FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 死の商人

死の商人
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

経団連:防衛産業は「技術的な鎖国状態」-武器輸出3原則緩和を

  8月13日(ブルームバーグ):経団連は、防衛予算の減少と武器輸出禁止政策により日本の防衛産業が弱体化し、国際的な共同開発に参加できない「技術的な鎖国状態」にあると警告、政府が年内に取りまとめる防衛計画の大綱で禁輸を緩和するよう求めている。

  冷戦時代の1967年に政府が決めた武器輸出3原則(共産圏、国連決議等で指定された地域、紛争国向けの輸出禁止)は76年には他の地域にも拡大された。このため、経団連の防衛生産委員会の岩崎啓一郎・基本問題ワーキンググループ主査は10日のインタビューで、例えば、米ロッキード・マーティン社が主導する次世代戦闘機、F-35の開発にも日本企業は参加できない状況だと指摘した。

  岩崎氏はまた、政府の次期主力戦闘機の選定が先延ばしになっているため、現在の戦闘機生産が終了する2011年度以降は、日本の関連企業の生産に空白期間が生じると指摘。空白期間について「3年仕事がない、さらに将来の展望も分からないとなると、経営者としてはそれを続けるのは非常に難しい」と警告した。

  防衛省の当初計画では、次期主力戦闘機は09年度までに導入する予定だったが、当時最有力候補とされたロッキード・マーティン社のF-22は米議会が輸出禁止継続を決議し、昨年9月には上院が生産終了を議決した。他方、現在防衛省が最有力候補としているF-35は開発が遅れているため、来年度予算の概算要求で計上するのを見送ったと、7月26日付の読売新聞夕刊は報じている。

  岩崎氏は「防衛省、航空自衛隊はF-35を導入したいと考えているのだろうから、導入後、どう維持するかがポイントだ」と述べ、共同開発に不参加状態での、機体のメンテナンス面の難しさを指摘する。

提言

  経団連は先月、「新たな防衛計画の大綱に向けた提言」を発表、最先端技術など重点分野への投資政策を明確化するよう訴えるとともに、武器輸出3原則を改め、個別案件について、最終輸出先や用途の観点から総合的に審査する新しい「武器輸出管理原則」の確立などを求めた。

  同志社ビジネススクールの村山裕三教授は「武器輸出3原則が聖域化し、共同開発にも参加できず世界のトレンドから完全に取り残された。防衛産業の危機と言われて20年近くになる。防衛力を増強するアジア全体を考え、日本の防衛産業を考えないと、えらいことになる」と語った。

  大阪大学の久保田ゆかり客員准教授は、「最終的に必要なのは政治的判断だが、菅直人首相の安全保障への関心は低いようなので、大綱で策定できても、抜本的な改革は盛り込まれない可能性が高い」と予想。「北朝鮮のミサイル発射でミサイル防衛が進んだように、アジアの安保で何か大きな事件がないと前進しにくいかもしれない」と語った。

防衛予算

  日本の防衛予算は過去8年減少を続け10年度には4.79兆円に落ち込んだ。このうち、正面装備契約額は1990年のピーク時1兆727億円から36%減少し、今年は6837億円に。また、防衛省の資料によると、2003年以降、35社の戦闘車両関連企業と21社の戦闘機関連企業が撤退、または倒産したという。

  戦闘機部品を作る住友電気工業も次期戦闘機関連の商談には加わらないことを2-3年前に決定した、と同社広報担当の春日昌仁氏は述べた。

  岩崎氏が航空宇宙事業部長を務める三菱重工業でも防衛関連は売上の10%程度まで減少。同氏によると、川崎重工業など上位10社の防衛需要依存度は10%以下と低い一方で、依存度の比較的高い中小零細企業は事業継続が困難な状況に直面しているという。

(2010年08月13日 ブルームバーグ)

 まず最初に一般人は勿論、政治家、国防とか軍事とかを声高に叫ぶ政治家ですらそうなのだが、「武器輸出三原則」は、武器の輸出を禁止などしていない。

 武器輸出三原則が禁じているのは、共産諸国に対する武器輸出、国連決議などにより武器の輸出が禁止されている国家への武器輸出、そして、紛争当事国への武器輸出の三つ、この三つを禁止する原則であり、それ以外の国家への武器輸出は、基本的に禁じられてはいない。

 武器輸出を禁じているのは、これとは別の、76年に当時の三木武夫総理が予算委員会にて発表した「武器輸に関する政府統一見解」に拠るもの。

 我が国では、この二つを併せて「武器輸出三原則等」と呼称する事が多いのだが、これを、怪異疸連の罪怪塵は、意図的に混同させている。

 「技術的な鎖国状態」を解消する為には、「武器輸に関する政府統一見解」を変更すれば良いだけであり、「武器輸出三原則」を緩和する必要など何一つと無いのである。

 にも関わらず、何故、怪異疸連の罪怪塵どもは、意図的に「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」を混同させ、敢えて「武器輸出三原則」を要求するのか?

 ちなみに、当たり前の話だが、知らなかった、自分達自身も混同していた、なんて事は基本的にあり得ない。

 政策の中身も知らずに政策提言をするとか、一般人のトーシローなら兎も角、仮にもそれなりに経済界での地位を持ち、政治にも深く食い込んでいる人間がするなどあり得ない。

 分かっていてやっているのだ。

 で、話を戻す訳だが、何故、怪異疸連の罪怪塵どもは、意図的に「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」を混同させ、敢えて「武器輸出三原則」を要求するのか?

 もう、勘の良い人は分かっているだろう。

 要するに、怪異疸連の連中は、武器輸出を始める事は勿論、三原則が禁じている国家群を相手に「死の商人」となり、更なる巨万の富を築きたいと考えているのだ。

 分かり易く言うとだね、チュウゴクや北朝鮮、ソマリアやダルフールに対して武器を売る事を認めろ、と、怪異疸連の罪怪塵ども、金に狂った亡者どもは要求しているのだ。

 まあ、国際的な立場上、二番目の「国連決議などにより武器の輸出が禁止されている国家への武器輸出」は難しいかも知れないが、残りの「共産諸国に対する武器輸出」「紛争当事国への武器輸出」の二つは、「死の商人」を目指すならば是非とも緩和して欲しいところなのだろう。

 気狂い、と以外に、どう表現すればいい?

 今の日本国は、こんな連中に政治の中枢を握られているのだ。

 国家が滅び行く原因の多くは、外的要因よりも内的要因である場合が多い。

 チュウゴクや北朝鮮、ロシアの脅威を唱える事も結構だとは思うが、それより前に、この、どうしようもない程の「滅びの因子」に政治の中枢を牛耳られているという脅威を認識すべきだと思うね。

 カネの為なら、潜在的敵性国家に対してすらも全てを売り渡そうとする金の亡者を社会の中枢から駆逐する事こそ、国を憂う人間が先ず為すべき事ではなかろうか、と私は思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)
トルストイ
新潮社
売り上げランキング: 50064
おすすめ度の平均: 4.5
4 難しいけど掴んだものが確かにある
5 原文に忠実な翻訳ということで
5 壮大なスケール
2 翻訳に幾分問題が
3 作者の戦争体験が活かされている

ヒロシマナガサキ [DVD]
マクザム (2008-03-28)
売り上げランキング: 4297
おすすめ度の平均: 4.0
5 本当に原爆は必要だったのか?この作品は日本人だけでなくアメリカ人が見るべきだ
4 戦争の意義
4 制作したことに評価
4 生きる勇気
5 心にズシリ...


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
紛争地で戦闘員が乗っている車は、トヨタか日産のトラックが多いです。
その運転席の上に重機関銃を据え付け、荷台にはRPGとカラシニコフを持った人が乗っています。
ミロクの狩猟用散弾銃が、ジャングル戦に使われていた事実もあります(ミロクは輸出を自主規制しました)。
ヤマハの無人ヘリコプターをコピーした偵察・攻撃ヘリを、中国が先日公開しました(ヤマハは捜査を受けました)。
また、北朝鮮の工作船に日本製機器(GPS・無線機等)が乗せられていました。

このように、明確に武器と謳っていないものも武器になります。
つまり、武器輸出三原則を厳守というお題目は、既に有名無実になっています。

2010/08/13(金) | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2135-57cc1d28