FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → とある基地外の政治宣伝砲

とある基地外の政治宣伝砲
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「無条件で生活に必要な所得給付」
上京 構想研究へ団体設立


 生活に必要な所得をすべての人に無条件で給付する構想「ベーシック・インカム」の普及や研究に取り組むベーシック・インカム日本ネットワーク(BIJN)の設立集会が27日、京都市上京区の同志社大であった。

 同大や京都府立大など京都の研究者らが2007年から準備を進め、25日にBIJNを設立した。ベーシック・インカム世界ネットワーク(BIEN)と連携して、情報発信と研究活動を進める。

 集会には全国からベーシック・インカムに関心を持つ約400人が参加。BIJN代表に就任した小沢修司京都府立大教授が「ベーシック・インカムをめぐる議論を喚起し、貧困の問題にかかわる人々の交流の場をつくる」と述べ、英国から来日したガイ・スタンディングBIEN名誉共同議長は「さまざまな考えの人が幅広く連帯し、この運動を進めている」と演説した。

 リレートークでは障害者や女性団体、労働組合からベーシック・インカム実現に期待する声が上がっていた。

(2010年03月27日 京都新聞)

 何だか、騙されている人が多いけれど、この政策って、共産主義的、社会主義的なものとは全く違って、その本質は、資本主義の究極的な形だからね。

 騙されて賛成しかけている左巻きの人も、相変わらずの単純脳で「テラ共産主義w」とかやっているお頭の残念なバカウヨくん達も、いい加減に気付こうよ。

 まず、働く、働かないに関わらず、全ての国民に一律、最低限の生活が出来るくらいの金を散蒔こうという内容だけを聞くと、確かに、相互扶助的な、共産主義的なものに聞こえる訳だけれど、この政策の真の狙いというのは、それによる貧困層の救済なんかでは決してない。

 寧ろ、逆で、貧困層の徹底した切り捨てこそが狙い。

 ミルトン・フリードマンが提唱して、ホリエモンみたいなのが賛成している時点で気付けよと思うんだけれどねえ。

 つか、そのホリエモンが「財源は、消費税増税+社会保障の一本化で十分賄えるはずだ」と言っていた訳なんだけれど、この後ろの部分、「消費税増税+社会保障の一本化」この恐ろしさ、余程のバカじゃなければ理解出来るよね。

 そして、ホリエモンの言を借りるまでもなく、ベーシック・インカムとはそれを基本としている。

 生活保護を、年金を、医療保険を、雇用保険を、扶養控除を、課税控除を、その他一切合切を全てなくして、ベーシック・インカムによって配られる金に一本化する。

 生活保護層は当然の事、年収300万以下のワーキングプア層も、そして400万~800万程度の中流層も、皆等しく減収となり、生活は厳しくなる。

 そして、その結果引き起こされる全ての事象の責任を、政府は一切取らない。

 「必要最低限のお金は配っているでしょ?それで何とかするのが自己責任」となる。

 「負の所得税」的なやり方ならば、それでも、まだ、若干はマシだと言える訳だけれど、現政府、そして今、このベーシック・インカムの議論の中心にいる人物らにその考えがない事は残念ながら明白。

「月8万円」国が無条件支給 「うまくいく」説と「働かなくなる」説

所得税45%で財源確保


テレビ朝日の名村晃一・経済部長が先生役を務めた。様々な方式が考えられるが、その一例だとして取り上げた。ボードを使った事例は次のようなものだ。1人につき月8万円を国が支給する。たとえば、夫婦に子ども2人の4人家族の場合、年384万円の支給を受けることになる。

名村の解説では、「絵空事」ではなく、200年前から欧米を中心に議論されている。国内でも先2月の衆院予算委で議題に上り、鳩山首相が「検討されるべきだ」と答弁した。この制度を導入すれば、年金や生活保護、失業手当、扶養控除の一部などがなくなり事務手続きが不要となる。その結果、行政のスリム化が可能になる。

財源については、京都府立大の小沢修司教授の案を紹介。1人月8万で1億2000万人なら、年115兆円が必要となる。所得税を45%にすれば、同額を確保できるという。モデルケースとして、年収700万円の3人家族(夫婦と18才の子ども1人)の場合を考えると、現行では手取りが609万円となるところ、上記のようなベーシック・インカム制を導入すると、年657万の手取りとなり、増額になる。母子家庭(18才の子ども1人)で年収500万円のケースでも、年16万円増える計算になる。

生き甲斐重視へ

質問時間では、コメンテーターの鳥越俊太郎が、所得税をすべて生活費支給に回すと、道路建設などはどうするのかときいた。名村は、法人税や消費税などを使うことになると説明。漫画家やくみつるは、高い税率を避けるため、国外脱出を図る人が相当数出るだろうと疑問を呈した。また、働かなくなる人が増えるのでは、との指摘が出ると、月8万円では食べていけないので、仕事を完全に辞めるわけにはいかないと名村は応じた。仕事のあり方が、生きるためのものから生き甲斐重視へと変わると小沢教授が唱えているとも話した。

しかし、やくは「今でも好き好んでプー(太郎)やってる連中が働くようになるとは思えない」と否定的だった。鳥越も、「8万円もらって自由気ままにホームレス生活をする人が増える可能性」が気になるようだった。女優の東ちづるは、貧困はなくなる、と肯定的な面があることに触れていた。

ベーシック・インカムは、日本新党が導入を唱えたり、新書で入門書が出たりしている。ホリエモンこと堀江貴文が、ブログで肯定的に紹介して話題になったこともある。今後、議論はどういう展開をみせるだろうか。

(2010年03月25日 J-CAST)


 テロ朝の名村とかいうテロリストが、ベーシック・インカムについて解説しており、その際、所得税45%で試算している訳だけれど、現在の所得税の税率は、195万以下が5%、330万以下が10%、695万以下が20%、900万以下が23%、1800万以下が33%、1800万超が40%となっている。

 この事から、普通に考えて、名村とかいうテロリストが「最高税率を45%に」という趣旨で発言したのでは無い事が分かる。

 つまり、富裕層にはたった5%の負担率アップなのに対し、それ以外の層には最低でも10%以上、ワープアの最たるものである年収195万以下の層に至っては、40%もの負担アップを強いる事となる。

 実に現在の9倍の負担。

 テロリストの名村くんは、取り敢えずプラスに出来そうな年収700万の3人家族の場合で試算して、「増収ニダ」とか言っている訳だけれど、これとても、マイナスになる分、医療保険や年金分に関してを計算から除外している。

 配られる8万というのは、ただ単純に収入として使えという性質のものとは違って、そういう、病気や何かあった際にも、基本的にそれで賄え、という性質の金だという事を忘れてはいけない。

 大病した時、ギリギリの生活していて、貯金なんか全くなくても、「働いて貯金しておかなかったオマエの自己責任w」と切り捨てられる。

 貧困はなくならない。

 寧ろ、増える。

 世間を知らないニートウヨやバカサヨクなんかは理解していないだろうけれど、世の中ってのは、一人の力でやっているように思っていても、実はそこに色んな補助とかが付いていて、それで何とか回せている事が多い。

 そういうものの一切合切がなくなっても大して困らないのは、実際は富裕層くらいのものなのだ。

 他にも、今現在においては、企業が雇用者の社会保険料を負担している訳だが、BI体制下では、これら、年金、雇用保険、健保等全て綺麗になくなる。

 そういう国家政府による社会保障制度がなくなる訳だから、企業が負担する必要が何処を探しても見付からない。

 富裕層になればなる程、負担増の分よりもメリットの方が大きくなる訳だ。

 また、最低賃金制度も廃止される恐れがある。

 国家政府が最低限の生活の面倒を見ている以上、企業が更に負担しなくてはならない理由が見付からないからだ。

 名村とかいうテロリストは、「仕事のあり方が、生きるためのものから生き甲斐重視へと変わる」と小沢という教授が発言していると紹介している訳だが、「生きるためのもの」なら兎も角、「生き甲斐のためのもの」に、そんな負担を企業がせねばならない理由なんて、何も無いだろう?

 実際、ルイス・キャプローとスティーブン・シャベルは、その共著において、ベーシック・インカムは納税者番号制と規制撤廃と組み合わせてこそ推進すべき政策だと主張している。

 キャプロー=シャベルの定理を適当に纏めると、世の中には、労働基準法とか、借地借家法とか、消費者契約法とか、製造物責任法とか、弱者を助ける為の法律が沢山ある。

 しかし、こんなものがあると社会は非効率になってしまうので、このようなものは全て撤廃し、代わりに国家は財産の再分配だけを行う。

 租税以外の法律は、効率だけを重視し、弱者保護は行わず、弱者保護は徹底的に租税法で行う。

 その方が必ず上手くいくのだ、との事。

 バカ忍者あたりが好きそうなバカげた理屈だ。

 兎に角、この法案は社会を徹底的に、根本から完全にぶっ壊す為のものに他ならない。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
堤 未果
岩波書店
売り上げランキング: 380
おすすめ度の平均: 4.5
5 ルポ 貧困大国アメリカ(岩波新書)
4 新自由主義は絶望を呼ぶのか
5 読書後の後味の悪さ(笑)
4 行き過ぎた 民営化はね よくないが
5 アメリカンドリーム・・・

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
堤 未果
岩波書店
売り上げランキング: 128
おすすめ度の平均: 4.0
5 久々にビビっときた,ジャーナリズム
3 読まなきゃよかった
4 人のフリ見て我がフリ直せ
4 アメリカは怖い
3 それでどうなの?がない


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
サンプルは、都合の良い架空家族ばかり。
名村も、自分の収入を元に提示すれば視聴者の理解も早いのに。
NHKもそうだが、マスコミがサンプルを他に求めている事自体が、
自分達は「特権階級」だと宣言している証拠だ。
2010/03/29(月) | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
http://www.jimbunshoin.co.jp/rmj/BI3.htm

私個人はベーシックインカムに肯定的です。
この文章と逆の意味で賛成。
この件についてはまた自分ところで書きますが。
2010/04/05(月) | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1996-9e2fcffb