FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → gnothi seauton

gnothi seauton
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【主張】漫画児童ポルノ 子供に見せないのは当然

 東京都が定例議会に提出した「青少年健全育成条例」の改正案が継続審議となり、6月議会に先送りされた。

 漫画で子供の性行為などを描いた児童ポルノを規制対象と明記する案に対して、漫画家や出版業界などから「創作活動が萎縮(いしゅく)する」などの反対が起きたためだ。

 しかし、対象となるのは教室での少女強姦(ごうかん)や恋愛と称して近親相姦を描くなど、社会規範に著しく反した内容の漫画やゲームソフトだ。18歳未満の小中高校生らに見せないようにするのは当然ではないのか。改正案は妥当である。

 過激な性表現や暴力場面を含む図書類を規制する条例は、大半の都道府県が制定している。出版社に自主規制を求め、悪質なものは有害図書に指定し、18歳未満への販売や閲覧を禁止する内容だ。

 「成人漫画」「18禁」などと表示し、販売コーナーを一般書と分けるなど出版社や書店の自主規制が進んではいるが、販売時に年齢を確認しない例が多い。都小学校PTA協議会の会長によると「子供が持っていたかわいい表紙の漫画を開いてみたら児童ポルノだった」などの保護者からの苦情が後を絶たないという。

 都の改正案は、服装や場面から明らかに18歳未満と分かる漫画の登場人物を「非実在青少年」として条文に加え、規制対象であることを明確にするものだ。

 改正案への批判には誤解や曲解も目立つ。漫画を新たに規制対象とするかのようなとらえ方があるが、現行条例でも漫画は規制対象だ。しかも、最近の指定有害図書の多くは漫画だという。「指定の基準があいまい」との批判もあるが、有識者らの審議会を経て慎重に行われている。有害図書に指定されるのは月数冊程度だ。

 「表現の自由」を持ち出した批判は論点をすり替えていないか。改正案は「子供に見せない」という常識的な内容だ。反社会的な行為の助長は許されない。

 大阪府の橋下徹知事も、実態を把握した上で規制を検討する意向を示し、「表現の自由は絶対的ではない。子供たちを守るのが大人の責務」と述べた。東京都とともに工夫して取り組んでほしい。

 インターネットなどを通じた児童ポルノの氾濫(はんらん)に対し、児童ポルノの単純所持を規制する国の法改正も滞っている。子供を性的対象とする目に余る実態を認識し、論議を深めてもらいたい。

(2010年03月23日 産経新聞)

 子供に見せない為だけなら、単純にゾーニングを徹底すればいいだけだろう、と。

 全く、これだから、統一協会系痴民信者の巣窟である似非ホシュ珍聞は嫌になる。

 大体、本当に子供を守りたいと思うのならば、漫画やゲームなんかよりも先に、パチンコを取り締まったらどうなんだ。

 明らかに違法賭博なのに、堂々と営業して、換金するという行為が罷り通っている。

 子供の情操教育上、非常によくない事だと思うがね。

 ついでに、あの違法賭博店の周りには、DQNに分類される人間が非常に集まり易い。

 自ずと治安も悪くなる訳なのだから、学校などの周り、通学路に指定されている場所には出店禁止、現在、既に出店している店には強制的な立ち退きを要求をすべきだね、子供の為に。

 あと、韓国人を規制しろ。

 日本国内における外国人犯罪、その中の強姦事件を最も起こしているのが、あいつらだ。

 本国でも、日本の10倍以上の強姦事件を起こしている、筋金入りの鬼畜変態民辱だ。

 10代の少女も、数え切れない程に多数、犠牲になっている。

 ま、それは不可能だとしても、表現規制なんかやる前に、出来る事なんざ幾らでもある。

 それもやらずにこういう一方的な主張をするなんざ、アタマがおかしいとしか言えんね。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
上杉 隆
幻冬舎
売り上げランキング: 6925
おすすめ度の平均: 4.0
2 私怨に聞こえてしまうのが残念
5 ジャーナリズム(笑)
5 頭が痛いよ兄さん・・・・
5 シビアな状況を著しているけれど、殺伐感はない
5 日本の一番の問題点かもしれない。

詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口
デヴィッド・W. モラー
光文社
売り上げランキング: 185593
おすすめ度の平均: 4.5
5 痛快な「コン・ゲーム」、アメリカ資本主義的精神の本質を活写
4 大戦前の、アメリカの信用詐欺
4 わかりやすい
2 ビジネス本の様だった
5 ノンフィクションであり、一級品の文学作品。


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
完全に推測ですが彼らは新たな文化に対して恐れをなしているのではないでしょうか?過去、為政者や宗教家は組織的に文化・価値観を発信・制限することで権力を保つ一助としてきましたがそれをごく少人数で無力化してしまうだけの文化力を持つ新たな集団(つまりはオタクだが)を自分達の利権を脅かす存在として敵視し始めたのではないか?そうでなければここまで攻撃的な行動にでる理由が無いと思うのですが。
2010/03/26(金) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1993-a237f9f4