FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Merdolino

Merdolino
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

官房長官会見の要旨=中国人船長釈放

 仙谷由人官房長官が24日の記者会見で、中国漁船船長釈放について発言した内容は次の通り。

 -那覇地検は船長釈放について「国民への影響、今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄拘束して捜査を続けることは相当でない」と説明したが、どういう判断が働いたのか。政権は判断にどう関与したのか。

 法務省からそういう検察の決定をして、地検が記者会見で発表すると連絡を受けた。検察が捜査を遂げた結果、身柄釈放、処分保留という、刑事事件として刑事訴訟法248条の意を体してそういう判断に到達したと報告を受け、了としているということだ。

 -午後に柳田稔法相と話していたが。

 全くの別件だ。

 -釈放は地検独自の判断か。

 はい。

 -ニューヨークにいる菅直人首相には連絡したのか。

 首相の秘書官室から、秘書官には連絡したと思う。首相には既に連絡が届いているということだ。

 -法治国家における司法当局の捜査が、外交関係に配慮して釈放という判断に至ったことについてどう考えるか。

 (刑訴法248条の)起訴便宜主義を行使して、検察官が総合的判断の下に身柄釈放や処分をどうするか考えたとすれば、そういうこともあり得ると考えている。

 -河北省で日本人4人が取り調べられた直後の釈放ということで、中国の反発を受けて譲歩したという印象を与えかねないが。
 結びつけるのは強引じゃないか。

 -中国側の対応は軟化すると考えるか。

 日中関係が悪化する可能性、兆候が見えていたことは事実だ。日中関係は重要な2国間関係で、日中の戦略的互恵関係の中身を豊かに充実させる方途を両国とも努力しなければならない。

 -今後もハイレベル対話を模索するのか。

 その通りだ。

 -29日の拘置期限までまだ時間があったが、釈放に至った理由は。

 私には分からない。捜査上の判断だと思う。

 -与野党から「腰砕け」との批判が出ているが、国民に対してどのように説明するか。

 与党からそういう批判が出ているのは承知していない。

 -国民も納得できない部分があると思うが。

 粛々と国内法に基づいて手続きを進めた結果、ここに至ったという理解だ。

 -処分保留を決めたことについて、中国側には何らかのルートで伝えているのか。

 検察が決定を発表した後に、外交ルートを通じて中国に通報したと報告を受けている。

 -今後の船長起訴の可能性について。

 それは地検に聞いていただかないと。私が了解すべき事柄ではない。

(2010年09月24日 時事通信)

 何とかして検察に全ての責任を擦り付けようとしているみたいだけど、誰がどう見ても、主犯はこの賤獄と首相である菅ガンスの二人だろう。

 検察が出来るのは起訴可能か不可能かを捜査して見極める事な訳で、外交問題、領土問題に繋がりかねない政治的判断を検察が独自に行うなんて事はあり得ない。

 コイツらは、支那畜どもの恫喝に屈し、国内法を捩じ曲げ、法治国家としての体を滅茶苦茶にして、さらにそれを、その責任を、全て検察に押し付けようとしている訳だ。

 クズも、ここまで来ると清々しい。

 まだ、手前の責任で超法規的措置をとった小泉の方が、勿論目くそ鼻くそではあるものの、若干だがマシかも知れん。

 ま、どちらのゴミがまだマシなゴミかなんて事を考えても時間の無駄でしかないので話を進めるけれども、このヘタレさ、責任感のなさ、究極のレベルにあると言っても過言じゃあないね。

 これによって、どれだけ国民が迷惑を被る事になるのか、全く考えていない。

なぜ釈放?怒る漁民「中国漁船、どさっと来る」

 なぜ今、釈放か――。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、24日、●其雄(せんきゆう)船長(41)の釈放を公表した那覇地検の判断には、周辺の漁業者らから戸惑いや憤りの声が上がった。(●は「擔」のつくりの部分)

 衝突時のビデオ解析で「立証は堅い」と信じていた海上保安庁の職員は落胆の表情を浮かべ、幹部からは、海上警備で海上保安官が萎縮(いしゅく)しないか、などの懸念も出た。

 「起訴して当然だと思っていたのに……。国に見捨てられた気分だ」

 沖縄県・与那国島の与那国町漁協の中島勝治組合長(44)は、那覇地検の判断に憤りを隠せない様子で語った。

 衝突事件以降、現場周辺海域で中国船を見かけることはなかったといい、「せっかく毅然(きぜん)とした対応を続けていたのに、甘い姿勢を見せた以上、すぐに中国の漁船がどさっと来るようになるはず。どうせ政治判断なのだろうが、政府にはがっかりだ」と不満をあらわにした。

 宮古島の小禄貴英(よしひで)・宮古島漁協組合長(61)も「今回の判断で、今度は尖閣周辺で我々が中国に拿捕(だほ)される恐れもある。国は尖閣が日本の領土という主張だけは、強く示し続けてほしい」と訴えた。

     ◇

 「こんなことならビデオを早く公開すべきだった」

 ある海保幹部は、そう悔しさをにじませる。海保が所持しているビデオ映像は、事件が起きた7日に、損傷した巡視船「よなくに」と「みずき」から撮影したもの。「よなくに」の船尾部分を、漁船が斜めに航行しながら接触した様子や「みずき」の右後方を平行に走っていた漁船が左側にかじを切って右舷の中心部付近に衝突した様子が鮮明に映っていた。海保は、この映像に漁船や巡視船の航跡データを組み合わせれば、漁船側が衝突してきた状況は立証できる、と自信を持っていた。

 海保内部では当初、積極的なビデオ公開の意見も出た。だが、中国側に配慮する官邸サイドの意向もあり、立件方針が決まった7日夜になり、一転して非公開に。

 映像公開については、24日夕、馬淵国土交通相が「今後の推移で判断する」と述べただけで、別の海保幹部は「海上の警備は危険と隣り合わせ。いざという時、現場の職員の士気が落ちなければいいが」と話す。

     ◇

 24日午後に行われた那覇地検の緊急記者会見。「今後の日中関係を考慮し、捜査を続けることは相当でないと判断した」。鈴木亨・次席検事は感情を押し殺したような口調でそうコメントを読み上げた。

 政治介入の有無についての質問も相次いだが、鈴木次席検事は「検察当局として決めた」「中国政府に配慮したものではない」と重ねて否定し、会見が進むにつれて「答えを差し控えたい」と口を閉ざした。

(2010年09月24日 読売新聞)

 まあ、元々、自民党政権時代から、日本の漁業関係者は日本政府から半ば見捨てられていたようなものだった訳だけれど、今回のコレは、それに完璧なとどめをさしたと言えるだろう。

 漁師さんたちが言うように、これから、日本の漁場は違法な支那畜の船が溢れかえる事となる。

 勿論、戦犯である菅ガンスや賤獄くんは、必殺「遺憾の意」を発表するだけである。

 勿論、この人もそう。

外相“同事案にはきぜんと”

アメリカを訪れている前原外務大臣は、記者団に対し、逮捕した中国人の船長を処分保留のまま釈放したことについて、「国内法にのっとって対応した検察の判断に従う」としたうえで、「同じような事案が起きたときは、きぜんと対応していく」と述べました。

この中で前原外務大臣は、沖縄県の尖閣諸島の日本の領海内で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で、逮捕した中国人の船長を処分保留のまま釈放したことについて、「国内法にのっとって対応し、政府の機関である検察が総合的に判断したことであり、その判断に従う」と述べました。そのうえで、前原外務大臣は「東シナ海に領土問題は存在しない。同じような事案が起きたときは、しっかりときぜんと対応していくことに変わりはない」と述べました。また、前原外務大臣は、中国政府が声明を発表し、日本は船長を違法に逮捕、こう留したとして謝罪と賠償を求めたことについて、「中身を見ていないので現時点でコメントは差し控えたい。いずれにしても東シナ海に領土問題はなく、われわれの主権をしっかり守っていくことに尽きる」と述べました。さらに、前原外務大臣は、記者団が「日中関係をどう修復していくか」と質問したのに対し、「外交は外務省がやるが、内閣の総合調整は総理大臣官邸が行うので、今後どうしていくかについて、今、何かを決めているということはない」と述べました。

(2010年09月25日 NHK)

 散々言い古された言葉だけで、今日頑張らないヤツ、今頑張らないヤツは、次も明日も決して頑張らない。

 今やるべき事を今やらないヤツは明日も明後日もずっとやらない。

 これ、永遠の真理ね。

 「次はちゃんとやります」と言ってやるヤツは皆無。

 ナッスィング。

 本当に、どうしようもないカスどもだ。

 政権から引き摺り下ろされた暁には、今回の件に外患誘致罪を適用し、極刑に処して欲しいものだと切に思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 248398
おすすめ度の平均: 4.5
4 中国との関わりが避けられない中で自己防衛のための知識
5 卑しき隣人の正体

なぜ、日本人は日本をおとしめ中国に媚びるのか (WAC BUNKO)
石平
ワック
売り上げランキング: 15149
おすすめ度の平均: 4.0
4 反日日本人と中国共産党の類似。
3 結論はでず
5 媚中派は売国奴か否か?


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
米にはヘコヘコして中国には強気で行くのかと思いきや、これですか
ほんとカスの集まりっすなぁ

いつまで続くんでしょうね このゴミ政権
2010/09/25(土) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
ガンが体中に転移して苦しみながら○ね!

今日から、海保は取り締まりをどうするんだろう。
自民党がさっさと基地でも作っておれば。
ああ!腹が立つ!

来月からの新学期に備えて、中国人留学生が帰ってくる。
奨学金とアパート代は日本人からのプレゼントだ。
ああ!腹が立つ!
2010/09/25(土) | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2178-298e4b69