FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Song For The Dumped

Song For The Dumped
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

ナゾの「ネバダ・レポート」の正体 「IMF絡み」日本の財政破綻見越す?

国際通貨基金(IMF)が日本に対する年次審査報告を発表し、「2011年度からの段階的消費税率の引き上げ」を提言した。例年、IMFの年次報告の時期には、「消費税20%」などをうたった「ネバダ・レポート」という「IMF絡み」とされる文書が話題となる。どんな文書なのか。

IMFが2010年7月14日に発表した年次報告では、日本の高い公的債務残高に注目が集まっているとし、「財政再建が緊急の課題」と指摘した。

衆院予算委で取り上げられる

日本の財政再建の必要性については、菅直人首相も、財政赤字でデフォルト(債務不履行)危機に直面したギリシャを例に出し、消費税増税を含む議論の必要性を訴えている。

「日本の財政破綻を見越して、既にIMFは、日本再建プログラム=ネバダ・レポートを作成」。7月14日のIMF年次報告発表のニュースを受け、ある個人ブログはこんな指摘をした。

「ネバダ・レポート」をグーグルで検索すると、5万件以上の項目が出てくる。主に個人ブログで「IMFが、日本の債券をどのように管理するのかをシミュレーションしたものと言われています」「IMF調査官と日本の閣僚らの合作とされ(略)一部政府関係者や政治家に渡った丸秘レポート」「IMFが日本の調査会社につくらせた」などと説明されている。「瞬く間に霞ヶ関に広まった出所不明の報告書であるらしい」との記述もある。

「ネバダ・レポート」は02年2月、衆院予算委員会で取り上げられた。衆院サイトで議事録を見てみると、民主党の五十嵐文彦議員が、「私のところに一つレポートがございます。ネバダ・レポートというものです」と発言している。さらに「これは、アメリカのIMFに近い筋の専門家がまとめているもの」と指摘している。取り上げるのは、複数のレポートのうち01年9月のものだとした。

その内容は、仮にIMF管理下に日本が入った場合、「公務員の総数、給料は30%カット、ボーナスはすべてカット」「公務員の退職金は一切認めない」「年金は一律30%カット」「消費税を20%へ引き上げ」など8項目が実行されるだろう、というものだ。財政悪化を放置した場合、こうした厳しい現実に直面する危険性があることを指摘したものだ。

「幹部が同様の認識もつと確認」

果たして、ネバダ・レポートは、「IMFに近い筋」がまとめたものなのだろうか、それとも「出所不明」の調査なのだろうか。IMFのアジア太平洋地域事務所(東京)の広報担当者によると、「ネバダ・レポート」はIMFの公式文書ではないし、IMFが日本の調査会社に調査を「下請け」に出すことは「あり得ない」という。

五十嵐衆院議員に取材すると、予算委での質問はよく覚えているという。ネット上で、ネバダ・レポートについて、「出所不明」「IMFとは関係ないのでは」との指摘があることについて、こう反論した。

国会で取り上げた文書は、ネットでもネバダ・レポート(現在は改称)を配信している会社が、有料で定期発行していた印刷物の「ネバダ・エコノミック・レポート」のひとつだ。当時、「一定の勉強をしている議員やジャーナリスト」たちはかなり目にしていた文章だという。IMFの意向については「05年にIMF幹部と協議した際、ネバダ・レポートのような認識を彼らが持っていることは確認できた」。

五十嵐議員は、「日本の財政事情は02年当時より深刻化しており、現在でも財政健全化の必要性を強く訴えている」と話す。ただ、「注目を集めている消費税増税議論はあくまで一検討要素で、無駄のカットや資産売却などを含めたトータルの財政健全化が必要だ」としている。

(2010年07月15日 J-CAST)

 本当の本当に真面目な話、そんなに日本の財政が心配だというならば、これまで、日本が融資したカネ全額、耳を揃えて返してくれないだろうか、IMFくんは。

 アホの痴民党信者の脳味噌ウヨウヨくん達は、日本のIMFに対する融資を「先進国としての立場上、経済援助金は出さざるを得ない(キリッ」とか言っている訳だけれども、実際問題、その融資しているIMFにここまで、内政にまで口を突っ込まれるような状態で、先進国としての立場上の義務をクソも無いだろう。

 今すぐ、即座の、耳を揃えての全額の返還を要求しても、全然問題ナッスィングなレヴェル。

 少なくとも、今後一切のIMFへの融資は全てお断りしますしても絶対に、200%問題無い。

 さあ、今すぐに日本政府は、アホで白痴で恥知らずの乞食集団IMFに対して、今まで融資してきたカネの全額返還要求をしろ。

 借りているIMF自身が、日本は危機的状況だと言って内政にまで口を突っ込んで来ているのだから、何も遠慮する必要はない。

 そして、今後、最低20年、出来れば50年程度は、IMFに対する融資を「お断りします」宣言をしろ。

 大体、そもそもの話な訳だが、IMFのような、アジア危機の時に火に油を注いで事態をより混迷させ、困っていた国々、そこに住まう人々を食い物にした鬼畜詐欺師集団に融資する事自体、平和、安定、自由、平等に対する侮辱だった訳で、誰にも、何にも遠慮する事も恥じる事も無い。

 こんな気狂いどもにかかずらう事自体、無意味どころか有害無益だったのだと、いい加減に自覚しろ。

 こんなクズどもにどれだけ恩を売ろうとも、仇でしか返さないといい加減に気付け。

 白塵の作ったものは何でもありがたがるキモイカルト宗教からいい加減に足を洗え。

 まあ、こんな事を言ったって、国際金融資本のイヌとして純粋培養された罪謀省に完全屈服して忠誠を誓った管ガンスよ不愉快な仲魔達にゃあ馬耳東風なんだろうけれど、まだ多少なりとも残っているまともな政治家、官僚は、力を合わせてこの気狂い詐欺師集団による内政干渉を撥ね除けてくれい。

 そして、国民は、見掛けだけ、口先だけの、橋下や東国原、小泉や渡辺喜美のような詐欺師ではなく、そういう「本物」を全力で支持するべきなんだと、いい加減に気付いてくれ。

 それだけで、たったそれだけで、時代は大きく変わり出す。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口
デヴィッド・W. モラー
光文社
売り上げランキング: 59880
おすすめ度の平均: 4.5
5 痛快な「コン・ゲーム」、アメリカ資本主義的精神の本質を活写
4 大戦前の、アメリカの信用詐欺
4 わかりやすい
2 ビジネス本の様だった
5 ノンフィクションであり、一級品の文学作品。

なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?
多田 文明
彩図社
売り上げランキング: 129282
おすすめ度の平均: 3.5
2 気分のいい話ではない
5 読み物7割,実践3割
3 どっかで見たことあるタイトルでんなぁ
4 ためになります


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
本気で財政再建するきならIMFにかぎらず世界各国に貸し付けたもろもろの資金を取り立てればいいだけだと思うんですけどね?
2010/07/17(土) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
麻生首相は、日本が国際通貨基金(IMF)基盤強化のため10兆円の融資を表明したことを踏まえ、中国も同様の対IMF融資に踏み切るよう期待感を表明した。
www.usfl.com/Daily/News/08/11/1116_007.asp?id=65558
2010/07/21(水) | URL | オバマ1号 #99DFA69w[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2107-493f4fe2