FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Dangerous

Dangerous
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【日本の議論】「子供を守る」どこ行った? 大人の都合で“政争の具”へ 漫画児童ポルノ条例をめぐる議論

 東京都議会6月定例会が閉会した6月16日。子供を性的対象にした漫画やアニメといった商品の区分陳列など、販売規制を目指す都青少年健全育成条例の改正案が最大会派の民主などの反対多数で否決された。だが、石原慎太郎知事は9月議会への再提出を目指す考えを明言。「表現の自由」と「子供の健全育成」をめぐって交わされた議論は、いつの間にか“政争の具”に発展してしまった。否決を前提として建設的な議論を避けた民主への批判に加え、都議会や関係先への根回しを怠ってきた都最高幹部や担当部局による“不作為”を指摘する声もある。(宮原啓彰)

“汚い花”を断つと植物全体が滅ぶ

 都条例の改正案をめぐる議論は3カ月にわたって迷走を続けた。発端は今年3月議会の会期中、改正案に反対する著名漫画家のちばてつやさんや里中満智子さんらが都庁で記者会見を開いたことだった。

 「表現で新しいものが起きるときは色んな種類の花が咲く。スミレなどかれんな花も、ジャングルのラフレシアのような花も、根っこですべて繋がっている。この花は汚いと根を断つと植物群全体が滅ぶ」

 ちばさんは、漫画文化を生態系に例えて改正案を批判した。

 この会見により反対運動が一気に拡大した。

 日本ペンクラブや出版倫理協議会などの各団体の反対表明に加え、反対派によるインターネットでの呼びかけで、都だけでなく民主、自民など各会派にメールやファクスで抗議が殺到した。

 議論の焦点は改正案条文の文言の定義と適用範囲だった。規制対象となる漫画などの18歳未満と想定されるキャラクター「非実在青少年」や「青少年性的視覚描写物」など用語の定義のほか、行政による恣意(しい)的な運用を招き、表現の自由を脅かすというのが主な主張だ。

 民主幹部は当時、条文について「まるで警察用語。わざと分かりにくくしているのかと思った」とあきれた。その一方で、改正案を提出した都青少年・治安対策本部の幹部は「『非実在青少年』とは『非、実在、青少年』という意味だ。何が分からないのか、分からない」と余裕の笑みを浮かべていた。

 しかし、実際には3月議会で改正案の可否を問う集中審議はなく、その余裕も都議会にはなかった。

 なぜか-。

 当時、都政で最大焦点となっていた築地市場の移転関連予算を盛り込んだ平成22年度の中央卸売市場会計予算案審議が佳境を向かえていたことが理由だ。賛否をめぐるさまざまな思惑が交錯する中で、改正案は結局、全会一致で継続審議となり、結論は6月議会に持ち越されることとなった。

しずかちゃんの裸はOK

 一方、都庁内には、継続審議となったことで改正案をまとめた担当局の不手際をなじる声も上がった。都幹部の1人は「舐(な)めてかかっていたのではないか。明らかに業界や都民、議会への根回し、説明不足だ」と眉(まゆ)をひそめた。担当幹部も「正直、ここまで反発が強くなるとは思わなかった。事前の説明不足は否めない」と述べる。

 強まる批判に担当者らは巻き返しにやっきとなる。「都民に条例改正の周知が不十分だった」(都担当者)として、「ドラえもんのしずかちゃんの入浴シーンやサザエさんのワカメちゃんのパンチラなどは規制に該当しない」などとする質問回答集を都のHPに掲載。

 また、改正案を象徴する用語となった「非実在青少年」についても「年齢、学年の明確な描写やセリフ、ナレーションで明らかに18歳未満に設定されたキャラクター」と規定し、その「性行為がメーンとなっているもの」が規制対象になることを明記した。

(後略)


(2010年07月04日 産経新聞)

 「非実在青少年」が「非、実在、青少年」だという事なんざ、誰でも分かっとるわい。

 こっちが聞きたいのは、なんでその実在もしない絵や文字、記号に人権が与えられたり、その実在もしないものが架空の世界で起こした事を、現実の世界で問題視して騒ぎ立てなきゃならないのか、という事。

 マンガ脳だのゲーム脳だのと、若者の事をバカにしてばかりいるけれど、一番現実と虚構との区別がついてないのは、オマエラ規制派の気狂いどもじゃないか、と。

 こんなもの、かの有名な悪法、生類憐みの令を遥かに上回る、気狂いの極み。

 こんな下らない議論している暇があるなら、こういう気狂いジジイを取り締まれ。

見守り隊:72歳ボランティア、女児の体触り起訴

 小学生の登下校の安全を見守る地域活動を通じて知り合った女児の体を触ったなどとして、京都府城陽市、ボランティア「見守り隊」の一員で無職の山本義信被告(72)が京都府警に逮捕され、強制わいせつ罪で京都地検から起訴されていたことが分かった。検察は「ボランティアの立場を悪用し、悪質だ」として、5日の公判で懲役1年6月を求刑。山本被告は「可愛くてやった。大変申し訳ありません」と謝罪した。

 起訴状などによると山本被告は3月、小学生の女児に「バレンタインデーのお返しをしたいから、家に1人で来て」と言って自宅へ呼び出し、胸を触りキスをした、とされる。

 冒頭陳述などによると、山本被告は地元小学校のPTAや地域住民が06年に組織した見守り隊に発足当時から参加。登下校の時間帯に交差点に立つなどの活動をしていた。ボランティアと児童らの間にはバレンタインデーのプレゼントを贈り合うなど交流があったという。

 女児の父親はこの日の公判で「娘は見守り隊の上着を着ている人を見ると、1人で外に出ることもできず、投薬治療をしている。死にたいと話すこともあり、被告を許すことはできない」と陳述。公判後の取材に、「被告を慕っていた娘に対し、立場を悪用して犯行に及んだのは言語道断」と憤った。

 城陽市教委は「見守りは子供の安全を守るために学校や住民で行っており、これからも必要だ」としている。

 地域の見守り活動は、子供を狙った事件や街頭犯罪の増加を受けて全国に広がった。02年の大阪府を皮切りに、子供の安全確保を目指す条例の制定が相次ぎ、京都府は04年に施行している。【古屋敷尚子】

(2010年07月06日 毎日新聞)

 こう言っては何だけれど、本当に危険なヤツというのは、秋葉原でロリグッズ買い漁ったりだとか、そういう人に怪しまれるような行動を、極めて慎むものなんだよ。

 何故かって、そりゃあ、行動し難くなるから。

 そして、こういう中に紛れ込む。

 何故かって、そりゃあ、行動し易くなるから。

 大体、ちょっと調べれば分かる事なんだが、昔いた宮崎勤みたいなのが珍しい例で、児童虐待とか、児童への性的悪戯の殆どは、二次元大好きのヲタクくんじゃなく、親権者(養父・養母が一番多いな)や教師、ベビーシッターやこいうボランティアのジジイども。

 本当に子供を守りたいなら、「非、実在、青少年という意味だ(キリッ」だのとクソ下らない議論していないで、児童相談所なり何なりが、もっと積極的に動ける体制を作れ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

非実在青少年〈規制反対〉読本
サイゾー&表現の自由を考える会
サイゾー
売り上げランキング: 2744
おすすめ度の平均: 5.0
5 裾野を広げるべき
5 僕らの人権・文化を守ろう!!!
5 作家さん達に、私達が恩返しする番

2007-2008 マンガ論争勃発
永山 薫 昼間 たかし
マイクロマガジン社
売り上げランキング: 57196
おすすめ度の平均: 5.0
5 対話とオタクの自己防衛の為の必読書
5 マンガ界と同人誌の現状をとりまく現状を知る入門書


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2097-e2b9c419