FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 地獄の一丁目

地獄の一丁目
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

5月失業率は5.2%に悪化、有効求人は上昇-改善の歩調鈍い

  6月29日(ブルームバーグ):5月の国内雇用指標は、完全失業率が3カ月連続で上昇した一方、有効求人倍率は改善した。国内景気の緩やかな回復を背景として、雇用情勢も持ち直しつつあるが、企業の雇用過剰感は払しょくされておらず、改善の足取りは重い。

  総務省が29日発表した労働力調査によると、5月の完全失業率(季節調整済み)は5.2%と前月から0.1ポイント上昇した。男女別では、男性が5.5%、女性が4.7%だった。完全失業率は2009年7月に5.6%まで上昇した後、今年1月には4.9%まで低下したが、3月以降は再び上昇に転じている。

  一方、厚生労働省が発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は0.5倍と前月を0.02ポイント上回った。その月に新たに受け付けた求人数である新規求人倍率は0.83倍で、前月から0.05ポイント低下した。ブルームバーグ・ニュースによるエコノミスト調査の予想中央値は、完全失業率が5.0%、有効求人倍率は0.49倍だった。

  回復基調にある国内経済だが、先行き不透明感はぬぐい切れていない。今年1-3月期の実質国内総生産(GDP)2次速報値は、4四半期連続のプラス成長となり、政府は6月の月例経済報告で「自律的回復への基盤が整いつつある」として、基調判断を3カ月ぶりに上方修正した。一方で、「失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況」との認識も示し、景気「回復宣言」は先送りした。

  第一生命経済研究所の岩田陽之助エコノミストは、雇用環境の改善が進まない理由として、企業内の余剰人員が多いために「新規の採用が滞っていることが考えられる」と指摘。リーマン・ショック後の景気後退時に、企業は人員削減を回避し、賃金や労働時間の削減で対応したと述べた上で、「需要の増加があっても、企業内の人員活用が優先されるため、新規の採用は増えにくい」との見方を示した。

       「新たな収入が必要」が前月と同様増加

  完全失業者数は347万人と前年同月と同数。求職理由別では、「新たに収入が必要」が同7万人増加したほか、倒産やリストラなどの「勤め先都合」が同7万人減少、「自己都合」は同1万人増えた。就業者数は同47万人減の6295万人と28カ月連続の減少となった。

  就業者数を産業別にみると、製造業が前年同月から22万人減り1056万人、建設業は同16万人減の492万人。一方、医療・福祉は同39万人増加し658万人、情報通信は同15万人増の202万人となった。

           家計支出は小幅減

  一方、総務省が同日発表した5月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は前年同月比0.7%減だった。ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査の予想中央値は同0.3%の増加だった。季節調整済み前月比では0.7%増加した。

  総務省の大貫裕二・消費統計課長は、消費支出が減少した理由として、昨年5月は定額給付金の支給に伴い交際費が増加した事情を挙げ、同要因を除外すれば前年比で小幅プラスだったと指摘。野菜価格高騰なども含めた特殊要因を除くと、消費の基調が悪化しているとは言えないとの考えを示した。

  BNPパリバ証券の加藤あずさエコノミストは発表を受け、「雇用所得環境が緩やかながら持ち直していることに加え、今後は、子ども手当の支給や高校授業料無償化など家計部門への所得移転の効果も表れてくる」と指摘。「消費は基調としては回復が続くと予想される」との見通しを示した。

  経済産業省が28日発表した5月の商業販売統計では、小売業販売額は前年同月比で5カ月連続してプラスとなった。前月比(季節調整済み)ではマイナスだったが、同省では反動減もあるとして、回復基調に変化はないとみている。

(2010年06月29日 ブルームバーグ)

 この状況下で増税、それも消費税の増税などを敢行すればどうなるか、脳味噌に蛆でも湧いていない限り、考えるまでもなく分かる。

 それをやろうとしているのが菅ミンス党であり、谷垣痴民党であるという事を、日本国民は理解する必要がある。

 来たる参院選では、消去法でミンス党も、消去法で痴民党もあり得ない。

 寧ろ、真っ先に消去すべきが、その二つの選択肢だと言える。

 残る政党は少数政党ばかりであり、一回の選挙戦で完全勝利を得るのは不可能ではあるが、間違っても、この二つの政党に「勝利」と取れるような結果を与えてはならない。

 国民を裏切り、罪謀省と罪魁、そして米奥の院に屈従した菅直人政権は勿論の事、最初からその使いっ走りであったハニ垣率いる現痴民党、そのどちらに勝利を与えても、大忌業&害死減税、国民大増税が強行され、日本は未曾有の大恐慌に陥る事となる。

 そして、カスゴミが、一部の政治業者が目指した「二大政党制」という代物が、「こういうモノ」であるという事も、よくその頭に叩き込んでおかなければいけない。

 これは底では無い。

 今、日本がいるのは地獄の一丁目であり、ミンス党と痴民党の二大政党は、日本を、そして日本人を更に、その先へと誘おうとしている。

 何処までも続く地獄のスパイラルにNOを。

 それを作り出している「二大政党制」という虚妄に、痴民に、ミンスに、カスゴミにNOを。

 それが出来るのは、他ならぬ日本人自身以外にはあり得ないのだから。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

消費税は0%にできる―負担を減らして社会保障を充実させる経済学
菊池 英博
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1950
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本経済は袋小路に突入している。
5 次の内閣の政策のバイブルとすべき
3 感染病!!!!!!!!!!

歳出削減と増税は国を滅ぼす
村島 定行
風詠社
売り上げランキング: 373697


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2090-55edb2c8