FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → お前が言うな

お前が言うな
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

社説:ネット中傷有罪 「無責任さ」への警鐘だ

 インターネットの掲載だからといって、閲覧者が信頼性の低い情報として受け取るとは限らない--。

 自分のホームページ上で、ラーメンチェーンの会社について「カルト団体が母体」などと中傷する文章を掲載し名誉棄損罪に問われた男性に対し、最高裁がそう指摘した。罰金30万円の有罪判決が確定する。ネットでも名誉棄損罪の成立要件は緩やかにならないと初めて判断した。

 匿名での書き込みが可能なインターネット上に、個人の名誉やプライバシー、時に人権を侵害する表現行為があふれることを踏まえると、妥当な結論ではないか。

 法務省がネット上の人権侵犯事件として救済手続きを開始した件数は08年で500件を超えた。04年の2.5倍に上る。中傷されたとして警察に寄せられる相談も08年で1万1000件を超える。潜在的な被害者が多いことを示す。

 名誉棄損が問われないのはどういう場合か。公共の利害にかかわる内容について、公益を図る目的で、真実または真実と信じる相当の理由があって報道した場合が当たる。これが判例上の考え方だ。

 1審の東京地裁判決は、ネットの情報の信頼性が低いことや、利用者は反論も可能だとして男性を無罪とした。新聞・テレビの報道より緩い「ものさし」を当てはめたものだ。

 今回の最高裁決定は「ネット情報は不特定多数の利用者が瞬時に閲覧可能で、被害は深刻になり得る。反論によって名誉回復が図られる保証もない」として、ネットに限り基準を変えるべきではないとした。

 一方的な立場の主張を裏付けなく垂れ流したり、当事者への事実確認を全くせずにプライバシーに踏み込んだ書き込みをすれば、罪に問われる場合もある。そのことをネットユーザーは心すべきである。

 本来、ネットに限らず、無責任で行き過ぎた表現行為は許されない。教育現場では、ネット犯罪に巻き込まれたり、ネット上のいじめをしないように講師を招いて教える取り組みが進む。ブログなどでの情報発信が広まる中、表現する責任も伴うことを今後は教えてほしい。

 プロバイダー(接続業者)責任制限法に基づき、権利が侵害された被害者は、事業者に削除要請や情報発信者の開示を要求できる。だが、応じるかの判断は業者に委ねられる。

 児童ポルノや薬物犯罪に絡む違法情報が野放しになっている現状を受け、警察庁は削除要請を無視するサイト管理者らの刑事責任追及を積極的に進めるという。名誉棄損も含め悪質なケースは当然だろう。

 健全なネット社会のあり方を皆で模索していきたい。

(2010年03月19日 毎日新聞)

 確かに、モラルの欠片も無いネットユーザーも少なからず存在する訳だが、ありもしない変態記事を英字サイトで垂れ流し、長年日本を中傷し続けた何処ぞの変態新聞に比べれば、まだ可愛いものだと思われる。

 と言うか、どの口が「健全なネット社会のあり方を皆で模索していきたい」とか堂々と言えるのか、その神経が、真剣に、1ミリも理解出来ない。

 「健全なネット社会」を目指すのであれば、倫理道徳に根本から反している変態新聞こそを、真っ先に取り潰して幹部一同を吊す必要性があると思うのだけれど、どうだろう。

 大体、変態新聞以外でも、「行き過ぎた表現行為」の第一人者と言えばカスゴミだろう。

 カスゴミによる心無い誹謗中傷記事で、一体、どれだけの日本人、日本企業が傷つけられ、涙してきた事か。

 カスゴミによる「一方的な立場の主張を裏付けなく垂れ流したり、当事者への事実確認を全くせずにプライバシーに踏み込んだ」記事によって、どれだけの日本人、日本企業が傷つけられ、涙してきた事か。

 ネットユーザーに反省を促する前に、最低限の自省程度はすべきだと思うのが、そんなつもりは毛頭無い、と。

 真剣、これ程までに性根から腐り果てたクズも、有史上珍しいんじゃあなかろうか。

 取り敢えず、人の事をとやかく言う前に、変態新聞は、社長から末端まで全員、一人残らず、回線切って首吊って氏ねよ。

 誰がどう考えても、変態新聞の消滅こそが、健全なネット社会への第一歩なのだから。

●参考:毎日新聞英語版から配信された記事一覧

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

反日マスコミの真実2010 ―日本を壊す、言論統制と情報封殺システム―(OAK MOOK 327 撃論ムック) (単行本)
西村幸祐
オークラ出版
売り上げランキング: 2583
おすすめ度の平均: 4.5
4 西部邁の意見以外は全て良かった
5 国民は呆れてるぞ・・・
5 遠いバトン
5 2009年をしっかり振り返り良く考えてみよう
5 今までとこれから

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
上杉 隆
幻冬舎
売り上げランキング: 30373
おすすめ度の平均: 4.0
2 私怨に聞こえてしまうのが残念
5 ジャーナリズム(笑)
5 頭が痛いよ兄さん・・・・
5 シビアな状況を著しているけれど、殺伐感はない
5 日本の一番の問題点かもしれない。


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1987-2fe71291