FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 輪舞曲

輪舞曲
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

反日デモの若者は「狂っていた」と四川の住民 朝から武装警察が厳戒

 「何に抗議しているのかも全く分からないほど狂っていた」。一部が暴徒化した中国四川省綿陽市の大規模な反日デモから一夜明けた18日、住民が興奮気味に語った。市内は早朝から武装警察部隊が厳戒態勢を取るなど緊張感が漂い、事件の余韻を残していた。

 17日午後7時ごろ、興奮した若者らが日本車を壊し始めた同市の綿興西路。その様子を見ていたという男性は「彼らはスローガンなんてどうでもいい感じ。興奮していた。(デモ隊に)近づくのも怖かった」と振り返った。

 男性によると、実際に車を壊していたのは数十人。大半が興奮した若者で、後ろには面白がってついてきた近くの住民が集まっていた。近所の女性は「家にいたら、知人から面白いから見に来いと電話があった」という。

 当初のデモは比較的秩序立っていたが、その後市内の数カ所で暴れ始め、車を壊し始めた。(共同)

(2010年10月18日 産経新聞)

 アタマスッカラカンなジャーナリスト(笑)として有名な鳥頭さんは、「江沢民時代の『愛国教育=反日教育』が背景にある(キリッ」とかどや顔で語っておられたらしいけれど、真面目な話、本当に尖閣問題に強い関心を示し、日本に対する憤懣からデモに参加した奴は少数に過ぎず、その殆どは、ただ日常の憤懣をぶちまける事が出来る事態に乗っかって暴れただけだろう。

 尖閣諸島問題に関する事で、デモの相手が日本となれば、気狂い中共の連中と言えども、おいそれとは警官隊や軍に強硬的な手段を取らせる事は出来ないからね。

 デモ参加者の中には、この反日デモを上手く誘導し、反政府デモに導こうとした者もいたと思われる。

 バカウーヨのように「反日デモ許せんニダ!ムキー!」と喚き散らすのも別に可哀想な眼差しを向けられる事に抵抗感を感じないなら、それはそれでいいけれど、もうちょっと真面目に考えてみても損はないと思う。

 気狂い中共政府の連中は、間違いなく反日で非人間的でナチスよりも性質も悪いクズの集まりではある訳だが、あの巨大で統一性のないゴミのような塵民を無理矢理にまとめ上げ、魔大陸にいる邦人を含めた外国人、外国企業に対する強盗や略奪が起こらないようにしているのは間違いなく連中な訳。

 今はまだ、本当の本当に止める気になれば、十分に止める事が出来るレベルではある。

 けれども、これが更に拡大し、魔大陸全土に広がっていった場合は、軍や警官隊を総動員しても、そう易々とは鎮圧出来ない事態になる可能性が十分にある。

 だからと言って、反日を口実にされている以上、余りに早い段階で鎮圧に乗り出してしまうと、貧民層に更に大きな憤懣を抱かせ、却って反政府層を勢い付かせる事に繋がるかも知れない。

 菅ガンス&俺たちの賤獄さんの外交があはーんうふーん腰外交が失敗に終わった事は覆しようのない事実ではあるが、それに調子に乗り、強気に出すぎた事は、却って中共自身を追い詰める事になってしまったようだ。

 さて、気狂い中共の連中が追い詰められようがギロチンにかけられようがどうでもいいが、前述したように、基本土人以下の、動物的本能だけで生きているチュウゴク塵民どもが外国人、外国企業相手においたをしないようにしているのは中共の連中な訳で、その縛鎖、軛から解き放たれた獣が、金や物をふんだんに持っている外国人や外国企業に対してどういう行動に出るか、ジャーナリスト(笑)の鳥頭くん並のヴァカでなければ、大体想像はつくと思う。

 「チュウゴクは発展した」なんて気狂い中共と罪怪塵や誘死忌者は言うけれど、実際のところのチュウゴク塵というのは、義和団事件の頃から何も変わっちゃあおらんのだから。

 悪い事は言わんから、さっさと魔大陸から脱出する事だね。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 123198
おすすめ度の平均: 4.5
4 中国との関わりが避けられない中で自己防衛のための知識
5 卑しき隣人の正体

これが中国人だ!―日本人が勘違いしている「中国人の思想」 (祥伝社新書 113)
佐久 協
祥伝社
売り上げランキング: 18535
おすすめ度の平均: 4.5
5 中国人を理解したい人のための最良の中国史
4 中国の歴史・思想史を概観しながら中国人独特のメンタリティに迫る


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2201-6ab9f8c0