416f0
どこぞやの親中・親朝鮮の反日新聞社、社長様のおできの良いご子息が、なにやら、非情に気持ちが良くなるおタバコ類をお使いになっていたようで、深夜に繁華街のはずれを俳諧中に、町廻り方によってお縄を頂戴したそうな・・・・なんでも過去にも同類のことでお縄をもらって