FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → いらん子が行く

いらん子が行く
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

連休分散、12年から 観光庁長官、今秋にも改正案提出

 観光庁の溝畑宏長官は8日、全国を5ブロックに分け、ずらしながら5連休を取る「休日分散化」について、2012年からの実施を目指す考えを明らかにした。5連休は春と秋の2回。混雑を緩和することで観光需要を掘り起こす狙いで、祝日法改正案を今秋の臨時国会にも提出するという。

 朝日新聞のインタビューに答えた。政府が検討中の休日分散化案は、全国を「九州・沖縄・中国・四国」「近畿」「中部・北陸信越」「南関東」「北海道・東北・北関東」の5ブロックに分割。5~6月と9~10月の年2回、西のブロックから順に土日を含む5連休を取る。

 年6日の休みを確保するため、祝日法改正により「こどもの日」「敬老の日」「体育の日」などの祝日を「記念日」とする。

 溝畑長官は「有給休暇の取得が進まないなかで、親と子が一斉に休みを取る時期をつくりたい。分散化で旅行需要がなだらかになれば出かけやすくなるし、非正規労働が多い観光業界の雇用安定にもなる」と、分散化の意義を強調した。

 ただ、年内に法改正が実現しても、11年からの実施にはカレンダーの準備などが間に合わないことから、12年からの実施を目指すという。

 休日分散化に対しては「地域によって休みが違うと会社の業務に支障が出る」といった反発も出ているが、溝畑長官は「旅行の埋蔵需要が引き出され、結果的にプラスの経済効果が大きい。マイナスの影響については、関係者の話をよく聞いて影響を検証し、対応を考えたい」とした。

(2010年04月09日 朝日新聞)

 結構真面目な話なんだけれど、実際問題、観光庁って必要かな?

 観光事業なんて、国家政府で一括して舵取りするよりも、それぞれの地方の特色を理解している地元の自治体が、それぞれの地方の特色を生かした環境事業をやっていった方が、ずっと効果的だと思う訳で、必要性というのを全く感じない。

 「官僚=悪」「官僚=馬鹿」というステレオタイプな官僚叩きをやるつもりは毛頭無いけれど、こういう事業に関して、地域の実情を良く分かってもいない官僚に案を捻り出させたところで、まともなのが出て来る訳が無い。

 出て来た方が奇跡とすら言える。

 で、まともな案なんか出て来もしないから、こういう頓珍漢な事を言い出す。

 まさに誰得。

 で、このアホな法案についてだけれど、こんなアホな法案考えている暇があるのなら、企業に従業員に有給を消化の義務付けでもやれよ。

 こんな事やったって、取引企業が営業していたら、弱小下請けは祝日だろうが何だろうが休めないし、殆ど意味は無い。

 単身赴任者は家族と休日が合わなくて家庭崩壊。

 碌でもない、実に碌でもない。

 本当にこんな法案考えた溝畑というオッサンは、碌でもないクズだな、と思ったら、何と、前何とかさんのオトモダチらしい。

「お友達人事」で株下げた前原国交相
観光庁長官交代劇でポスト鳩山に黄色信号?


官僚出身・経営手腕に疑問符の新長官

 確かに、本保は自民党や財界の大物とのパイプが太く、昭和の香りを漂わせるような古いタイプの役人。民主党流・政治主導に馴染まなかったのは事実だ。ゆえに、政府内では次期長官として、鳩山政権に近い劇作家・平田オリザの名前まで上がっていた。

 それを覆して、2代目長官となった溝畑は旧自治省出身の元官僚。課長補佐時代に大分県庁にヘッドハンティングされて退職しているため、一般的な天下りと同列に論じる訳にはいかないが、それでも純粋な民間出身とは言い難い。

 「地域から日本を元気にする」という信条の下、大分トリニータを一から育て上げた功績を買われて新長官に抜擢(ばってき)されたものの、当のチーム運営会社は経営不振に陥り、最後は引責辞任している。

 中央省庁での取材経験が長いベテラン記者は「ここで大物長官を連れて来ることができれば、前長官更迭の後味の悪さも吹っ飛んだはず。溝畑は5年前まではすごかったが今はパッとしない人だね」と冷たく言い放つ。

 長官就任の経緯についても溝畑は「2009年12月5日の最後の公式戦の後、前原大臣から打診の電話があった」と説明しているが、「実際は猛烈な職探しをしていて、11月中に観光庁長官ポストの手応えを得た上で社長辞任を表明した」(複数の関係者)ことが真相のようだ。

 取締役会で正式に辞任してから、わずか13日後の長官就任決定に、大分の地元関係者の中からは民主党に多数の抗議メールが送りつけられたという。

幼なじみ人事で露呈した人脈の狭さ

 あまり知られていないが、実は、前原と溝畑の関係は、幼少期にまでさかのぼる。溝畑の2歳年下の弟と前原が京都修学院小学校の同級生で、2人は幼い頃からの顔見知りだ。

 前原は時々、溝畑家に遊びに行っており、「かわいい顔の前原少年を、ガキ大将の溝畑兄貴がからかうような間柄」(関係者)だったという。その後、府議になった前原を、溝畑の両親が熱心に応援。そういう意味では今回の一件は「幼なじみ人事」とも「ご近所のよしみ人事」とも言いたくなるようなもの。

 さらに、前原と極めて近い関係にある松井孝治官房副長官と溝畑とは、京都の洛星中学・高校で机を並べた同級生。松井は2008年11月12日付の日経新聞「交遊抄」の中で、溝畑のことを「愛すべき悪ガキ」「当時から型破りな存在」などと綴っている。大人になった前原と溝畑は松井の取り持ちで再会を果たした。

 前原の「お友達人事」はこれが初めてではない。国交相就任直後の2009年9月、日本航空の再建問題で同社が検討していた再建計画案の撤回を促し、自らの手で選んだ専門家チーム「JAL再生タスクフォース」に新再建案の策定に当たらせた。

 タスクフォースのメンバーとなったレゾンキャピタルパートナーズの奥総一郎は、前原と京大法学部の同期で故・高坂正尭教授の同門生。そもそも、タスクフォースの設置は、奥のアドバイスだったとされる。その後、タスクフォースは各関係方面との軋轢を生み、策定した再建案を公表することもできないまま解散となったことは記憶に新しい。

 国交省関係者は「前原は近しい人間しか信頼できないのではなく、そもそも、何かを頼めるような人脈が極めて狭い人なのではないか」と心配顔だ。

(2010年01月14日 JBpress)

 ゴミの前頭三枚目国交相のオトモダチじゃあ、そりゃダメダメのゴミな筈だわ。

 実績とやらも、(笑)を付けて然るべき出来上がりだし。

 ま、何にしても、こんなゴミ法案はとっとと廃案にしてしまえ。

 ついでに、観光庁とかいう誰得な役所も、とっとと事業仕分けしてしまえ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
久繁 哲之介
学陽書房
売り上げランキング: 89649
おすすめ度の平均: 5.0
5 市民も共感できる街づくりの本
5 目から鱗の洞察の数々

観光まちづくり―まち自慢からはじまる地域マネジメント
岡村 祐
学芸出版社
売り上げランキング: 225629
おすすめ度の平均: 5.0
5 さすが、第一人者が書いただけあります


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>>地域社会……(゜Д゜)!!!?


盛り上げる所か下げ下げしてしまうあたりに、仕様の無さを感じます。なんだってお友達(笑)感覚なんでしょうかね?


まさに誰得
2010/04/09(金) | URL | のまたん #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2008-c0071e68