FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → ( ・∀・ )ノ イジメカコワルイ

( ・∀・ )ノ イジメカコワルイ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

仙谷氏「こんにゃくゼリーの形と硬さ」を政治主導で決定へ

 尖閣諸島問題で境地に立たされている仙谷由人官房長官だが、失地回復のつもりなのか、この重大局面に奇妙な“政治主導”を見せている。9月27日、政府は「こんにゃくゼリーの形と硬さ」の基準を政治主導で決める方針を打ち出したのである。

 こんにゃくゼリー問題は、仙谷氏の数少ない政治実績である。自民党政権時代に野党としてこの問題を取り上げ、販売禁止を申し入れるなど、“戦う政治家”ぶりを見せた。

 官房長官になると、社会党出身の福嶋浩彦氏を消費者庁長官を抜擢し、こんにゃくゼリー規制を検討させた。もっとも、すでに業界の自主規制により、一昨年から事故は起きていないため、庁内では規制に慎重論も多かった。それを押し切ってやろうというのだから、なるほど政治主導である。

 菅政権の実態は、「外交は検察が決める。尻ぬぐいは小沢にやらせる。こんにゃくゼリーは俺たちが決める」という体たらくなのだ。

(週刊ポスト 2010年10月15日号)

 サスガ、俺たちの賤獄さん。

 他にやるべき事、やらなければならない事が山ほどあるというのに、そんなものは全て置いておいて、取り敢えず何が何でもこんにゃくゼリーの規制、と。

 経済政策、労働政策、外交政策、安全保障政策よりもこんにゃくゼリー政策。

 つか、何度も言われている事だけど、食べた時の事故の数で言うと餅の方が圧倒的に多い訳で、何で、こんにゃくゼリーばかりを目の敵にするんだろうかね。

 て、まあ、単純に地力のある地方企業を潰したいとか、そんな理由しかないか。

 赤福のときも不二家のときもそうだったけれど、輸出忌業が問題を起こした時に比べて、内需企業が問題を起こした時の叩き方は、理不尽なくらいにえげつない。

 圧倒的なまでの「悪意」と「敵意」を感じずにはいられない。

 日本国で、日本人を雇い、日本人を相手に商売している企業ほど、強烈な、集団リンチと言っても過言ではない程の激烈なバッシングを受ける。

 そして半ば、あるいは完全に潰される。

 輸出忌業が大問題を起こしても、謝罪会見くらいでお仕舞い。

 害死様に至っては、バッテリーが爆発起こしても無視してマンセー報道の繰り返し。

 いやあ、スゴイね、日本の報道機関と政治業者というのは。

 今回はバカミンスの賤獄姦謗長官殿だけれども、痴民党政権だった時代から、ずっとこう。

 こんな狂った時代には、さっさと終止符を打ちたいものだと思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
内藤 朝雄
講談社
売り上げランキング: 9071
おすすめ度の平均: 5.0
5 現代におけるいじめの実態
5 人をおとしいれるのは人
4 一瞬サヨクかと思いましたが…。
4 研究本の一冊
5 システムとしての「いじめ」を分析した良書

拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)
関岡 英之
文藝春秋
売り上げランキング: 13846
おすすめ度の平均: 4.0
4 我々はもっと危険性を認識すべき
3 自分が理解できないものに対して,どれだけ寛容になれるかということが重要ですよね
1 日米離反を狙う砂漠の悪ガイド
4 興味深い
5 今こそこの本を読み直そう


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2189-2aa5f59c