FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → もはや戦後ではない

もはや戦後ではない
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

改憲賛成が9年連続で過半数、「自衛組織」明記71%

 読売新聞社が実施した憲法に関する全国世論調査(面接方式)で、「改正」に賛成の考えを示す人が56%に上り、1998年以降9年連続で半数を超えた。

 また、現行憲法では触れられていない、自衛のための組織を持つことについて、憲法上明確にすべきだとする人が71%に達した。11月に公布から60年を迎える現行憲法だが、社会や時代の変化に対応した新たな憲法を求める国民の声が強いことが改めて浮き彫りになった。

 調査は、3月11、12の両日に行った。

 憲法を改正する方がよい理由では、「国際貢献など今の憲法では対応できない新たな問題が生じているから」47%が最も多かった。

 今の憲法を「改正しない方がよい」は32%だった。

 憲法改正の焦点である9条に関しては、「解釈や運用で対応するのは限界なので、改正する」が39%で5年連続最多だった。「これまで通り、解釈や運用で対応する」が33%、「9条を厳密に守り、解釈や運用では対応しない」は21%だった。

 「集団的自衛権」については、「憲法を改正して、集団的自衛権を使えるようにする」27%、「憲法の解釈を変更して、使えるようにする」23%を合わせた行使容認派が50%に達した。「これまで通り、使えなくてよい」は44%だった。

 憲法のどんな点に関心を持っているか――では、「戦争放棄、自衛隊の問題」49%が5年連続でトップ。これに、最近論議を呼んだ「天皇や皇室の問題」31%や「靖国神社への公式参拝の問題」28%が続いている。

(2006年4月3日22時55分 読売新聞)


 最早完全に時代に迎合せず、現実に対応しきれていない、現行憲法を変えるべきなのは当然の事であり、寧ろ改正に賛成の意を示す人間が僅か56%に過ぎない事の方に、驚きを禁じ得ません。

 GHQにより押し付けられた云々以前に、国家としての最大の責務である、国民の生命・財産を守るべき軍隊の保持を明記せず、今や国際貢献の際、自衛隊員の生命の安全の為に必須である海外における武力行使日米間の異常な従属関係を打ち破る為にも絶対に必要なものである集団的自衛権の明記など、日本が正常な国家になる為に必要なものが多々欠けている現行憲法などを後生大事に抱えていても、暗雲立ち込める未来しか存在し得ない事に、いい加減に全ての日本国民は気付かねばならないと思われます。

 馬鹿旗や麻日の如き極左プロパガンダ紙の詭弁に乗せられ、現行憲法などを抱えていても、米国支那属国以外の未来など待ち受けてはいません。

 憲法平和と書き込んで戦争が避けられるならば、世界の歴史に戦争など一切起こり得なかったはずだという事くらい、義務教育を受けた人間ばらば、理解し得るはずのものです。

 そもそも憲法というものは、時代に合わせて書き換えていくのは普通の事であり、日本のように50年以上も前の憲法を、一切書き換えもせずに、後生大事に聖書経典の如く掲げている国など、世界中で日本くらいのものでしょう。

 改憲反対の先陣を突っ走っている、馬鹿サヨクの大好きなフランスドイツスイスも、憲法を何度も改正していることなど、周知の事実であるはずです。

 時代の憲法が現実にそぐわなければ、それに合わせて憲法を書き換えていく事は当然であり、何故にこれをそんなにも大袈裟に反対するのか、私には理解出来ないものであります。

 反対の理由にしても、憲法を変えれば戦争が起こるだの、徴兵制が復活するだの、如何なる頭の構造をしていれば、このような発想が浮かぶのか理解出来ない、電波お花畑的なものばかりで、誰もが納得し得る、まともなものなど何一つ聞いた事がありません。

 また9条以外にも、現行憲法における御皇室の中途半端な扱いが、今回の小泉首相皇室典範改正を起こさせた原因である事は間違いなく、1~8条における天皇陛下の記述も、きちんと国家元首として定め、ある程度、少なくとも御皇室に関わる事柄に関しては、陛下皇族の方々が自由に発言される事が出来る様、きちんと書き記しておくべきであると考えられます。

 その他にも現行憲法は様々な問題を抱えており、これをきちんと時代に則ったものに変える事は、現代国際社会の中において重要な位置を占める日本という国家にとって、義務であると言ってすら過言では無いものと思われます。

 「もはや戦後ではない」という言葉が日本国に踊ってから、すでに50年が経っているのです。

 いつまでも「一国平和」などという、敗戦国だからこそ許されていた考えに、甘える事に終止符を打ち、国際社会の中で責任ある先進国日本としての責務を果たすべく、歩みださねばならないと思われます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

戦後60年の大ウソ -仕掛けられた国家衰亡の罠-
前野 徹
徳間書店 (2005/07/22)
売り上げランキング: 26,032

武士道の国から来た自衛隊―イラク人道復興支援の真実
産経新聞イラク取材班
産経新聞ニュースサービス (2004/11)
売り上げランキング: 42,668
おすすめ度の平均: 4.5
4 いろんな方に読んでいただきたい
5 ドキュメンタリ真実の自衛隊復興支援
4 関係者のインタービューで綴った復興支援活動報告


PR情報
☆1ヶ月、完全無料でDVDが借り放題!!☆
簡単登録★完全無料のメールアドレス★
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
敵強し!
救援求む!
http://rounin40.cocolog-nifty.com/
2006/04/04(火) | URL | 蔵信芳樹 #jnRiruIs[ 編集]
近年稀に見る、本物の極左の方みたいですね。

一応、コメント入れておきました。
2006/04/04(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/211-f3b286a0
4月4日付・読売社説(1)4月4日付・読売社説(1) [憲法世論調査]「『改正』を迫る安全保障意識の変化」 揺れ動く国際情勢や日本の安全保障環境が、有権者の意識の大
第弐話 「徴兵制についてあれこれ語る」どうもどうもこんばんわ!。憲法擁護論者や社民党に一撃を加える「徴兵制度」特集第弐弾でござます。前回はおおざっぱなイメージの話で終始しましたが今回から具体的な話を展開していこうと思っております。その前回の話を要約