FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 妄想と理想、この区別が付かない中共は哀れだ

妄想と理想、この区別が付かない中共は哀れだ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「日本の指導者に責任」 反日デモで中国外務省

 中国外務省の劉建超報道局長は4日、昨年4月に中国で発生した反日デモについて「日本の指導者の歴史問題に関する誤った行動に向けられたものだ」と述べ、靖国神社参拝を続ける小泉純一郎首相らに責任があるとする見解を明らかにした。

 また、一連のデモの性質について「私は『反日デモ』だったとは思わない。日本人民にも、日本という国家に向けられたものでもなかった」と指摘した。

 さらに劉局長は、日中首脳会談再開の必要性に言及した安倍晋三官房長官の発言について「単に会談するためだけの会談を開くべきではない」と批判。小泉首相が靖国神社参拝を中止しない限り、会談を再開する必要はないとの考えを強調した。

(2006年04月04日 産経新聞)


 流石は基地外の総本山・中国共産党

 一連の反日デモは、全てが日本指導者の責任であり、異常な反日教育を繰り返し、自らの政策失敗からくる民衆の怒りの矛先を、全て日本に向けさせている事には、一切責任が無いのだそうです。

 さらにこの基地外は、日本の公館や企業を襲撃した一連のデモは、何と反日デモでは無いと抜けぬけと言ってやがります。

 極一般的な感覚を持っている日本人である私には、あれが反日デモで無いのだとすると、一体何を持ってすれば反日デモと呼ぶに相応しいものとなるのか、分かりかねるところなのですが、中国共産党を擁護されている国賊の方々には、是非とも非学な私にも理解出来る様、説明して欲しいものです。

 只まあ、「単に会談するためだけの会談を開くべきではない」という一言については、私にも同意出来る所です。

 そう思うのならば、この間その「会談するためだけの会談」をしにいった我が国の国辱どもや、その「会談するためだけの会談」を異常にしたがっている二階俊博という名の非国民が、今後支那に訪れても、是非とも叩き返して頂けるようお願いしたい。

 我々日本国民としては、中国共産党の支配する支那などとの、付き合いが無くなったところで、多少の物価の上昇はあっても、国内の雇用回復や犯罪減少などと、好ましい事柄の方が多く見られる様に感じる為、中国共産党の基地外どもには是非とも、このまま意地を張り通して、国交断絶にまで至らせて欲しいものだと思います。

 それにしても、何故にこの中国共産党の基地外どもにしても、朝鮮にしても、靖国神社参拝にこうも固執するのでしょうかね。

 戦争の是非や、GHQコミンテルンの妄想小説である、戦前戦中旧日本軍の悪行の真贋は別にしても、日本国の代表が、日本国の為に戦い、命を落とされた方々の御冥福を祈り、追悼施設に赴くのは当然の事であり、そんな事にイチャモンを付けたところで、自らの品位を貶めているだけだと私には思えるものなんですけどね。

 まあ品位など最初から持ち合わせていない、悪の枢軸であられる中国共産党や、品位を食べ物か何かと勘違いされている朝鮮人には、如何でも良い事なのかも知れませんが、それにしても、この様な異常な行動は、無い国際的な評価をさらに失くしているだけだと思われます。

 9割9分9厘が嘘の、南京大虐殺の責任者を糾弾している暇があるのならば、本当にあった文化大革命の責任者を糾弾する方が先決であるように、私には感じられます。

 大体、60年以上も前の日本軍国主義を糾弾するよりも、今なお続いている、チベット東トルキスタンに対する侵略行為について、責任者である中国共産党は如何に考えているのか、キッチリと説明する方が先であると、真実を知る人間は皆思っていると考えられます。

 中国共産党はもう5秒で見抜ける、嘘や歪曲による詭弁で延命を図るよりも、圧政により苦しめている支那の人民や、侵略した国々に謝罪・賠償して、自己を解体した方が良いでしょう。

 我々良心溢れる日本人は、次の支那政府の責任者が、中国共産党の犯罪者を祀っている追悼施設に行ったところで、文句を付けたりはしないですから。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


「反日」解剖 歪んだ中国の「愛国」
水谷 尚子
文藝春秋 (2005/09/27)
売り上げランキング: 104,549
おすすめ度の平均: 5
5 中国の人にも読んでもらいたい
5 冷戦後に育った若手研究者の中国観!


PR情報
メールソフトで使えて、広告なし!完全無料のメールアドレス
無償で利用できる顧客管理ソフト CondorWin 2005
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
中共の言うことには一々反応しないで、適当にスルーしてればいいんじゃないでしょうか。

本当に大事な話だったら別ですが、妄言の相手をする必要はないでしょう。
2006/04/06(木) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
華麗にスルーと行きたいところなのですが、放っておくと、朝日とか中日とかの三流ゴシップ紙が、嬉々としてこういった発言を、拡大解釈してきそうな気がするもので、つい相手にしてしまいます。
2006/04/06(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/213-ae599ba3