FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Sacrifice

Sacrifice
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

八重山の漁業者、尖閣の「海域守って」 超党派国会議員に切実な訴え

 「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」との意見交換会にはマグロ延縄漁や一本釣りを営む漁業者が出席し、積極的に現場の声を発した。

 中国の海洋調査船にはえ縄を切断され、今年6月23日に日本の排他的経済水域(EEZ)内で台湾の巡視船から退去命令を受けた具志堅用治さんは「(EEZ内に)堂々と入ってきている。どうしたらよいか。これまでずっと泣き寝入りだった。今度こそこの海域を守ってほしい」と切実。

 金城一雄さんは「尖閣周辺には中国の漁業取締船がきているが、私たちが逆に拿捕(だほ)されて中国に連れていかれる可能性もある」と不安顔、比嘉幸秀さんも「尖閣諸島周辺では最近、台湾漁船が多くなっている。水産庁の取締船は最低でも3隻いないとまずい」と危機感を募らせ、仲田吉一さんが「いろんなことがあって一言ではしゃべれない。とにかく安心安全に操業できるようにしてほしい。何とか助けてほしい」と声をあげた。

 上地肇さんは「良い漁場だが、避難する場所がない。避難場所があれば小さな漁船もいける。良い漁場を守るためにも助けて」と訴えた。議員から具体的な避難施設を問われ、比嘉さんは「港はどうせできないだろうから、当面は10隻から15隻程度係留できる浮桟橋で良い」と答えた。

 八重山漁協の上原亀一組合長は「尖閣周辺海域では外国漁船と再三トラブルが発生し、毎年取り締まりの強化を訴えてきたが、今回の事件でようやく国民に知ってもらえた。こうした実情を改善してほしい」と要望した。

(2010年10月10日 八重山毎日新聞)

 日中友好などという安っぽい白昼夢に浮かれている超どあほうどもは、その裏で、このようにチュウゴクの横暴に泣いている人間が無数にいる事を、もっと真剣に考えないといけない。

 また、アタマが病気の哀酷戦死キモウヨヒキニートどもは「ミンスに投票したなら自己責任」とか訳の分からない事を喚いている訳だけれど、これは、昨日今日始まった訳ではなく、痴民党政権時代からずっと続いて来た事なのだと知るべき。

 キチガイバカサヨクの下らない思想ごっこの為に、輸出忌業のチュウゴク進出の為に、罪魁の人間によるチュウゴク塵奴隷確保の為に、ずっとずっと犠牲になってきた人間がいるという事実を直視すべき。

 個人的には、日中友好など画餅に過ぎないとは思うけれど、それを目指して努力するのは個々人の勝手で、やりたければやればいいとも思わない事もない。

 けれども、その為に誰かに犠牲を強いるなんていうのは、狂っている。

 日中友好を謳う阿呆がやっている事というのは、隣のオッサンが自分の子供に対して暴力を振るっているのに、被害者である子供に対して「円満なご近所付き合いの為に我慢しなさい」と言っているようなもの。

 例え日中友好とやらを目指すにしても、今のような歪な関係のまま無理矢理に推し進めていっていいかどうかなんざ、普通のアタマをしていれば考えるまでもなく分かる筈だ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

徹底解明!ここまで違う日本と中国―中華思想の誤解が日本を亡ぼす
石 平 加瀬 英明
自由社
売り上げランキング: 2234
おすすめ度の平均: 3.5
2 学術本として期待していただけに残念
5 同じだと思い込んでる所こそが、全然違う

なぜ、日本人は日本をおとしめ中国に媚びるのか (WAC BUNKO)
石平
ワック
売り上げランキング: 28916
おすすめ度の平均: 4.0
4 反日日本人と中国共産党の類似。
3 結論はでず
5 媚中派は売国奴か否か?


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
私は、仲の良い隣人も悪い隣人も居ます。
また、無理して周りと仲良くしようとは、思っていません。

土地の境界、騒音、ゴミ捨て等、常識の無い大人が存在する事は事実です。
アホな彼ら彼女らに迎合する気は、全くありません。

身近な例で考えると判りそうな事を、何故中韓になると「友好」だけしか選択肢が示されないのでしょうか。
2010/10/13(水) | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2195-ef06c706