FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → Andante

Andante
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

起業したい人 中国71%でトップ、日本は39%どまり
欧州委調べ


 欧州連合(EU)の欧州委員会がEU、米国、日本、中国、韓国などの国民を対象に実施した世論調査によると、将来起業したい日本人の割合は39%にとどまった。首位の中国(71%)に大きく引き離され、EU平均や米韓も下回る最低値。安定を重視してサラリーマンを好む国民性が表れた半面、国際的にみた起業意欲の低さは中長期的な日本経済の活力低下を招く恐れもある。

 望ましい就業形態として「サラリーマンより自営業者」と答えた人の割合は、中国71%、米国55%、EU平均45%、韓国51%、日本39%の順。EU加盟27カ国の国別データで日本を下回ったのは、社会保障の手厚いスウェーデン、デンマークなど6カ国だけだ。

 米国の「自営業者希望」との回答は前回の2007年の調査(61%)から低下したが、欧州委は「08年以降の金融危機に伴う環境悪化が影響した」とみている。中国は社会保障制度が不備で、安定さよりも自由に会社を経営できる「独立性」が起業人気の理由という。日本人は59%が「自営業者よりサラリーマン」と回答。その理由では「雇用の安定」「一定の給与がある」などの回答が上位を占めた。(ブリュッセル=瀬能繁)

(2010年06月28日 日経新聞)

 サラリーマンが安定しているというよりも、起業家が安定感欠け過ぎなんだと思うんだけどね、日本の場合。

 安定感を重視しているというよりも、余りにも危険過ぎて、余程のギャンブラー気質か、あるいは心の底から、どんな危険を冒してでもやりたい事がある人間以外、とてもじゃないけど踏み出せないでしょう、今の日本のシステムでは。

 無関係な第三者は、「挑戦する事が大事」だの「リスクを恐れていては何も出来ない」なんて気軽に言うけれど、失敗したが最後、二度と浮上出来なくなるまで、徹底的に、完膚無きまでに叩きのめしてくれるのが分かってるのに、そうそう、簡単に起業なんか出来る訳ない。

 ちなみに、この日本のシステムは、もう一つ、大きな弊害を生み出している。

 起業して、成功した人間の多くが、自己責任教の信者になるという弊害。

 まあ、勿論、覚悟を持って臨み、見事成功した手腕は立派なものではある訳で、実力のある人間だという事に異論を挟むつもりはないのだけれど、それだけじゃあなく、一緒に働いてくれた従業員の力や、たまたまの運に恵まれた部分も多分にあるという事実を、忘却の彼方へと追い遣っている事が非常に多い。

 実力は十二分にあり、努力だって絶やした事もないのに、たまさかの運に恵まれなかっただけで失敗している人も大勢いるのに、そういう人達を「自己責任」「努力不足」で切り捨てるだけの今のシステムのまま、無責任に人に起業を勧めるのは、どうにもいけ好かない。

 大体、そもそもの話なんだけれど、カツマーさんだか破裏拳ポリマーさんだかを中心にして、「起業はスバラシイ」だの「若者はもっと起業すべき」なんて言い回っている人達が増えてきている昨今な訳だけれど、別に、それだけが成功というか、勝ち組というか、そういうものへの唯一絶対の道ではなかろう、と。

 勿論、したい人が勝手にする分には結構な事だとは思うけれど、会社に勤めて家族を持って、小さいけれど家を買って、みたいな人達だって、世の中には絶対に必要だと思うんだけどね。

 ついでに言うならば、昔は、商店街に個人商店が一杯建ち並んでいたものを、ダメリカの真似して「大規模小売店舗の出店を妨げる非関税障壁の一種」とか言って大店法を改悪し、個人商店主を廃業に追い込んだのは誰なんだ、と。

 まあ、それはそれとして、結局、アホの日経としては「だから規制をもっと緩和しろ」みたいな事を言いたいんだと思うんだけれど、そもそも、規制自体は、別に日本はそんなにきつい訳じゃない。

 OECDの位置付け的にも、日本の起業し易さは大体真ん中くらい。

 行政書士の費用や収入印紙代、法人住民税などを用意すれば誰でも結構簡単に会社設立できる。

 結局、最初の話に戻る訳だけれど、失敗した場合、99%以上の確率で二度と立ち上がれなくなる、というのが一番大きな原因だろう。

 最後に、「国際的にみた起業意欲の低さは中長期的な日本経済の活力低下を招く恐れもある」とか、いかにもっぽい事を言っているけれど、日本経済の活力を言うなら、先に延々と続くデフレスパイラルを何とかすべき。

 アホの痴民党征倭会&日銀のクズコンビによってデフレスパイラルに突入する前の日本経済は、起業する人間の数は今と大して変わらなかったけれど、誰の目から見ても活気に溢れていたのだから。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

デフレはなぜ怖いのか (文春新書)
原田 泰
文藝春秋
売り上げランキング: 214455
おすすめ度の平均: 4.0
5 デフレの今、再び注目の書
5 デフレに関する俗説と既得権益層を一蹴
2 週刊誌的な表現が気になるが。
5 19世紀後半の大不況の見事な解明

歳出削減と増税は国を滅ぼす
村島 定行
風詠社
売り上げランキング: 398179


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2091-7c458d7f