FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → The Great Dictator

The Great Dictator
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

阿久根市長に職員9割“反乱”…法令守れと上申書

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対し、同市職員180人が25日、連名で法令を守るように求める上申書を提出した。

 幹部職員約20人も近く、同様の上申書を提出する構え。215人いる市職員の9割強が賛同することになり、関係者は「市長の違法な行動は看過できない。団結して異を唱えることにした」と話している。

 職員によると、同県の伊藤祐一郎知事が22日、竹原市長に対し事務処理の適切な運営を求める助言をしたことを受けて提出に踏み切った。上申書では〈1〉臨時議会の早急な招集〈2〉専決処分した固定資産税率の引き下げの撤回〈3〉法令を順守した市政運営――などを求めている。

 署名したのは、一般職員190人のうち、休職や出向している10人を除いた180人と、課長級の二十数名のうち、竹原市長が民間から登用した数人を除いた20人。一般職員の上申書は25日、総務課長が受け取った。幹部職員の上申書は28日に直接竹原市長に手渡すという。

 市長は昨年7月、人件費の張り紙をはがした元係長の男性(46)を懲戒免職にし、今年1月の仕事始め式では「命令に従わない職員には辞めてもらう」と公言。3月議会への出席を拒否する一方、課長らにも答弁しないよう命じるなど職員への締め付けを強めている。

 ある職員は「このままでは阿久根の恥になると思っていたが、処分が怖くて市長に意見を言うことができなかった。今回、知事が改善に乗り出してくれたので署名した」と話した。

(2010年06月26日 読売新聞)

 気狂いとうのは、実際は何処にでもいるものだったりするのだけれど、ここまでのレベルの気狂いというのは、流石に中々いないと思う。

 橋の下乞食痴痔や石原珍太郎痴痔、東国原淫行ハゲ痴痔を更に先鋭化し、更に加速装置にでもかけたかのような、スーパー気狂い。

 安易な公務員批判の蔓延で一番怖いのは、乗せられて洗脳された人間によって、こういう気狂いが権力を持ち、そして、その狂った行動が是認されていく事。

 みんなの党(笑)支持者や、橋の下乞食信者を中心に、この気狂いを擁護する連中もいたりする訳だけれども、この気狂いのやっている事は、どういう風に擁護したところで法令違反でしかない。

 この気狂い本人は、中二病患者丸出しの思考回路で「目的の為に手段を選ばない俺様(キリッ」てなものなんだろうけれど、こんな、法律も法規も無視した出鱈目なやり方が罷り通るようになったら、世の中は滅茶苦茶になる。

 仮に、本当に阿久根市の職員が不当に高い報酬を得ているとしても、きちんとルールに則って是正していくべきであり、そうしないこの気狂いは、断罪されるべきだ。

 大体、この気狂いや橋下のような類を支持する阿呆どもは、口を開けば「民間企業では云々」などと言い出す訳だけれど、もし、民間企業において、経営者が、この腐れのようにルールも何もかも無視して思い付いたまま好き放題やったとしたら大問題である。

 この気狂い、橋の下乞食、みんなの党(笑)、その支持者、どいつもこいつも口を揃えて「民間企業では云々」と言っているが、コイツらの言う通りの事をやっている民間企業なんざ、殆どありゃあしない。

 極一部の、半分ヤクザの領域に足を踏み込んでいるブラック企業くらいのものである。

 結局、コイツら全員に共通する事な訳だが、「人間」を相手にしている、という感覚が欠如しているとしか思えない。

 当たり前の話なのだけれど、阿久根市の職員、橋の下乞食痴痔のところの大阪府の職員にしてもそうなのだが、全員が全員、気狂い公務員叩き厨の言うような、無能で無責任な人間ではない。

 無論、中には糾弾されても仕方ないような類も存在する訳ではあるが、中には、市の為、府の為、市民の為にと、身を粉にして働いている立派な職員だって、少なからず存在する。

 ところが、竹原や橋下のようなカスは、公務員を「人間」としてではなく、「公務員」という名の「歯車」くらいにしか思っていないから、全てを一絡げにして攻撃する。

 人格を、仕事ぶりを否定し、尊厳を足蹴にする。

 仕事をしない「個人」に対して態度の是正を要求するのではなく、真面目にきちんとやっている人間も全てを一絡げにして、権力という武器で嬲り、甚振っている。

 現状の公務員制度、官僚制度に問題がないとは言わない。

 しかし、コイツらの、出鱈目無茶苦茶なやり方で、問題が解決する可能性はゼロである。

 寧ろ、本来なら協力し、お互いを補完していくべき存在である筈の官民の間に決定的な亀裂を作り、日本を終わりへと導く事になるだろう。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

独裁者 [DVD]
独裁者 [DVD]
posted with amazlet at 10.06.28
パイオニアLDC (2000-03-24)
売り上げランキング: 10589
おすすめ度の平均: 5.0
5 観てください。
5 チャップリンの強いメッセージは時代を超えて 民族を超えて
4 時代背景を知らないと・・・
5 独裁政権批判
4 構成がイマイチであった・・・が、やはり凄い

魔女狩り (岩波新書)
魔女狩り (岩波新書)
posted with amazlet at 10.06.28
森島 恒雄
岩波書店
売り上げランキング: 79765
おすすめ度の平均: 5.0
5 狂気が常識化されていた時代・・・
5 不快な歴史をひもとく労作
5 歴史の暗部をえぐり出している
5 「ヒューマニズムと実証主義のルネッサンス時代は、一方では残虐と迷信の時代であった」
4 素人にはエログロのキモい世界でした。


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
2013年までに財政赤字半減、日本は例外 G20首脳宣言 AFP 2010年06月28日
http://www.afpbb.com/article/politics/2737922/5923445

 議長国カナダのスティーブン・ハーパー(Stephen Harper)首相は「日本の債務水準は他の先進国に比べて非常に高い上、
完全に国内からの債務であるため、日本の目標は少し異なると認識している」とし、「宣言では、日本についてはより大きな許容範囲が与えられた」と述べた。
2010/06/29(火) | URL | ab #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2089-21960512