FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 今日、出来ることに、全力を尽くせ、しからば、明日は一段の進歩があろう

今日、出来ることに、全力を尽くせ、しからば、明日は一段の進歩があろう
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

官房長官、当時の政府対応を批判 昭和57年の教科書書き換え問題

 安倍晋三官房長官は5日の記者会見で、昭和57年の教科書書き換え問題に端を発した宮沢喜一官房長官(当時)の謝罪談話について「これまでの政府の立場と変わりない」としながらも、「誤報に端を発した問題なのに(中国などの抗議に)『間違いだった』としっかり反論しなかったのは明らかに間違いだった」と述べ、当時の政府の対応を批判した。

 その上で、「結果としてその後、日本は同様の問題が起きても反論しないということになってしまった」と述べ、歴代政権の対応にも疑問を呈した。また、宮沢談話に基づく近隣諸国条項についても「近隣諸国の意見などに配慮しながら、日本が主体的に判断するということだ」と述べた。

 安倍氏は2日、民放テレビ番組で、教科書問題について「中韓両国の抗議を受け、当時官房長官談話を出したが、書き換えの事実はなく、結果として大きな過ちを犯した」と発言した。これに対し、朝日新聞は4日付の社説で「歴史への反省を踏まえた当時の官房長官談話を否定するかのような現在の官房長官の発言は、政府の姿勢に疑念を抱かせかねない」と批判していた。

 安倍氏はこの社説についても「朝日新聞は社説で教科書報道について『ずさんな取材だった』と書いている。それならば誤報と同じスペースでしっかり報道すべきではないか。報道機関として素直に反省していただきたい。問題をすり替えて批判するのは間違っている」と強く批判した。

(2006年04月05日 産経新聞)


 安倍官房長官の主張はまったくの正論であり、これに批判を加えている朝日新聞は、頭がおかしいと言わざるを得ないものです。

 しかも、この事件の発端は、その批判を加えている朝日新聞なのですから、何を況やというものです。

 今更、朝日新聞の捏造・歪曲体質が治るとは考えにくい以上、朝日新聞は早々に取り潰すべきであり、安倍官房長官も、「素直に反省」だなどと生温い事を言ってないで、「朝日新聞日本の敵」と宣言して欲しいものであります。

 そもそもこの宮沢談話なるものを発した宮沢喜一なる男など、総理総裁とは名ばかりの金丸の傀儡であり、このような男の言葉などに重みなど一切無いものです。

 何らの政策を成し遂げた訳でも無く、朝日新聞の捏造に乗せられた、特定アジア諸国からの恫喝に右往左往し、ろくな調査もする事無く、阿呆な発言を以って対処した、この能無しの談話を否定する事は当然の事であると言えるでしょう。

 この宮沢談話にしても、かの悪名高き村山談話にしても、日本政府はこれらの発言は全て、中国共産党北朝鮮の傀儡により行われたものであり、日本政府の真意では無いと、否定すべきであります。

 無碍に否定をすれば、国際社会の信用を失くすという事に繋がりかねませんが、キッチリとした理由さえ存在するのであれば、特定アジア以外のまともな国々は、日本に対して理解を示してくれる可能性もあります。

 このままこのようなイカレた談話を引き摺っていくよりは、リスクを犯してでも、これらの談話を否定し、真実に沿った日本政府の見解というものを示した方が、日本にとっての国益に繋がると思うのは、私だけでは無いものと思います。

 これらの談話を否定した時、日本の国内でもデモや抗議活動が起こるものと考えられますが、これらの行動を取る人間のほぼ全員は、日本国国籍を有していないものに間違いは無いものであり、必要以上に気にする事は無いものと言い切れます。

 また朝日新聞を始めとする、反日プロパガンダ紙が、執拗に批難してくる事も間違いありませんが、彼奴等は叩けば埃が異常な程に出てくる身ですから、間抜けの宮沢のようにイモを引く事無く、一つ一つきっちりと対処して行けば、すぐに騒ぎは沈静化するものであると言えるでしょう。

 以上の理由により、これ以上これらのふざけた談話を抱え続ける事は、百害あって一理なしであると考えられます。

 日本政府は早々に、これらの談話を否定して、真実に沿った正しい日本政府の見解というものを、発表するべきと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

日本を蝕(むしば)む人々 平成の国賊を名指しで糺す
渡部 昇一 屋山 太郎 八木 秀次
PHP研究所 (2005/06/07)
売り上げランキング: 1,750
おすすめ度の平均: 4.29
5 国益を守るためのキーワード集
4 サヨクや反日鮮人には苦々しい本
5 心が動く本。そこに信頼性がある。本書10万部出たら希望が、、

「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道
徳間書店 (2005/10/22)
おすすめ度の平均: 5
5 朝日の内情は、日本社会、組織の縮図です。
5 大変良い本です。皆さん読んで下さい。


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
役に立つ!メールマガジン情報活用術
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/215-9b9aeaf7