FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → ギロチン男爵の謎の愛人

ギロチン男爵の謎の愛人
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

橋下・平松「代理戦争」、幕開けは動と静

 地域政党・大阪維新の会(代表=橋下徹・大阪府知事)と既存政党との第2ラウンドとなる大阪市議生野区補選(欠員1)が2日、幕を開けた。

 最大の争点は橋下知事が掲げる「大阪都構想」の是非。都構想を巡って橋下知事と対立する平松邦夫市長が民主党候補の支援に回り、大阪の両トップの「代理戦争」の様相となったが、出陣式で拳を上げる橋下知事に対し、平松市長は市役所にこもったままで、対照的なスタートとなった。

 「府と市の財布を一つにして、新しい役所を作るしか大阪の再生はない。役所天国の大阪市にノーを突きつけましょう」

 雨空の下、維新の会候補の出陣式でマイクを握った橋下知事は、持論の都構想を前面に出し、「皆さんで市役所をぶっつぶそう」と呼びかけた。

 出陣式には、維新の会候補が圧勝した5月の福島区補選後に自民党を離脱し、維新の会に合流した市議らも姿を見せ、「改革の覚悟がないのは大阪市役所の職員と大阪市議だ」と叫ぶ橋下知事に拍手を送った。

 橋下知事は選挙期間中、公務を絞って連日、生野区入りし、維新の会候補を全面支援するという。

 一方の平松市長は、民主党候補の出陣式には参加せず、午前11時過ぎ、市役所に登庁。待ち受けた報道陣に対し、「知事が何を目指しているのかわからない。知事はアジテーション(扇動)が得意。有権者は冷静に判断してほしい」と対決姿勢をにじませた。

 平松市長はこれまで、各政党との等距離を維持し、福島区補選でも静観を保ってきたが、今回は自民、公明両党が擁立を見送ったこともあって告示直前、民主党支援を鮮明にした。市幹部は「好き勝手に大阪市批判を繰り返す知事に、腹に据えかねるものがあったのだろう」とみる。

 ただ、応援要請を受けながらも、「今のところ、動く予定はない」と慎重な姿勢を崩さず、「日程がタイトだ」と、あくまで公務優先を強調。同党候補の陣営幹部からは「知事の発信力に対抗できるのは市長だけ。前面に立って戦ってくれれば、士気も上がるのだが……」とぼやきも漏れた。

 こうした動きに対し、共産党候補の陣営幹部は「知事と市長の泥仕合で、市民の暮らしを守る訴えがかすまないようにしたい」と埋没への危機感を示した。

(2010年07月03日 読売新聞)

 前々から薄々思っていた事なのだけれど、今回の「皆さんで市役所をぶっつぶそう」という発言、アジテーションで、はっきりと確信した。

 橋の下乞食痴痔殿がやりたいのは、「フランス革命」だ。

 いや、コイツだけではなく、みんなの党(笑)、阿久根の蛇恠原死長あたりも、きっとそうなんだろう。

 日本では、フランス革命は、あたかも無謬な「市民の市民による市民の為の革命」のように狂化書に書かれている為、「それの何が悪いの?」と思う人も多いかも知れないが、アレは、そんな小綺麗なものでは無い。

 マルクスは、フランス革命の事を「ブルジョワ市民」の起こした革命だと断じている訳だけれど、それは全くその通りで、フランス革命に参加した「市民」のほぼ全ては都市部の富裕市民。

 「市民」の大半以上を占めている農民層は、全然、全く参加していない。

 はい、この時点で、「旧体制」の打倒による「民衆参加の共和体制」への移行、というお題目は、大分信憑性がなくなってきたねえ。

 では、彼らはそんなお題目を掲げて、一体何がやりたかったのだろうか?

 答えは、「権威」に保障された旧態土着利権、小泉風に言うならば「抵抗勢力」の破壊。

 何故それがやりかったのか?

 それが、手前らの商売の邪魔になるから。

 話を進める前に補足しておきたいのだが、日本の江戸時代、それ以前の場合でもそうなんだけれど、武士や貴族、将軍や国王というのは、罪もない民衆を虐げる略奪者として書かれる場合が多い。

 しかし、それは歴史に忠実であるとは言い難い。

 勿論、そういうクズのような役人、王侯貴族、大名も存在はしていた訳だが、多くの場合において、彼らは、必要以上に市民、特に、その大多数である農民と対立をし、一方的に責め立てる真似はしなかった。

 何故か?

 そんな事をして一番手痛いダメージを喰うのは、他ならぬ自分達自身だから。

 小泉やカスゴミ、橋の下乞食のような連中のプロパガンダが功を奏し、多くの日本人は土着利権政治家というものを悪の権化の如くに嫌っている訳だが、一般に、土着利権屋の利害というのは、領地内の住民、その土地土地に住まう人間と一致している。

 無理に搾取しようとして、百姓一揆でも起こされれば、ただそれだけでも損失だし、死傷者でも出そうものなら、反発心を増強させる結果に繋がる。

 それなら、今の企業とサラリーマンの労使関係でも同じ事が言えるのではないかと思うかも知れないけれど、サラリーマンが労働して「給料」を貰っているのに対し、農民と領主、大名との間にはそんな「縛り」が無い。

 だから、領主とか大名とかの立場にある人間は、農民が不平を垂れながらでも、自分達に税、年貢を納めるだけの「仕事」をしなければならなかった訳。

 だから、百姓一揆の殆どは大規模な武装奮起に至る事も無く、団体交渉で、しかも殆どの場合において、領主側が一方的に折れる形で決着していたりする。

 さて、話を戻してフランス革命なのだけれど、商人達、資本家達にとって、この「権威」と、それと結びついた土着利権勢力というのが、果てしなく邪魔だった訳。

 何をするにも「権威」に伺いをたてないといけないし、無学な農民相手に詐欺紛いの商売をやらかそうものなら、農民を守護する土着勢力の怒りを、延いては「権威」の怒りを買う。

 農民の陳情が増えれば領主は動かざるを得なくなるし、その「警告」を無視し続けるなら、「権威」の力を、分かり易く言えば「暴力」を使ってでも抑え付けなければ、領主は農民に対して顔が立たなくなる。

 今の「行政」と「市民」も似たような関係ではある訳だけれど、この頃と違い、直接的な関係が希薄になっている為、声の小さな市民、土着企業よりも、声の大きなグローバル企業、資本家、マスメディアなどの声ばかりを反映するようになってきてしまっている訳ね。

 これを補完していたのが、所謂「利権政治家」と呼ばれる田中角栄だとか、最近で言うと亀井静香なんかだったりする訳だけれど、小泉と、そしてメディアの完璧とも言える囲い込みによって、殆どその役割を発揮出来ないでいる。

 話がまた逸れて来たので、元に戻そう。

 そこで、連中が取った手段というのが、権威から権威を奪う事。

 その尖兵となったのが、ルソーやモンテスキュー。

 いや、彼ら自身に尖兵という自覚は無く、真剣に思想した結果に吐き出されたのが「社会契約論」だったり「法の精神」だったりしたのだろうけれど、そこで組み立てられた理論は、権威を権威から引き摺り下ろすのに十分以上であり、それを疎ましく思っていた連中にとっては、とんでもない程ありがたい代物だった、と。

 だから、連中は彼らを積極支援し、彼らの書物を都市の遍くに知られるように仕向けた。

 そうして、権威が権威としての力を失した結果起こったのが、フランス革命。

 その結果、権威とされていたものは微塵に破壊され、権威が守ってきた文化も破壊された。

 絶対正義である民衆参加の共和制を掲げる革命フランスは、その絶対性の為にも、旧体制からの権力、権威の移譲という形を取るわけには絶対にいかなかったから。

 新生フランス共和国にとって、旧態フランスは絶対悪であり滅ぼすべき存在であり、そのような存在から「移譲」されるものなど、この世の何処にも存在しない。

 王を殺し、王妃を殺し、王子を殺し、王女を殺し、大臣を殺し、領主を殺し、貴族を殺し、聖職者を殺し、男を殺し、女を殺し、老人を殺し、子供を殺し、旧体制の息の掛かったものは、犬猫畜生の類まで、徹底して殺しぬいた。

 そして彼らはこう歌ったのだ。

いざ祖国の子らよ!
栄光の日は来たれり
暴君の血染めの旗が翻る
戦場に響き渡る獰猛な兵等の怒号
我等が妻子らの命を奪わんと迫り来たれり

※武器を取るのだ、我が市民よ!
隊列を整えよ!
進め!進め!
敵の不浄なる血で耕地を染めあげよ!

奴隷と反逆者の集団、謀議を図る王等
我等がために用意されし鉄の鎖
同士たるフランス人よ!
何たる侮辱か!何をかなさんや!
敵は我等を古き隷属に貶めんと企めり!

※繰り返し

何と、我が国を法で縛ろうというのか!
何と、金で雇われた傭兵共の集団で
我等の誇り高き戦士を打ち倒そうというのか!
我等を屈服せしめるくびきと鎖
我々の運命を支配せんとす下劣な暴君共よ!

※繰り返し

打ち震えるがいい、暴君共そして反逆者等よ
恥ずべき者共よ
打ち震えるがいい、恩知らずの企みは
報いを受ける最後を迎えよう
国民すべてがお前達を迎え撃つ兵士なり
たとえ我等の若き戦士が倒れようとも
大地が再び戦士等を生み出すだろう
戦いの準備は整った

※繰り返し

我等がフランス人よ、寛大なる戦士たちよ
攻撃を控えることも考えよ
我等に武器を向けた事を後悔した哀れな
犠牲者達は容赦してやるのだ
ただしあの残虐な暴君と
ブイエ将軍の共謀者等は別だ
冷酷にも母体を引き裂いて生まれ出でし
暴虐な虎共には容赦無用なり!

※繰り返し

復仇を導き支えるのは神聖なる愛国心なり
自由よ、愛しき自由よ
汝を守る者と共にいざ戦わん
御旗の下、勝利は我々の手に
敵は苦しみの中、我々の勝利と栄光を
目の当たりにするだろう

※繰り返し

我々は進み行く 先人達の地へ
彼等の亡骸と美徳が残る地へ
延命は本意にあらず
願わくは彼等と棺を共にせん
取らずや先人の仇、さもなくば後を追わん
これぞ我々の崇高なる誇りなり

※繰り返し

 気狂いである。

 殺しの手は、無関係の者にも及んだ。

 気狂いのフランス人にとっては名誉で素晴らしい歴史らしいが、真っ当な神経をした人間ならば、この頃のフランスというのは、発狂しそうな程の、話しているだけで血の臭いがしてくる、そう、まさしく地獄である。

 興味のある人は、「ヴァンデの反乱」「リヨンの大虐殺」「九月虐殺」あたりでググるヨロシ。

 まあ、兎も角、「聖戦」の「生贄」とされた彼ら旧体制の権威達、それに関わっていた人達、あるいはただ居合わせただけの人達も、「正義」の名の下に徹底的に殺し抜かれた。

 ロベスピエール、サン=ジュストはこう国会で叫んでいる。

 「共和国が生きんためには国王は死ななければならない」「祖国のためにはルイは死ななければならない」

 革命勃発の煽動の最大の功労者シェイエスは言う。

 「フランスの『国民』は文明のゴール人とローマ人の末裔である。しかし、一千年以上前に野蛮なゲルマン民族のフランク人に侵略され征服された。王侯貴族とはこの侵略の民たる蛮族フランク人の末裔だ」「他民族に征服され・束縛され・圧迫されているのだから、“自由”のためには、征服者を逆に征服・追放しなければならない!! 祖国を奪還せよ」と。

 橋の下乞食痴痔の理論の基礎になっているのは、この辺だろう、恐らく。

 「日本が生きんためには官僚は死ななければならない」「大阪のために公務員は死ななくてはならない」「公務員、官僚に征服され・束縛され・圧迫されているのだから、自由のためには、公務員を逆に征服・追放しなければならない!!」

 橋の下乞食痴痔、蛇恠原死長、罠拿の党の吐き出す言葉をちょっと過激にすれば、大体こんな感じである。

 今の日本に、戦前までの天皇、中世の国王、教会の司祭のような「権威」は存在していない。

 然るに、今の連中にとっての最大の障害は、連中と、そのパトロン達の意のままに動こうとしない官僚、役人なのだ。

 勿論、当たり前の話だけれど、役人の中にだって筋の悪いヤツや腐りきったヤツはいる。

 けれども、大半以上の、殆どの役人は、少なくとも自らに課せられた役目だけはしっかりとこなしている。

 だからこそ、あんな自分達が打ち出した政策の内容もよく覚えていない空前の阿呆が首相になっても、日本は滞り・・・なくとは言えないまでも、何とか回っている訳だ。

 公務員の悪事、不作為を糾弾するなと言っているんじゃあない。

 それをする事と、公務員を絶対悪として敵視し、無意味な攻撃を続けて官民断絶状況を作り出し、一部のクソヤロウだけを喜ばす状況を作り出す愚を犯さないでくれ、と言っている。

 小泉カイカクによって、抵抗勢力と呼ばれた土着政治家を無闇に攻撃した結果、日本はどうなった?

 同じ愚を繰り返してはいけない。

 気狂いのアジテートに乗り、無意味な虐殺を繰り返す、痴呆のフランス塵のような真似はしてはならない。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

実は悲惨な公務員 (光文社新書)
山本 直治
光文社
売り上げランキング: 4533
おすすめ度の平均: 3.5
3 公務員の知り合いがいない人にはおすすめ
4 私達は公務員のことを案外知らない。
2 我々はアイロニーの堂々巡りから逃れられないのだろうか・・・?
2 客観的に理解しようと努力しましたが…
5 世間の批判とはどうあるべきか一読の価値ある良書

お役所バッシングはやめられない (PHP新書)
山本 直治
PHP研究所
売り上げランキング: 220281
おすすめ度の平均: 3.5
4 一緒に「悩み」ながら読了
3 意見の表明としておもしろいかと
2 中立的でしょうか?
4 僅か240ページでは主張したいこともできなかったのでは?
5 安易な公務員批判は何をもたらすかを考える契機に.


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
はじめまして、こんばんわ。
阿久根のリファラから来ました
そういえばフランス革命で
ロベ何とかは結局ギロチンにかけられた
と楽しく拝見させていただきましたが、
広告が、実は悲惨な公務員 (光文社新書)
○| ̄|_。
2010/07/04(日) | URL | けろよん #RSx9Hk0E[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2095-f20dde24