FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Goodbye Cruel World

Goodbye Cruel World
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「命の値段」、非正規労働者は低い? 裁判官論文が波紋

 パートや派遣として働く若い非正規労働者が交通事故で亡くなったり、障害を負ったりした場合、将来得られたはずの収入「逸失利益」は正社員より少なくするべきではないか――。こう提案した裁判官の論文が波紋を広げている。損害賠償額の算定に使われる逸失利益は「命の値段」とも呼ばれ、将来に可能性を秘めた若者についてはできる限り格差を設けないことが望ましいとされてきた。背景には、不況から抜け出せない日本の雇用情勢もあるようだ。

     ◇

 論文をまとめたのは、交通事故にからむ民事訴訟を主に担当する名古屋地裁の徳永幸蔵裁判官(58)。田端理恵子裁判官(30)=現・名古屋家裁=と共同執筆し、1月発行の法律専門誌「法曹時報」に掲載された。

 テーマは「逸失利益と過失相殺をめぐる諸問題」。若い非正規労働者が増える現状について「自分の都合の良い時間に働けるなどの理由で就業形態を選ぶ者が少なくない」「長期の職業キャリアを十分に展望することなく、安易に職業を選択している」とする国の労働経済白書を引用。こうした状況を踏まえ、正社員の若者と非正規労働者の若者の逸失利益には差を設けるべきだとの考えを示した。

 具体的には、非正規労働者として働き続けても収入増が期待できるとはいえず、雇用情勢が好転しない限り、正社員化が進むともいえないと指摘。(1)実収入が相当低い(2)正社員として働く意思がない(3)専門技術もない――などの場合、若い層でも逸失利益を低く見積もるべきだとした。

 そのうえで、逸失利益を計算する際に用いられる「全年齢平均賃金」から一定の割合を差し引いて金額を算出する方法を提案した。朝日新聞は徳永裁判官に取材を申し込んだが、名古屋地裁を通じて「お断りしたい」との回答があった。

    ◇

 この論文に対し、非正規労働者側は反発している。

 「派遣労働ネットワーク・関西」(大阪市)の代表を務める脇田滋・龍谷大教授(労働法)は12日に仙台市で開かれた「差別をなくし均等待遇実現を目指す仙台市民集会」(仙台弁護士会など主催)で論文を取り上げ、「企業の経費削減や人減らしで非正規労働者が増えた側面に目を向けていない」と指摘した。

 脇田教授は朝日新聞の取材に「論文は若者が自ら進んで非正規労働者という立場を選んでいるとの前提に立っているが、若者の多くは正社員として働きたいと思っている。逸失利益が安易に切り下げられるようなことになれば、非正規労働者は『死後』まで差別的な扱いを受けることになる」と話す。

 裁判官の間にも異なる意見がある。大阪地裁の田中敦裁判官(55)らは同じ法曹時報に掲載された論文で「逸失利益については、若者の将来の可能性を考慮すべきだ」と指摘。若い世代の逸失利益を算出する際、正社員と非正規労働者に大きな格差を設けるべきではないとの考え方を示した。

     ◇

 なぜ、1本の裁判官の論文が波紋を広げているのか。

 逸失利益をめぐっては、東京、大阪、名古屋3地裁のベテラン裁判官が1999年、将来に可能性を秘めた若い世代に対しては手厚く配慮することをうたった「共同提言」を発表。おおむね30歳未満の人が交通事故で亡くなったり重い後遺症が残ったりした場合、事故前の実収入が同年代の平均より相当低くても、将来性を考慮したうえで全年齢平均賃金などに基づき原則算出する統一基準を示した。

 2000年1月以降、この基準が全国の裁判所に浸透したが、長引く不況による非正規労働者の増加に伴い、事故の加害者側が「平均賃金まで稼げる見込みはない」として訴訟で争うケースが増えている。交通事故訴訟に携わる弁護士らによると、実際に非正規労働者の逸失利益が正社員より低く認定される司法判断も出てきているという。

 こうした中で発表された徳永裁判官らの論文。非正規労働者側は、交通事故訴訟に精通した裁判官の考えが他の裁判官にも影響を与え、こうした動きを後押しする可能性があると不安視する。(阪本輝昭)

     ◇

 〈逸失利益〉 交通事故などで亡くなったり、重度の障害を負ったりした人が将来的に得られたとして算定される収入。以前は男女別全年齢平均賃金などを基準とする「東京方式」と平均初任給を基準とする「大阪方式」で未就労者の逸失利益を算定する方法があり、地域格差があった。2000年1月以降は東京方式に沿った基準に統一され、不況で急増した若い非正規労働者にも適用されている。25歳の男性が交通事故で死亡した場合、67歳まで働けたとして、09年の男性の全年齢平均賃金(約530万円)をもとに生活費を半分差し引いて試算すると約4600万円になる。

(2010年09月17日 朝日新聞)

 この裁判官の意識というのも、勿論問題なんだけれど、それよりも問題だと言えるのは、こういう論文が一笑に付されないで、真面目に議論されるような素地のある世の中になってきている、という事。

 積極的にこの裁判官の論文に同調する人間が増えてきている、という事。

 元々、何時の時代、何処の国だろうと、こういう風な考え方をする人面獣心は少なからず存在はしている訳ではあるのだけれど、まともな時代のまともな国、少なくともほんの数十年前までの日本ならば、こんなのは一方的に批判されるか、一笑に付されるか、とにかくまともに相手などされないで終わっていた。

 心無い人間として、例えどんな地位のある人間であろうとも、侮蔑と嘲笑の対象だった。

 合理的だとか論理的だとか、そういう冷たく無機質なものよりも、もっと、人間の奥底にある人間的で暖かいものを判断の基準とする「まことの人間」が大多数だったから。

 いや、今でも、市井に暮らす一般の人達には、そういう人間がまだ少なからず残ってはいる訳だが、社会の上層にあたる人間、すなわち政治家や財界人、あるいは学者、大学教授などの有識者や知識人と呼ばれる層の人間たちは、かつてに比して呆れる程に、徹底的に劣化している。

 例えば、財界人だと、松下幸之助も本田宗一郎も、豊田喜一郎も井深大も、決して、伝記に記されているような完全無欠の聖人君子ではなかったけれども、今、彼らが作った会社を引き継いでいる無能どもに比べればずっとまともな人間だったし、自分だけ、会社だけではなく、全体の利益というものも多少なりとも考えていた事がうかがえる。

 政治家にしても学者、教授連中にしても、全てそう。

 勿論、手前の利益は一番に考えていた訳ではあるけれど、それだけで終わらせてはいなかった。

 みんな、手前が儲ける事は当たり前だけれど、それと同時に、いや、それを通じて、日本という国を良くしていこう、そこに住まう人達の暮らしも良くしていこうとしていた。

 比べて、今のクズどもはこうである。

トヨタ・日産、韓国製部品を本格調達へ

 トヨタ自動車、日産自動車など国内自動車大手が、割安な韓国製部品の本格調達に乗り出すことが18日、分かった。

 韓国・ソウルで今月29日から開かれる見本市に参加し、韓国の大手部品メーカーと商談会を行う。国内自動車大手は円高で国際的な競争力が低下しており、韓国から部品を輸入して製造コストを引き下げる。今後、部品の海外調達が各社に広がれば、自動車メーカーを支えてきた国内の系列部品会社が打撃を受ける恐れもある。

 見本市は日韓政府の主催による「日韓部品素材調達展示商談会」で、日本自動車工業会の協力で自動車メーカー約10社が参加する。商談会は今年で2回目だが、昨年は電機大手などが中心で、自動車メーカーが参加するのは今回が初めてとなる。

(2010年09月18日 読売新聞)

 手前さえ儲けられれば、日本という国も、手前らを支えてくれた下請け業者も、全てどうでもいい。

 こういったクズどもが政界、カスゴミに働き掛けて作った虚構の英雄が小泉チョン一郎。

 そして、チョン一郎から延々と続く、腐り果てた政治が、この裁判官の論文に同調するような人面獣心のクズを量産し、経済的な後退も相まって、日本を日々荒んだ、チュウゴクやバ韓国のような、手前さえ良ければどうでもいいと考えるクズがひしめき合う痴情の楽園へと近付けている。

 新聞や経済誌がよく「韓国企業を見習え」とかいう趣旨の事を言っているが、これも、端的に言えばそういう事。

 松下幸之助や本田宗一郎、豊田喜一郎や井深大らが作り上げた、誇るべき日本らしい、いやさ人間らしい企業の形を捨て去り、グローバル社会という名のジャングルで連中と殺し奪い合う獣となれ、と言っている。

 実際、人間すらも使い捨ての消耗品の一種と考え、その通りに実行している連中と、連中の土俵にわざわざ上がってガチンコで勝負するのならば、そうせにゃあならんだろうね。

 しかし、だ。

 よく考えれば分かる事な訳だけれど、何でわざわざ、人間様たる日本人が、畜生の一種である連中の土俵に、わざわざ上がってやらねばならんのか。

 普通に、今まで通り、松下幸之助や本田宗一郎、豊田喜一郎や井深大らが作り上げた日本式のやり方で、社員を、地域を、日本を大事にしながら、その上で価値ある、多少値は張っても外国人連中が欲しがるようなものを作り上げていけば、チュウゴク塵やバ韓国塵にはマネできないやり方でやっていけばいいだけなのだ。

 そうして、こういう巫山戯た論文が一笑に付される社会、チュウゴクやバ韓国、ダメリカなんかとは一線を画する社会を作り上げる事こそが、「誇りある日本」を取り戻す、という事と違うかい?

 トヨタが全世界で売り上げのトップを取ったとか、ホンダのクルマがレースで好成績を収めたとか、ソニーやパナソニックの家電が世界的に人気があるとか、そんなものは、本来、そういう結果に付随してくる副産物に過ぎん。

 それを理解出来ないアホボケカスナスどもが、先人の遺産で調子に乗っているだけの人面獣心のクズどもを祭り上げ、調子に乗らせ、日本を破壊した。

 このままでは本当に駄目だ。

 クソバカ脳味噌お花畑サヨクどもは、その多方面土下座外交や上っ面だけのリベラル発言に騙され、菅直人という今世紀最低最悪のゴミクズ糞虫野郎を支持しているようだが、ヤツが作り上げようとしている日本は、上っ面の包み紙こそ違うものの、その本質は、クソバカ脳味噌お花畑サヨクどもが必死に批判していた小泉・安倍と全く一緒。

 一般の日本人を贄とし、政治業者と罪魁、罪謀省高官を始めとする一部の高級官僚、そして害死・害塵どもだけが肥え太っていく無間地獄。

 つまりはこの続きに過ぎない。

 その事に、一人でも多くの日本人に気付いて欲しい。

 そして、この裁判官の論文のような巫山戯た代物が一笑に付される、まともで健全で人間的な日本を取り戻したい。

 それだけが私の今の願いだ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ワーキングプア 日本を蝕む病(ポプラ文庫)
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班
ポプラ社
売り上げランキング: 95500
おすすめ度の平均: 4.0
5 世論を動かそう!その1
2 本の内容ではなく、この本から何を感じ・感じた事を深く考えることが大事
5 決して他人事ではない、意識しないと見えてこない現実
5 将来について色々考えさせられました。
4 エポックメイキングな1冊

ワーキング・プア―アメリカの下層社会

岩波書店
売り上げランキング: 74947
おすすめ度の平均: 4.5
4 愛情不足の連鎖
3 いっき読み出来ない・・・
5 アメリカの実力
5 解決できる問題なのか
5 良書ゆえにいろいろな疑問が喚起されます


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
ずっと拝見させていただいています。
いつも良い記事なのですが、今日のは本当に同感します。金を神様としている人たちとは一線を引きたいものです。お金は人を幸せにする手段にすぎないのに。
最近、左側の広告が被らなくなってとても読みやすくなりました。今後も良い記事をお願いします。
ありがとう。
2010/09/18(土) | URL | rain #-[ 編集]
 皆さん、今晩は。浪人さん、いつもお世話様です。

 損害賠償請求訴訟における非正規従業員の逸失利益を低く算定しようとする裁判官は、上から目線でものを見ている、卑劣な輩です。

 我が国では近年、いわゆるエリートが上から目線で、社会的弱者に対して厳しい事を言う人が目立つように見えます。民事では比較的まともな判断を出してきた裁判官にもこの傾向が及んでいると思うと、暗い気持ちになります。我が国の階層分裂の流れは進んでいるようですね。

 ついでに、損害賠償請求訴訟における非正規従業員の逸失利益を低く算定しようとする裁判官が、被害者の人権と称して刑罰の厳罰化を唱えることを、絶対に許してはならないと思います。
 損害賠償の逸失利益は被害者の人権保障の基本です。非正規従業員の逸失利益を低く認定しながら刑罰の厳罰化を唱えるのは、単なる感情論に過ぎず、被害者の人権の基本である被害者の救済を真面目に考えていないといわざるを得ません。
2010/09/18(土) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
ずっと 前だが オーブントースターを買った。 
電気オーブンとしても使える トビラが 前に開くタイプのものだ。
買うとき 詳しくは 確認せず 単に 使いやすさと値段で決めたと思う。
どうせ 3~4000円の品物だ。 
別に お金には困ってはいないので 素敵なデザインで 一生もののアメリカ製や ヨーロッパ製のオーブントースターなら 1万円でも2万円でも 買うのだが そんなものは 田舎の家電店には 初めから置いてもいない。
そこで 買ったのは 確か 3000幾らかのヤツだった。
使っていて 別に 不満はなく 充分に使えたが 4~5年経った頃 突然 壊れた。 
通電しなくなったのだ。
従って スイッチをいれても 加熱しない。
壊れてから 初めて 詳しく製品に張ってあったシールを見たら 「 中国製 」だった。
4~5年使って 4000円なら 1~2万円しても 一生 使えるモノを買った方が 矢張り 「 御徳 」だと思う。
使う度に 誇らしい気持ちにもなれるだろうし、使わない時でも 素敵なデザインで 部屋を飾ってくれるだろう。
壊れてからも 捨てずに 持っていたら コードの彼方此方に ヒビが出て来た。
通電したら 『 ショート 』しそうな感じだ。

分解して調べた訳ではないが おそらく 壊れた訳も 内部の何処かの部品や コードの被服がイカレタのが 原因だったのかも知れない。

クルマの部品に 特亜製の部品を使えば 製品全体の「 信頼性 」は大幅に落ちるだろう。
クルマが 突然 壊れ 走行不能になれば 場合によっては 運転者や周囲の人々をも 「 生命の危険 」に晒す事になるだろう。

電気コードに使われている 銅線の信頼性が 低く 何時 断線するか判らない。
電気コードに使われている ビニール被服の 寿命が短く 何時 ショートするか判らない。

タイミングベルトが ファンベルトが 何時 切れるか判らない。

特亜の部品を 使えば 早晩 日本製品の 信頼性は 特亜製と 同じに 成り下がり その唯一の優位性さえ 失われるだろう。

アメリカで 信頼性が 失われた事が マイナスになった事に TOYOTAは 未だ 気付いていないのだろうか。
2010/09/22(水) | URL | ミナミは北超賎 (  南賎は 北賎と 所詮 同じ 超 賎 塵 だ ) #-[ 編集]
こういうことを書くと、みなさんの逆鱗に触れるでしょうけれど、事故死の賠償金をその人本人の生涯賃金を推定して決めるということは、常態化しています。

30年くらい前に名古屋空港で中華民航の航空機が着陸事故を起こしたとき、台湾の人と日本の人との間に、会社が提示した補償金は当初同じでした。
それに不服ということで日本側の遺族が集団訴訟を起こし、結局出た結論は、日本人の生涯賃金に合わせて割増するべき、という判決でした。
日本人の雇用形態によって、賠償額に差をつけることが正義に反するならば、うえに書いたような古くからある、国籍間の賠償額の差を日本の裁判所が是認していることも、正義に反すると批判すべきだと、私は考えます。
2010/11/03(水) | URL | デルタ #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2171-52399a7d