FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → Vernichtungskrieg

Vernichtungskrieg
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

弱小の登録型派遣業者締め出し 4月以降4割減る見通し

 厚生労働省は4月から、「登録型」の労働者派遣を手掛ける事業者について、許可更新に必要な基準資産を約2倍に引き上げる。経営体力のない事業者を締め出すことで、派遣社員の安易な解雇を防ぐ狙い。2万5千ある事業所のうち4割程度が更新できなくなるとみられる。

 「登録型」は仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ派遣。登録型を手掛ける派遣会社は、初回は3年、以後は5年ごとに許可を更新しなければならない。更新時には、事業所の数に応じて、資産から負債を引いた「基準資産額」と保有する現預金額の二つの基準を満たす必要がある。今回の更新から「基準資産額」は1事業所あたり1千万円から2千万円に、現預金額は同800万円から1500万円に引き上げられる。

 新規の許可については昨年10月から基準が引き上げられた。その結果、2009年度下期の許可件数は293件にとどまり、上期の824件と比べると3分の1に減った。経済情勢の悪化で派遣市場が縮小したことに加え、厳格化の効果が出ているとみられている。

(2010年03月31日 朝日新聞)

 実に珍しく、まともに仕事をして、まともな結果を出してる。

 結局、大きいところは潰れない訳で、「ザマアw」と言いながら小躍り出来るレベルではないものの、奴隷害社が一つでも多く潰れる事は社会全体の利益だし、何より、小さな弱小の奴隷害社ってのは多重派遣の温床だった訳で、その多くが潰れるというのは、それだけでも結構な成果だろう。

 多重派遣が難しくなれば、結果、偽装請負も難しくなってくる。

 小泉チョン一郎&怪異疸連のゴミクズ老塵ども&銭ゲバ奴隷商人どもによって作られた搾取のシステムに綻びが生じる。

 まあ、そもそも、そういう犯罪の温床の存在を、今の今まで許していた事自体、アタマおかしいとしか思えない訳ではあるのだけれど、取り敢えず、遅まきながらも潰すというのだから、素直に乙と言っておいてもいいだろう。

 後は、奴隷害社の連中のピンハネ率の規制だ。

 これによって、悪徳奴隷商人どもは、ほぼ社会から駆逐出来る。

 一部の狡猾な連中が、多少は残るかも知れないが、それでも、今までのように好き勝手に出鱈目の限りを尽くす事は難しくなるだろう。

 雇用の正常化は狂った社会からの脱却の第一歩となる。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに (岩波新書)
中野 麻美
岩波書店
売り上げランキング: 83965
おすすめ度の平均: 4.5
5 (日本で)働いたら負けかなと思っている by 24歳男性ニート
3 労働者全般が共有すべき知識であるが、インパクトに欠ける。
4 労働者本意の働き方を求めたい
5 これは読まないとまずいでしょう
3 現状レポートとしては良い

派遣のリアル-300万人の悲鳴が聞こえる (宝島社新書)
門倉 貴史
宝島社
売り上げランキング: 173670
おすすめ度の平均: 4.0
5 派遣会社のまわし者
1 鵜呑みにしてはいけない
4 商品化された派遣労働の実態
5 労働は商品です
5 派遣の実態と将来


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
2千万ぐらいの基準資産額なら役員報酬減らせば何とかなるんじゃないの?とおもえるのですが。まー自分の取り分減らすぐらいなら会社潰して資産の持ち逃げの算段を始めそうな連中ではありますが。
2010/04/01(木) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1999-2fdf3273