FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → The Defiant Ones

The Defiant Ones
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

朝日新聞社「希望退職」に記者が大量応募

 新聞・雑誌の実売部数を調査する日本ABC協会の、いわゆる「ABC調査」で、『読売新聞』が一千万部を維持している一方で、『朝日新聞』が朝刊で八百万部を割ったことが、六月末の調査で明らかになった。かねて、朝日新聞社の秋山耿太郎社長は「八百万部は絶対に維持しなくてはならない」と明言していただけに、八百万部割れは、同社にとってショッキングな結果だった。
 
 朝日新聞社は二期連続の営業赤字に転落しているが、今期に入っても広告売上は相変わらず低迷。その上、販売売上も減少していることから、来年三月期決算も、三期連続の営業赤字になる可能性が高い。
 
 そこで、こうした苦境を乗り切ろうと、同社では、六月から同社の「転進支援制度」に基づき、社員の早期退職を募集した。期限は九月三十日で、四十五歳以上が対象。同制度は、定年の六十歳まで勤続すれば得られる収入の半分を、退職金に上乗せすることが特徴。たとえば、現在五十歳で年収が一千五百万円の人が今回の早期退職に応じた場合、定年までの十年間分の収入である一億五千万円の半分の七千五百万円が通常の退職金(約二千万円)に上乗せされるため、合計九千五百万円になる計算だ。
 
 このように、有利な制度であることから、七十名ほどが応募した模様だ。内訳は、編集所属が四十人前後で、残りが広告や販売。大阪の編集のナンバー2とされた記者も含まれている、といわれている。編集部門からの大量応募は予想外だったようで、人事部門は記者の穴埋めに慌てているようだ。
 
 会社側は十一月頃を目途に「転進支援制度」の第二次募集をかけ、来年三月末までに三十名程度を追加募集。一次と二次を合わせて百名規模の人員削減を目指す方針だ。広告、販売ともにじり貧の中では、人員削減等の社内合理化を進めるしかなく、「社員の士気は落ちる一方」と、ある同社社員は嘆いている

(リベラルタイム11月号)

 俗に言う、沈む船から逃げるネズミの如し、ってやつですな。

 まあ、戦前から戦後、そして現在に至るまで、ひたすら徹底的に恣意的な出鱈目を配信し続けた亡国奴カスゴミ、その代表格たるアカピーさんが今の今まで存在し続けている事が間違いな訳であり、とっとと潰れる事は喜ばしい限りではある。

 しかし、まあ、そのアカピーの中で、嘘出鱈目を期の赴くままに書き続けた人外の外道どもが、ちっとばかし乗っている船が危なくなったからと言って一斉退散し、多額の退職金で余生をぬくぬくと暮らしやがるのは腹立たしい限りである。

 財産没収令でも発令して、ケツの毛の一本まで毟り取った上で国外追放とか出来ないかにゃあ?

 正直、やっても罰は当たらんと思うにゃあ。

 アカピーを含む所謂「五大紙」に勤務している人間は、全員テロリスト、及びテロリスト予備軍扱いでいいと思うんだよ、いや、冗談抜きで。

 戦前は軍部に協力して戦争を煽るどころか、軍部よりも率先して戦争を煽り、嘘っぱちの戦果を、軍部に命令されてではなく軍部に取り入る為に手前で勝手に捏造して報道。

 日本が負けると手の平を返してGHQに取り入り、ある事ない事喚き散らしては前線で戦った兵士を貶め、手前らがやった捏造報道は軍部に強制されたと責任転嫁。

 安定期に入っても、嘘出鱈目を吐き散らかしては日本人に自虐史観を植え付け、それに反論する人間に対しては「軍国主義」などとレッテルを貼り付けて言論弾圧、言論封鎖。

 他にも、平等主義的、サヨク的な仮面を被りながら、ダメリカ系害死主導による行き過ぎた自由主義経済をマンセーし、日本企業の力を殺ぎ続け、経済的困窮を余儀なくさせながらも、その原因はカイカクが足りないからだと更なる破壊を煽る。

 「米国では」「欧州では」「北欧では」と、海外のシステムの上手くいっている一部分だけをピックアップし、それを取り入れていない日本は遅れていると、それらを取り入れた事によって起こっている弊害を無視して押し付け、社会に多大なる混乱を齎す。

 犯罪被害者の住居などに大群で押し寄せ、ただでさえ弱り切っている被害者、及びその家族を更に精神的に追い込みつつ、その裏で、死刑反対運動等の加害者救済運動は熱心に行い、信賞必罰という真っ当な社会の基本を完全破壊。

 行き過ぎた報道で模倣犯などが現れても、「表現の自由」を盾にして一切の反省を拒む。

 地獄に堕ちるべき罪人でしょう、どう考えても。

 メディアの必要性というものは分かっているし、完璧なメディアなんてのも存在し得ない事は重々承知はしているけれど、少なくとも、アカピーを筆頭として現状の日本の大メディアは、そんな次元ではなく、もっともっと深淵にいる、まさしく怪物の如き邪悪であり、滅びるべき存在。

 一日も早い滅亡を祈るとともに、この邪悪な艦船から脱出して生き延びようとしている亡国ネズミどもを、一匹残らず駆除する方法が見付かればと思う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

朝日新聞がなくなる日 ―新聞・テレビ崩壊! (WAC BUNKO)
宮崎正弘
ワック
売り上げランキング: 123494
おすすめ度の平均: 4.0
3 タイトルに半分偽りあり^^)。軽快な口調で世界情勢を語る内容
4 宮崎流では、毎朝ニューヨークタイムズ、タイムズなどに目を通す
5 ついにやくざも売れなくなった
5 物言わぬ大衆が ネットを得た今 起こる地殻変動

反日マスコミの真実2010 ―日本を壊す、言論統制と情報封殺システム―(OAK MOOK 327 撃論ムック) (単行本)
西村幸祐
オークラ出版
売り上げランキング: 13147
おすすめ度の平均: 4.0
1 ルサンチマンですかね
5 勉強になります。
4 2011年 新聞・テレビ消滅は実現するか。
4 もうマスコミの言うことは聞かない
4 西部邁の意見以外は全て良かった


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
「民主党政権になれば記者クラブは廃止します」
と大口を叩いた人がいたような。
現実は記者クラブ存続。
公共の建物で、部屋を貰い電気水道エアコン使い放題の記者クラブ。
そこで下達を待っているのが仕事の記者達。
こんな楽な商売で、1500万円って詐欺です。
2010/10/13(水) | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2196-cddf156f