FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → The world is not enough

The world is not enough
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

ホンダ中国スト、外資系に飛び火懸念 賃金上昇で“世界の工場”転機

 【上海=河崎真澄】部品工場のストでホンダが生産の全面停止に追い込まれた中国で、外資系製造業にストが飛び火する懸念が出ている。中国紙「京華時報」(電子版)は31日、北京にある韓国現代自動車系部品工場でも1千人規模の賃上げ要求ストが起き、完成車の生産に影響が出たと伝えた。出稼ぎ農民の減少による労働力の不足も背景にあり、外資にとっては賃金コストの上昇は避けられない。スト多発は、安くて豊富な労働力を背景とした「世界の工場」の転機を象徴している。

 同紙によると、ホンダ系に続いてストを打った韓国現代系の自動車部品メーカーは北京星宇車科技。同社の部品供給先である完成メーカーで特別手当が支給されたことから、同様の手当を求め、生産がストップした。現代側の調停でストは収拾に向かっているが、大幅な賃上げ要求は撤回されていない。

 ホンダと韓国現代のケースで共通しているのは、完成車工場と部品工場の待遇差だ。外資系企業では、より高い付加価値を産み出す労働にはより高い賃金で報いるとの考え方が一般的。だが、計画経済時代の意識が残る中国のブルーワーカーからすれば、同じ工場労働にもかかわらず部品工場が冷遇されているとの差別感がある。

 中国内の急速な需要拡大に対応するため、完成車工場での厚遇を進めたこともあだになった。しかも、工場労働者は日本や韓国など本国から派遣された管理職や駐在員とのケタ違いの給与格差が中国メディアで報道されたことで、被害者意識を増幅させている。

 経済成長率よりも低い工場勤務の賃上げ率に、現場の不満がここにきて一気に噴き出した格好だ。

 中国に進出している外資系製造業の給与格差問題は、ほぼすべての業種に当てはまる。労組の全国組織である中華全国総工会が、外資系の製造業をターゲットに厳格な労使交渉を進めるよう指示しているとの情報もある。

 工場従業員の大半は「農民工」と呼ばれる農村からの出稼ぎ労働者だが、少子化と高学歴化の影響で、供給が減少。しかも4兆元(約52兆円)にのぼる景気対策で内陸部の公共工事が増大し、「沿岸都市部に出稼ぎする労働者に不足感がでている」(みずほ総研上席主任研究員の鈴木貴元氏)。

 中国では2008年の労働契約法施行で労働者の権利意識が高まり、昨年は約60万件の労働争議が発生している。06年の倍の勢いで、今年も増加傾向にある。また「同一労働、同一賃金」を明文化する「賃金法」の年内成立も検討されており、鈴木氏は「中国人従業員とのあいまいな労使契約が多い日系企業に紛争が広がる懸念がある」と警告している。

(2010年05月31日 産経新聞)

 色々と御託を並べているが、結局のところ、チュウゴク塵を奴隷化しようとして、それに失敗したってだけだろう、ホンダもヒュンダイも。

 安価な労働力がチュウゴクの売りだなんていうけれど、それって、あくまで貧しい後進国だったからこそ成り立っていたものな訳で、経済成長し、インフレが進んでいけば、労働者の賃金も上げないといけなくなるのは当たり前。

 しかも、トウ小平が先富論を唱えたような時代とは違い、チュウゴクの中にも、多数の「外の世界」を知っている外国人が入り込んできている訳で、自分達が如何に安い賃金で扱き使われているかというのを皆が理解している。

 外の世界を見て帰ってきたチュウゴク塵も少なからずいるしね。

 こういう事になるのは、遅かれ早かれ、時間の問題だったと言える。

 ホンダにしてもヒュンダイにしても、その他、チュウゴクに進出している企業にしても、何とかそれを押さえ込んで、チュウゴクの塵民たちを永劫の奴隷にしてしまおうと一生懸命になっている訳だが、そんな目論見が上手くいく訳がなかろう。

 大体、幾ら世界の嫌われ者チュウゴク塵相手だからと言って、そんな事が許され続ける訳もなかろう。

 この件で、ホンダは1日あたり26億円超の損失を出しているらしいが、一から十まで、完璧な自業自得。

 同情の余地など1フェムトも無い。

 欲をかき、良心を悪魔に売り渡し、人間を奴隷にしてまで金儲けに執心し、それをグローバリズムだの何だのと正当化して罷り通るような時代が、何時までも続いてなるもんかよ。

 大体、グローバル・スタンダードなどとぬかすのならば、チュウゴク塵にも自国や他の先進国の労働者と同じだけの給料を支払え。

 都合の良いところだけグローバル・スタンダードを謳い、都合の悪いところは見ざる言わざる聞かざるで貫き通そうなんざ、甘っちょろいにも程があるわ。

 バカウーヨは、「チュウゴクなんかに工場作るから悪い。インドかベトナムに行け」とか言い出すんだろうけれど、何処の国に行こうとも、同じ事の繰り返しだ。

 銭ゲバアホ企業のやっている事なんざ、賽の河原の石積みと同じ。

 結局、歩みは遅くとも、大幅な躍進はなくとも、コツコツとまともにやっていく以外に、真っ直ぐ前に進む方法などないのだ。

 日本企業が、日本が、昔のような勢いとパワーをなくし、他国の企業から後れを取るようになってきたのは、グローバリズムに乗り遅れたからだの何だのではなく、そんな当たり前の事も忘れ、目先の利益ばかりに執心しているからだと思えてならない。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

グローバリズムは世界を破壊する
ノーム チョムスキー デイヴィッド バーサミアン
明石書店
売り上げランキング: 278802
おすすめ度の平均: 4.5
5 今こそ読むべき本?さまざまな疑問への答えが見つかります
4 アメリカってひどい国・・
4 民主主義の政府がめざすことは・・・?
5 マスコミにまどわされるな!!
4 やさしい英文でチョムスキーの全体像がわかる

儲かれば、それでいいのか―グローバリズムの本質と地域の力
本山 美彦 山下 惣一 三浦 展 古田 睦美 佐久間 智子
「環境持続社会」研究センター
売り上げランキング: 496498


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
若者の車離れが深刻で自動車会社が悩んでいるらしいのですが、これも日本人正社員をなくし、派遣あまっさえ外国人を連れてきて低賃金で働かせているのですから100万単位の車など買うわけがない。財界はアホです。
2010/06/02(水) | URL | 123 #sSHoJftA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2061-410ffd69