FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → The Fool

The Fool
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【ブログ】増税で公共部門に雇用を創出せよ=菅首相の経済アドバイザー

 菅直人新首相はこれまで数カ月間、財務相を務めたが、洗練された経済知識を持っているというイメージはない。

 そこで菅氏は、大阪大学社会経済研究所の小野善康所長(59)に経済政策の師事を仰いだ。小野氏は「Money, Interest, and Stagnation: Dynamic Theory and Keynes’s Economics」などの著書で知られる。

 内閣府参与で首相の経済アドバイザーを務める小野氏は興味深い持論の持ち主だ。「 失業者のために公共セクターで職を創出するため、定職に就いている労働者への課税を強化すべき」というのがそれだ。

 菅氏が副首相と財務相を兼任していた時期、同氏と官僚に対し、経済政策に関する2時間の個人授業を小野氏は何度も行ったという。

 小野氏は、日本経済はデフレを脱却できずにいるとし、職の確保に対する不安から、国民は支出を渋っており総需要が減少している、と説明する。

 小野氏は、政府は増税を実施し、自転車専用道路の建設や保育施設の充実といった公共計画に資金を充当することで、民間セクターで職を得られない労働者に報いるべき、と説く。

 小野氏は、この施策は経済に実質的な負荷はもたらさないとし、事業会社はいずれにせよ、このような労働者を雇わないため民間セクターを大きく損うこともなく、あらゆる点でばら色の計画、と述べた。その上で、新たな公共サービスが提供され、雇用が拡大することで、デフレが和らぐとともに民間需要が押し上げられ、収入増と消費税収の拡大がもたらされる、と述べた。

 小野氏は「無職の労働者はそのままにしておくよりも、職を与えた方が良い」と言う。組閣の際に首相が考慮すべき言葉だろう。

(2010年06月07日 Wall Street Journal)

 うわぁ・・・・・・・・・

 「無職の労働者はそのままにしておくよりも、職を与えた方が良い」というのはその通りだが、何で、その方法が既存の労働者への課税強化による、公共セクターでの雇用の創出なんだよ・・・

 普通に雇用対策やればいいじゃないか、と。

 仮に公共セクターにおける雇用の強化をやるにしても、サビ残&休日出勤で半ば奴隷状態のサラリーマンや、ワーキングプア街道驀地の派遣&バイトで構成されている既存の労働者への課税強化はないだろう、JK。

 このやり方は、タコに自分の足を食わせて当座の空腹を誤魔化しているだけ。

 直ぐに破綻が来る。

 課税強化を行うなら、普通に累進課税の強化をし、中曽根以前に戻せばいいだけ。

 税金の基本は、ある所、取れる所から取り、足りないところに注入する事により、全体の流れを潤滑にする事。

 無いところから取って、もっと無いところに注入したところで、その真ん中くらいの無いところが出来上がるだけで、何の意味も無い。

 寧ろ、それならいっそ、働かないでナマポでも貰っておいた方がマシ、と考える人間が増える。

 まあ、管ガンスがダメなのは分かっていた事だけれど、予想通り、いや、予想以上にダメだな、この様子では。

 その点、やっぱり亀井センセはまだまともだ。

財務相は財政健全化の政策強調、亀井担当相は増税けん制

 [東京 9日 ロイター] 菅直人内閣は8日夜、初閣議を開催し、経済・財政・社会保障の一体的立て直しに誠心誠意取り組む方針を決定した。

 その後、各閣僚が首相官邸で会見し、野田佳彦財務相は来年度予算での新規国債発行額を今年度と同額の44.3兆円以内に抑制する方向で最大限努力する意向を示した。また、仙谷由人官房長官は世界のマーケットから信認を得られるよう中期財政フレームと成長戦略を今月中にも示したいと述べた。一方、亀井静香郵政・金融担当相は、経済が活性化しなければ税収は上がらないと強調し、財政健全化へ傾斜する動きを強くけん制し、早くも閣内の亀裂をうかがわせた。

 仙谷長官は「現在の財政の状況について、菅首相と私は認識を共有している」とした上で「今月中に、ある意味で世界のマーケットに対して、信認を得られるような中期財政フレームと成長戦略を作る」と述べた。野田財務相は、財務省であらためて会見し、中期財政フレームと財政運営戦略について、内外の市場から信認を得られる内容にしたいと述べた。さらに消費税引き上げに関連し、持続可能な社会保障の裏付け財源の議論は「大いにすべきだ」と語った。また、長妻昭厚生労働相は首相官邸の出の会見で、財政の問題があり、2011年度の子ども手当について満額の月額1人当たり2万6000円の支給は難しいとの見解を示した。

 一方、亀井担当相は、税の取り方ばかりに熱心であっても「経済が死ねば、税収は上がらない」と主張。経済の成長なくして財政再建はあり得ないと、持論の積極財政論に立った発言が目立った。大幅な国債発行の増額に批判的な姿勢が目立った他の主要閣僚と比べ、財政に関するスタンスの違いが際立った。しかし、亀井担当相は、菅首相と経済政策をめぐって基本的に意見の違いはない、と述べた。

(2010年06月09日 ロイター通信)

 バカミンスは、もう、とっとと亀井センセに総理の座を禅譲しろよ。

 その方が長く、政権与党でいられるのだから。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

日本国 増税倒産 (光文社ペーパーバックス)
森木亮
光文社
売り上げランキング: 201501
おすすめ度の平均: 4.5
5 なかなか的を得ている。
4 将来について考えさせられます
4 もうこの国には何も要求してはいけない。われわれ一人一人が、自己防衛をするしかない。

増税が国を滅ぼす 保守派が語るアメリカ経済史
アーサー・B・ラッファー ステファン・ムーア ピーター・タナウス
日経BP社
売り上げランキング: 192118
おすすめ度の平均: 5.0
5 富を憎み富に高い税金をかけるのは富を貧困者に分配することはさらに出来無い結果を生み出すことをこの本ほど分かりやすく説明しているものはないだろう。今までのサプライサイド経済への批判に全て答えている。すべての為政者がこの本を熟読すべき内容だ。
5 自民党、民主党の亡国マニフェスト制作者が読むべき書


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
菅内閣のメンバーに関する竹中氏の評価は高い。「非常にいい」人選だとし、菅氏の人事手腕の高さが発揮されていると述べる。国家戦略・経済財政・消費者担当相の荒井聡氏と、官房長官の仙谷由人氏はいずれも、マクロ経済を理解している現実主義者だと話す。また、古川元久氏と福山哲氏の副官房長官への起用についても称賛している。

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_68819

こりゃ、亀ちゃん防戦一方ですね。
2010/06/09(水) | URL | スーパーROM野郎 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2069-3ed32312