FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → Mammone

Mammone
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

無医化危機 揺れる村

上小阿仁唯一の医師辞意


 1通の辞職願で上小阿仁村が揺れている。村唯一の医療機関「上小阿仁村国保診療所」に勤務する有沢幸子医師(65)が「精神的に疲れた」と先月下旬、突然、退職表明し、61年ぶりの無医村になる可能性が出てきたのだ。関係者は必死の慰留を続けているが「辞職の意思は固い」という。休みは20日に1回という激務に耐え、地域医療を支えてきた有沢医師に何があったのか。(糸井裕哉)

 ■村の神様

 「死に水を取ってもらえた」「こんなに話しやすい先生は初めて」。村を歩くと村民から、有沢医師への感謝の言葉が聞こえて来る。有沢医師は昨年1月の赴任以来、午前8時30分~午後5時15分の定時診療のほか、早朝や夜間の往診も自発的に続けている。

 脳梗塞(こうそく)で倒れた母(88)の看病を続ける小林ユミ子さん(66)の元にも、有沢医師は診療時間の合間を縫って連日訪問。今月8日の流動食開始日には3度往診し、「鼻から胃へ液体を落とすのよ」と優しい口調で説明を続けた。

 小林さんは「分からないことは丁寧に教えてくれる。有沢先生は私たちの神様なんです」と話す。

 斉藤ヒサコさん(70)は昨年3月に他界した義理の母(享年92歳)に対する有沢医師の献身的な診療が忘れられない。

 ふりしきる大雪の中、深夜の午前1時でも3時でも容体が悪化すると点滴や酸素ボンベを持って夫と駆け付けてきた。嫌な顔一つせず、「少しでも休んで」と家族をいたわってくれた。

 「息を引き取る瞬間まで、『ばぁちゃん、早く元気になれ』と声を掛け続けてくれた。先生が居なくなったら私は生きていけない」と斉藤さんは声を絞り出した。

 ■心に傷

 辞意を表した理由を有沢医師は公にしないが、小林宏晨村長(72)は「言われ無き中傷により、心に傷を負わせてしまったことが最大の原因」と語る。

 村幹部らによると、有沢医師は昨秋、診療所向かいの自宅に「急患にすぐに対応できるように」と自費で照明を設置。だが、直後に「税金の無駄使いをしている」と言い掛かりを付けた村民がいたという。

 また、昼食を食べに行く時間が無く、診療所内でパンを買った際、「患者を待たせといて買い物か」と冷たい言葉を浴びせられたり、自宅に嫌がらせのビラがまかれたこともあったという。

 昨年、有沢医師の完全休診日はわずか18日。土日や祝日も村内を駆け回り、お盆期間も診療を続けた。しかし、盆明けの8月17日を休診にすると「平日なのに休むとは一体何を考えているんだ」と再び批判を受けたという。

 診療所の小嶋有逸事務長補佐(60)は「こんなに身を粉にして働く医師は過去に例が無い。無医村になったら村民が困る。自分で自分の首を絞めている」と憤る。

 ■翻意なるか

 村は、有沢医師の負担を軽減するため、土曜日の完全休診制や村の特別養護老人ホームへの往診免除などを申し入れ、交渉を続けているが結果は芳しくない。

 村民の中には有沢医師に「辞めないで」と懇願するために受診する人もいる。署名活動の動きもあり、旅館経営の高橋健生さん(62)は「一人でも多くの声を伝えなければ手遅れになってしまう」と話す。

 有沢医師は兵庫県出身で、海外や北海道の利尻島などで診療に携わった経験がある。村へは夫と共に移住した。有沢医師は後任が見つかるようにと辞職日を来年3月末にした。だが翻意しなければ、村は2~3か月後に医師募集し、後任探しをしなければならない状況に追い込まれる。

 小林村長は「一部の不心得者のために人格も腕も一流の医師を失うのは不本意。医師不足は深刻で、無医村になる公算は限りなく大きい」とため息をつく。

(2010年03月11日 読売新聞)

 何と言うか、日本が抱える医療問題の縮図だと思う。

 いや、医療だけじゃあなく、ありとあらゆる問題の縮図と言えるかも知れない。

 人の善意に甘え、寄りかかり、全力で依存しながら、その事に対する当たり前の感謝も出来ず、寧ろ、そうする事が相手の義務、自分の権利であるかのように勘違いし、悪意を垂れ流し、ぶつけ、結果として自分の首を絞める。

 これは何も、田舎に限った話じゃあない。

 某変態新聞を始めとするメディア、某I田N夫教授(笑)のような似非アカデミズム、その信奉者、世の中は、本域のバカで溢れかえっている。

 そういうバカに煽動されて、日々破滅が進行していっているのが、今の日本の現状。

 まともな人達が、世間を自分の母親と勘違いしているマンモーニの犠牲になっている。

 嗤えるのは、そういうマンモーニに限って、小泉・ケケ中・安倍あたりが大好きで、連中の座右の銘である「自己責任」というフレーズを吹いて回っている事。

 手前のケツも拭けないヤツに限って、このフレーズに陶酔するのは、何でなのかね。

 奴らは、この医師に対しても、「こんな田舎に行った自己責任」だの「村民と良好な関係が築けなかった自己責任」だのと言って、にべもなく切り捨てようとするのだろう。

 この手の連中こそ、今の日本の癌なのだと思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
小松 秀樹
朝日新聞社
売り上げランキング: 15072
おすすめ度の平均: 4.5
5 医療崩壊問題の原典
5 医療問題において絶対に欠かせない1冊!!
5 現場発の熱い意見
4 「医療と患者の齟齬」
5 医療崩壊への解決策を提起した、熱のこもった名著

まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生
伊関 友伸
時事通信出版局
売り上げランキング: 108580
おすすめ度の平均: 5.0
5 自治体病院崩壊の真因=公の喪失・首長・議会議員・自治体職員そして住民自治の誤作動
5 健康格差の理由
5 新ジャンル:地域医療・自治体病院のマネジメント
5 公的病院崩壊の現状分析と起死回生のための必読バイブル
4 社会の病気は病院では治らない・・・


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
まず救急車を有料にしろ。
2010/03/12(金) | URL | 勤務医 #-[ 編集]
 全くおっしゃる通りで同じ秋田県人として恥ずかしい限りです。
ですが、

>嗤えるのは、そういうマンモーニに限って、小泉・ケケ中・安 倍あたりが大好きで、連中の座右の銘である「自己責任」と いうフレーズを吹いて回っている事。

ここの部分は疑問です。
そのテの輩を蛇蝎のごとく嫌っておるのは存じ上げておりますし、実際いるとは思いますがイコールではないと思います。

浪人様のおっしゃることは概ね賛同できますがまれにこのようなことがありますね。
しかし今後も影ながら応援させていただきます。
2010/03/12(金) | URL | 通りすがり #mQop/nM.[ 編集]
いつもROMさせていただいております。

今回の記事は、色々なブログや2chなどでも取り上げられているようですが、浪人様の考えがもっともしっくり来るので、思わずコメントしました。
この出来事の原因を、田舎の閉鎖性やこの地域の住民の意地悪さなどに求める意見が最も多く、果ては医師を誹謗した人たちの吊るし上げを求めるような、短絡的な意見が多いのに、辟易しました。
むしろ、そのような短絡的な思考の持ち主は、医師に辞意を決意させ、浪人様を落胆させた、やっかいな人たちとまったく同質な人達なのだと思いました。

問題が表面化した際に、それを構造的に分析せず、悪者をしたてて済ませる風潮では、問題の根っこは結局見つけられず、違う場所でも同じ問題が繰り返されるでしょう。
「一部の人間」が悪いのではなく、問題の根本を見据えて、声を上げる人間が不足しているのでしょう。

人に甘え過ぎる者は、自分の能力に限度を設けて行動範囲を一方的に狭め、小さな努力をも拒み、悪いことには安直な批判家に身を落としがちなものです。ことによると、自分が批判している人と、同じことを自分がして、いつ自分が批判される側に回るとも限らないのに。

人の善意の上に胡坐をかかず、人の努力を脇に見て、自分には何が出来るか、そんな能動性を持つ人間を増やすことが、今求められているのだと思います。
2010/03/12(金) | URL | 三十俵二人扶持 #-[ 編集]
構造的な問題を考えるのと責任者を追及するのは両方やるべきですね。どっちかだけになるとどっちにしろこのやめさせた人たちと同質だと思います。
2010/03/13(土) | URL | 井上希美 #-[ 編集]
これについてはこちらが参考になるかなあと
http://www.izai2.net/muison.html
2010/03/14(日) | URL | ごまめ #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1980-69dae0fb
[http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20100310-OYT8T01075.htm] {{{: 無医化危機 揺れる村 : 秋田 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 上小阿仁唯一の医師辞意 1通の辞職願で上小阿仁村が揺れている。村唯一の医療機関「上小阿仁村国保診療所」に...
■彦根の方々のご意見 「彦根市立病院での安心なお産を願う会」 掲示板|勤務医 開業つれづれ日記 [http://ameblo.jp/med/entry-10024618113.html] {{{: 「一彦根市民ですが、彦根市民病院での安心なお産を願う会が、医者におもねり全国で多発している殺人にも等しい...