FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → Le Fantome de l'Opera

Le Fantome de l'Opera
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

経営者をクビにするメカニズム

Economist誌が、ジャンクボンドを特集している。サブプライム問題で債券市場は壊滅状態になったと思いきや、図のようにジャンクボンドの発行額は史上最高だ。それはアップルやグーグルにも比肩すべきイノベーションだったと同誌は評価している。

しかし1980年代にマイケル・ミルケンがジャンクボンドを開発したとき、彼の投資銀行ドレクセル=バーナム=ランベールは「強欲」の象徴とされた。メディアは彼らを「野蛮な来訪者」と攻撃し、映画「ウォール街」はミルケンを欲望のために善良な企業を破壊する冷血漢として描いた。そしてミルケンはインサイダー取引で検挙され、ドレクセルは倒産した。しかし彼らの引き受けたジャンクボンドによってMCI、マッコーセルラー(のちのAT&Tワイヤレス)、TCIなどのITベンチャーが数多く誕生し、ドレクセルは情報革命の生みの親となったのだ。

日本の現状は、80年代のアメリカに似ている。戦後ずっと世界をリードしていた製造業が巨大化した「恐竜」となり、日本などの「破壊的イノベーション」の脅威にさらされたとき、既存企業がまずやったのは、政府に泣きついて「雇用を守る」ために補助金を引き出す政治的ロビイングだった。米政府は「不公正貿易」を攻撃して日本からの輸入を阻止し、「知的財産権」を強化してイノベーションを妨害したが、それは有害無益だった。古い企業を守っても、新しい企業は生まれないのだ。

結果的には、アメリカをよみがえらせたのはこうした保護主義ではなく、政治的に敵視され、犯罪者として訴追された投資銀行だった。それは野心とアイディアはあるが資金のない起業家たちにチャンスを与え、恐竜を倒して新しい人類の時代を生み出したのだ。もちろん成功例の何倍も失敗があり、違法行為もあったが、こうした新陳代謝がなかったら、アメリカ資本主義は恐竜とともに没落していただろう。

今の日本にもっとも必要なのも、新陳代謝である。ところが「労働ビッグバン」を提唱する財界も、自分たちの地位を守るために株式交換を「三角合併」と呼んで阻止しようとし、先進国で最少の企業買収を防ぐために600社以上が買収防衛策で身を固める。おまけに買収を仕掛ける企業には、東京地検特捜部が乗り込んでくる。

きのうはCSの朝日ニュースターで、「正社員のクビを切りやすくする改革」をとなえて非難を浴びた辻広雅文氏と話したが、彼も「日本が20年間も停滞している原因は、やり残している労働市場の問題しかない」という点で経済学者の意見は一致しているといっていた。しかしこういう改革は、日弁連や労働法学者などの「善意の壁」でブロックされてしまう。

だから労働市場より先に資本市場の改革を行ない、買収防衛策を禁止して企業買収を全面的に自由化し、経営者のクビを切りやすくする改革を行なうことが政治的には効果的かもしれない。現代の企業理論が示すように、資本主義とは資本をコントロールする制度ではなく、資本の所有権によって労働者をコントロールする制度だからである

(2010年10月23日 BLOGS)

 という訳で、今日も元気にドカンをきめたら洋ラン背負ってリーゼントな人達よりも酷い低能っぷりを晒しているみんなのノブヲくんな訳ですが、相変わらず、要点の分かり難い、インチキなんちゃって痴死期塵丸出しな文章を書いておられる。

 本当に賢い人は、もっと分かり易い文章を書くものですよ、ノブヲたん。

 こんな、思想書とか哲学書とか、経済書を読み始めたばかりの中二病患者みてーな文章を書くど低能が一端のプロを気取っているだなんて、世も末、もとい世もまつだな。

 で、まあ、取り敢えず殺伐とした現代に現れた翻訳こんにゃくこと私めが、邪気眼ノブヲくんの言いたい事を要約するんですけれど、ようするにノブヲたんは「もっと規制を緩和して、害死ハゲタカが日本企業を買収し易くしようぜ」と言っている。

 「その為に、企業が自らを防衛する為の策も法的に禁止しちゃおうぜ」と言っている。

 流石、害死ハゲタカの忠実なポチたるノブヲくん、怪異疸連を遥かに上回る売国奴っぷり、そこに痺れねえし憧れねえ。

 で、その論拠が「『日本が20年間も停滞している原因は、やり残している労働市場の問題しかない』という点で経済学者の意見は一致している」と辻広のアホが言っていたかららしい。

 アホとアホの意見が一致したところで、何の意味もないと思うんだが、アホからしてみれば、アホ二人の意見が一致すればそれで統計も何も無くオールオーケー、ザッツライト、それが答えだ、となるらしい。

 アホの脳味噌は実に偉大だ。

 で、実際のところの話だが、勿論、経済学者の間にそんな意見の一致は無い。

 全くナッスィング。

 労働価格の下方硬直性は「労働者保護法制」のため、なんて古臭い意見を吐いている経済学者は皆無に等しく、多くの経済学者は「労働生産の原価たる生活コスト」のコストプッシュによるもの、と分析している。

 ノブヲたんやノブヲたんをセンセイと崇める従順な儲どもの大好きなフリードマンですら、「自動車や住宅などのような財は、直近の所得だけ購入を判断するのではなく、これまでの所得の推移と、今後得られる見込みの所得を考慮に入れて購入決定するように、消費活動に影響を与えるのは恒常所得であると考えられる。恒常所得に対して、不定期に得る所得である変動所得は消費活動への影響は薄いとされる」と唱えている。

 ちなみに、「恒常所得仮説」というから、儲ならこのくらいは覚えておくように。

 ようするに、フリードマンを理論のよすがとするのであれば、解雇規制緩和、および非正規化とは、現在恒常所得である正社員の給与をまるごと変動所得にして、労働者にローンを組んだり、結婚することを躊躇させ少子化とデフレを悪化させる悪しきもの、という結論に至る。

 嗚呼、驚くなかれ人の子よ、小さな政府を信奉し、それを唱えたフリードマンを信仰の主柱とするのであれば、「労働ビッグバン」「雇用規制緩和」などは以ての外、下の下の下策であり、かつての日本の如くに、雇用を徹底的に安定させるのが正しいという結論に行き着く。

 怒れ、ネオリベラリズム、ネオコンサバティズム、あるいはリバタリアニズムを信仰する子らよ。

 池田も、小泉も、安倍も、偉大なる主神「フリードマン」の教えを蔑ろにする背信の徒なのだ。

 キチガ・・・、もとい敬虔なる儲達よ、神の教えに背いた逆徒に裁きの剣を。

 と、まあ、ワーグナーの楽劇風のお茶目はこれくらいにして、結局、「バラマキを批判しながら雇用・解雇規制緩和を求める」という行為は「増税する小さな政府」「世襲批判する世襲政治家」と全く同様に、論理矛盾を起こした小児の我が儘なみのダブルスタンダードに過ぎない。

 まあ、こんな程度の論理破綻にも気付かないのが、アホのアホたる所以な訳だが。

 また、その前段にそのアホ理論の論拠の一つとして「結果的には、アメリカをよみがえらせたのはこうした保護主義ではなく、政治的に敵視され、犯罪者として訴追された投資銀行だった。それは野心とアイディアはあるが資金のない起業家たちにチャンスを与え、恐竜を倒して新しい人類の時代を生み出したのだ。もちろん成功例の何倍も失敗があり、違法行為もあったが、こうした新陳代謝がなかったら、アメリカ資本主義は恐竜とともに没落していただろう」などとアホな事を言っている訳だが、現在の日本危機論の最も有力な論拠の一つである「国の借金」とかいうものを基準にすると、ダメリカは日本以上に危機的で、既に破綻していると言っても過言ではない。

 何故ならダメリカ様は、1991年に世界1位の借金国家となり、それ以来、ずっとトップを独走している。

 額も対GDP比も、年々膨らんでいる。

 経済学者を自称している癖に、「双子の赤字」も知らないとは、本当に恐れ入るアホだ。

 ノブヲたんやジーツーあたりの唱える「日本破綻論」をそのまま当てはめていくと、ダメリカは既に終了している、という結論に行き着く。

 何故なら、それ程の巨額の「国の借金」とやらを抱えながら、公務員数は日本の二倍、当然、公務員の人件費も日本の二倍ほど払い続けている。

 医療や科学技術などに注ぎ込んでいる税金も半端ではない。

 また、弱肉強食パラダイスと思われているダメリカだが、実は、生活保護などのセーフティネットに関しては、日本などよりもずっとずっと手厚い。

 金持ち優位の出鱈目な経済政策の副産物として生まれる貧困層が増えすぎ、大規模な暴動が起こったりしないよう、という狂った理由ではあるが、驚く程に簡単に生活保護を受けられる。

 つまり、ノブヲやジーツー、その他アホどもが崇め奉るダメリカの実像とは、「巨額の赤字を抱えている癖に、分も弁えず税金を垂れ流している真性のど阿呆国家」となる訳、ノブヲやジーツー、その他アホどもの論理で言うと。

 まあ、こんな程度の論理破綻にも気付かないのが、アホのアホたる所以な訳ですね。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

新自由主義の嘘 (双書 哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 277504
おすすめ度の平均: 5.0
5 新自由主義の<罠>から抜け出すために―思考の前提に踏み込む!
5 非常にわかりすい。
5 共生を考えるための第一歩
5 納得

ワーグナー 舞台神聖祝祭劇《パルジファル》 バーデン・バーデン祝祭劇場 2004 [DVD]
クリエイティヴ・コア (2009-11-18)
売り上げランキング: 33932


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2207-2881ce08