FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 恥を知れ、人非人

恥を知れ、人非人
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「どんな状況でも日中交流を」 高村元外相が北京で講演

 【北京=佐々木美恵】中国を訪問中の日中友好議員連盟会長の高村正彦元外相は1日、北京市内で開かれた中日友好協会主催のシンポジウムで講演し、「(日中の)政治関係が悪いと(両国の)国民感情は悪くなり、国民感情が悪くなれば政治もなかなか良い関係が築けない。このマイナスの連鎖を断ち切るのに一番必要なのは互いの理解だ。どんな状況下にあってもあらゆるレベルで交流することだ」と強調した。

 中国側が小泉純一郎首相の靖国参拝に反発して「参拝をやめればいつでも首脳会談の用意がある」(胡錦濤国家主席)などと主張しているのに対し、日中双方に首脳レベルの交流を促したものとみられる。

(2006年04月01日 産経新聞)


 この馬鹿どもは何故に、少なくとも日本人支那人に対する感情の悪化の、根本的な原因は自分たち、中国共産党の狗コロにあるという事に気付けないのでしょうか。

 媚中派チャイナスクールの外道どもさえ居なければ、日本人支那人に対する嫌悪感の約半分程度は、めでたく解決されると言っても過言では無いと思われます。

 そもそも中国共産党に対する悪を憎む感情と、支那人に対する単純な嫌悪感を、ゴチャゴチャに混ぜ繰り返すのは如何なものかと思います。

 我々のようにWWW上において、支那批判をしている者にしても、それ以外の支那に嫌悪感を抱いている人間にしても、大半の人間は、中国共産党という国家の体を成した、犯罪シンジケートを心底憎みはしても、支那人そのものに対する嫌悪感などは、ほとんど持ち合わせてはいません。

 確かに支那人の国内外におけるマナーの悪さや、犯罪率の高さなど、問題と思える部分は多々あり、それらを取り上げて批判する事はあるでしょう。

 しかしそれらの問題の原因も、中国共産党という悪の権化のせいである事は認識しており、漢人という民族そのものを、悪だと考えている人間は極少数であると思えます。

 日中間政治が良い関係を築けないのは、中国共産党という基地外が、独裁政権を築いている事にあり、日中間国民感情の悪化は、支那側は中国共産党の歪んだ反日教育日本側国益も考えずに、自分たちの利益の為、中国共産党に阿り続ける媚中派という売国奴にあると断言出来るものです。

 つまり日中間の関係悪化の原因は全て、中国共産党とそれに阿る、媚中派売国奴にあると考えられます。

 これは媚中派連中に限った事ではありませんが、本当に日中友好というものを、築き上げていこうと思うのであれば、まずすべき事は、支那に阿る事や金をつぎ込む事では無く、中国共産党人権弾圧暴政に対して批判の声を上げ、中国共産党による一党独裁に終止符を打ち、支那における民主的選挙が行われるように働き掛けていく事ではないでしょうか。

 私は人間の知性やモラルは、環境や教育によって創られていくものだと考えています。

 現状の日本の知性やモラルの低下も、日教組を始めとした基地外どもによる、イカれた戦後教育にあると言っても過言では無いと思われます。

 支那人のモラルに関しても、悪の権化である中国共産党一党独裁が崩壊し、民主的選挙が行われ、きちんとした教育が為されるようになれば、時間は掛かれど、何時かは向上して行くものであると考えられます。

 中国共産党さえ消滅すれば、問題の全てが解決する訳ではありませんが、少なくとも物事が良い方向に流れ出すであろう事だけは、間違いないと思えます。

 日本政府日中関係の改善を図りたいと本気で思っているならば、まずは中国共産党政権の崩壊に向けて、手段を講じていくべきであります。

 その為にはまず媚中派と思われる人間を、政府国会から駆逐する事から初めていくべきと言えるでしょう。

 諸悪の根源は中国共産党媚中派国賊どもにある。

 この真実さえ忘れなければ日中間の関係は、時間は掛かっても何時かは改善されていくものであると私は考えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


現代中国の禁書 民主、性、反日
鈴木 孝昌
講談社 (2005/06/21)
売り上げランキング: 46,817
おすすめ度の平均: 5
5 現代中国社会の苦悩と希望
5 素晴らしい本です!


PR情報
資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載
簡単登録★完全無料のメールアドレス★ZENNOコム
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
共産主義はアナキズムも含めあらゆるモラルを破壊し人民を絶対服従の状態に置くことをその本質に持っています。

それと友好を深めようなどと悪い冗談。
エイプリルフールの所為ですかね。
2006/04/02(日) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
全く仰るとおりです。
私も知り合いに中国の方がいますが、全然日本人の友人などと変わらないです。
(日本びいきの方なので割り引く必要がありますが)
しかし、中国政府(及び共産党)の政策や言論はどうしても好きになれません。
中国が大きく変わるまで、一定の距離離れて関係を保つのが良策だと思うんですが・・・
2006/04/02(日) | URL | aikon #TZpNm4HA[ 編集]
そのエイプリルフールの嘘のような冗談を、本気で信奉している奇異な人達が、未だに存在しているのですから、本当に恐ろしいものです。

学校の公民の教科書の最初のページにでも、「共産主義を知らぬ者はそれだけでアカの手先だ」の一言を、書き記して欲しいものです。
2006/04/02(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
中国共産党の崩壊なくして、日中友好などはありえないというのが、私の考えです。

逆に中国共産党さえ消えて失せれば、近隣国特有の多少の諍いはあっても、日中友好は可能であると思っています。
2006/04/02(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
中国共産党の崩壊が前提に成りますが、それだけでは本当の友好関係は難しいように思います。
アナーキズム以外にも中華思想、拡大主義や性悪説でもある儒教思想が障害となるでしょう。

中国が民族により幾つかに分離し、夫々が独立した民主国家になった方が、友好関係もアジア地域の安定ももたらされる様に思います。
2006/04/02(日) | URL | MultiSync #-[ 編集]
すみません、少し言葉足らずでしたね。

中国共産党が崩壊し、民主主義が支那にきちんと根付く事が出来れば、近隣国特有の諍いや、文化による考え方の違いなどの障害があっても、時間を掛ければ、友好関係は築き得ると思っています。

上のように、言いたかったのです。

ただ支那が民族毎に分裂した方が、友好関係も気付き易く、東アジアの安定にも繋がるという意見には、私も同意致します。
2006/04/02(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/206-a93da7ae
未だにあのアカイ爺さんの影響力を排除できない読売の言説にしては珍しくまともな以下の社説.中共工作の一環と知ってか知らずか,のこのこと毎度,支那詣でに勤しむ間抜けな元首相達,橋龍さん,アンタの行き先は中共ではないですよ・・以下自粛. ところで,中共のいう”
2006/04/02(日) | もののふのこころ